やわらかなレタス

  • 1373人登録
  • 3.83評価
    • (101)
    • (161)
    • (113)
    • (24)
    • (3)
  • 188レビュー
著者 : 江國香織
  • 文藝春秋 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163736808

やわらかなレタスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江國香織さんの食べ物の描写にやられました。
    読みながら、とにもかくにも新鮮なフルーツをほおばりたい!…という気持ちにさせられました。
    特に、びわ。
    本を読んでいて、あのやわらかな色合いのみずみずしい果物を、こんなにも食べたくなったのは初めてです。

    それから、江國さんの抱く、魚のイメージが素敵なのです。
    「かますは几帳面」とか、「鯵は真面目だけれど、やや自分本位」とか、「かわはぎはナルシスティック」とか。
    そしてその最後に「私なら、断然鱈になりたい」と言う江國さんが最高にキュートで、なぜかちょっと色っぽいとも感じるのでした。

    食べることが大好きな人のエッセイを読むのは、なんでこんなに気持ちがいいのでしょう!

  • 江國さんの食に関するエッセイ。雰囲気は先日読んだ安野さんの「くいいじ」に似ていた。食の表現が本当にお上手で…一つ一つ想像しては「美味しそうだな~食べたいな~」と顔を綻ばせながら読んだ。
    そう言えば本文中にグレープフルーツは半分に切り砂糖をかけて食べるものだと思っていたとあったが、私は今でもそう思っているのだが(笑)世間は違うのだろうか。

    小学校低学年の時に一度だけ音楽の先生がお休みになり、代講に女性の教頭先生が来て教えてくれた『びわの歌』。私はその一度が大変嬉しかったようで、音楽の教科書のそのページに「○○教頭先生が教えてくれた!」と書いたくらい大好きな思い出の曲なのだが、最近その事をふと思い出していた。そうしたら、この本の中にまさにその歌の事が書いてあって驚いた。本を読んでいると、こういう偶然がたまに起こるのが嬉しい。

  • 読破後購入。ブックオフ200円。自宅保管。

    ほっとする。ふんわりとした雰囲気が読んだ後もずっと続く。デザインも凝っていてずっと触れていたい♪とてもなつかしい気持ちになる。

  • リラックスして、穏やかな日差しの中、窓辺で読みたい本。
    美味しいものがいっぱいつまっている。
    江國さんの食べ物に対する愛情が伝わってきて、えも言われぬ心地になる。
    題名の「やわらかなレタス」というところから、何とも言えない心持ちになる。
    年末の慌ただしい時期にふっと自分に立ち帰れる1冊だった。

  • 食にまつわるエッセイ集。
    おいしいものがたくさん登場するときいて読んでみました。

    でも、読んでみて感じたのは「おいしそう!」ということよりも江國さんがいかに言葉にこだわりをもっているのか、ということ。
    いろいろな場面で、そこにある言葉に気がいってしまって考え込む、というシーンが登場するんだけれど、なんとなく、それが、いいな、と思ったのでした。
    あとは、注文するのがこわい、というのは共感。
    なんとなく先延ばしにして底をつかす、というのがすごくよくわかる。

    なんていいながら、読み終わった今はちゃんとおなかがすいています。
    やっぱりおいしそうなエッセイだったんだな。

  • 多分、一、二時間で軽く読める分量だと思うけれど、三週間もかかって読んだ。

    彼女の編む文章と紡ぐ世界が大好きで、エッセイであれ何であれ細切れに読まされるのが嫌で、短編集には基本的に手を出さないようにしている。だけど、隣で奥さんが楽しそうに読んでいるのを見て、つい手を出してしまった。
    案の定、短い一つのエッセイを読んですぐ出てくる次の一つに移れなくて、もう少し没頭したくてパタンと本を閉じる。それを繰り返している内に、結局三週間かかってしまった。

    食べ物のエッセイを集めたもの、と言うことに気がついたのは(知ったのは)読み終わった後。日常的な目の前の食べ物が、彼女にはそう見える情景が美しく描かれていて、たくさん堪能した。お腹いっぱい。

  • 日々の生活の、とくに食べ物を中心に描いたエッセイ集。
    江国さんらしい目線と、やわらかな文章で、ひなたのような心地よい話ばかり。移動中にぴったり。

  • 久しぶりにエッセイを読んだ。
    江國さんのエッセイを読むと、ちょっと書こうとした文章がすごくエッセイ的になる。
    文章が似てしまう。
    良くも悪くも影響があるなあ。

  • ひさしぶりに江國さんのエッセイを読んだ。食べ物に関しての言葉の豊さに心が洗われた。ムーミンなど童話にまつわる話がほっこりしてよかった。「エイヤッ」もよかった。やらなきゃ、やらなきゃと思っているとエイヤッはなかなかやって来ない。でも、いざべつなことをしようとするとエイヤッはちゃっかりやって来るのだ。牛すじのかたまりを煮込むすきまに校正刷りを読む。時間がこま切れになっている方がはかどるというのが、うんうんとわかる気がするとうなずいてしまった。

  • パンと不文律
    フランスパンは買ってきたその日のうちに食べ切らねばならない。
    夜に台所で、家族四人が
    立ったままフランスパンを食べる様子は、厳かな儀式ように美しい。

全188件中 1 - 10件を表示

やわらかなレタスのその他の作品

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

やわらかなレタスに関連するまとめ

やわらかなレタスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やわらかなレタスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やわらかなレタスの作品紹介

ここにあるのは幸福な魂の食事。食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。

ツイートする