ようこそ、絵本館へ

  • 101人登録
  • 3.73評価
    • (7)
    • (6)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
  • 文藝春秋 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163737805

ようこそ、絵本館への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説「バッテリー」の作者のセレクト絵本。江國香織さんの絵本書評もそうだけれど、セレクトに作家の思想が見えて面白い。1つの絵本では気付けなったことが、複数の絵本を1つのテーマで取り上げることで浮かび上がってくる。モノを立体的に色んな方向からみる眼差しや子育てをしたお母さんのコメントは、地に足がついていて強い

  • 請求記号:019.5/As 図書ID:10028110

  • あさのあつこがテーマごとに紹介する絵本。カラーで見せるきれいな本。選ばれている絵本は、定番とも言えるポピュラーな絵本。

  • あさのあつこさんによる絵本のガイド本。
    彼女が子供に読ませていた絵本や、
    大人になってから出逢った絵本をテーマにそって
    紹介されていた。

    クラシカルな絵本から現代的な絵本まで
    まんべんなく紹介されていたが、
    紹介文を読んで、新たに読みたいと思える本が
    なかったのが残念。
    彼女の物語りは好きだが、こういった語り口調の
    エッセイ風の文章は、やっぱりいまいち・・・。

  • 絵本選びに迷ったら、、、ぜひこの本をおすすめしたい!
    あさのあつこ氏の本の紹介がよくて、みんな読んでみたくなる。

  • 文藝春秋/2011・3・10
    ・あさのあつこ

    ・絵本を楽しむ会用テキストブック
    ・74冊とりあげられている

  • あさのあつこさんが

    いろんな絵本を紹介しています。



    読み直したくなる本や

    いくつか気になる本があるので

    プレゼントする前に、自分でも読んでみます。

  • 買う

  • またステキな絵本の本に会いました。

    肩の力を抜いてゆっくり読みたい。
    ゆっくりゆっくり。わざとゆっくり。
    写真のページと文を行ったり来たりして。

    読んだことのない絵本もいっぱい。
    うずうずする。

    私は今出会ったけど、
    ちんたろさんには今出会わせてあげたい。
    きっと好みも感想も違って、
    面白い。

  • あさのあつこさんが絵本について語ってくれるってだけで
    おもしろくないわけがない(笑)

    もちろん内容もそして紹介されている本も
    ステキな本ばかりです。

    こういうところから、新しい絵本に出会うのも
    いい時間だったと思います。

    ステキな出会いに感謝。

全16件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

ようこそ、絵本館へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ようこそ、絵本館へを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ようこそ、絵本館へを本棚に「積読」で登録しているひと

ようこそ、絵本館への作品紹介

子どもたちを鮮やかに描きつづける作家であり三人の子どものお母さんでもあるYAの旗手が選ぶ古今東西の傑作74冊がつまった珠玉の絵本ガイド。「ぐりとぐら」「ちいさいおうち」「モチモチの木」etc.新しくてなつかしい絵本をとりそろえました。これから本を知る子どものファーストブック選びに、自分の心をみつめてみたくなった大人たちに。

ツイートする