なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術

  • 35人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 高井尚之
  • 文藝春秋 (2011年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163738703

なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平成28年10月23日読了。

  • 平田牧場の豚肉を食べてみたくなったし、吉田カバンを丁寧に使ってみたくなった
    生産者や職人を大事にするとやはりいい商品になるのだろう
    生産者だけではなく、豚ちゃんも、清潔に大事に育てている様子がとても好感が持てて応援したくなる

  • もはや「価格破壊」「安売り」の「狩猟型」経営では生き残れない。これからは「適正価格」「魅力づくり」の「農耕型」経営の時代だ! デフレ不況(安売り・賃金カット)で喘ぐ経営者にとって参考となる1冊。

    第1章 自分に「ピンとくる」と買うお客
    第2章 「風味」と「無添加」にこだわる
    第3章 豚の生産と流通環境を整える
    第4章 「1対1の真剣勝負」でバッグ製作
    第5章 自社オリジナルとコラボレーション
    第6章 欧米をベンチマーク、めざすのは「日本らしさ」
    第7章 取引先の「値下げ」への対応
    第8章 「失敗」から学び、方向転換に生かす
    第9章 周囲の声は「聞き分ける」
    第10章 創業社長と後継社長
    第11章 三位一体で「日本」を元気にしたい
    第12章 デフレ時代に「高価格で売れる」ために

  • 平田牧場と吉田カバンの経営方法から、
    なぜ「高くても売れる」のかを考える本。
    デフレで物価が下がり続け、
    いかに売るか、
    ということに重点が置かれているような気がするけれど、
    結局はいかにいいものを作るか、
    というのがものづくりには大切なんだと感じた。

  • 商売をしている人は自社の商品を値引きして売りたいとは
    決して思わないだろう。


    本書では、ブランド豚肉で知られる「平田牧場」と老舗カバンメーカーの「吉田カバン」を例に解説。


    デフレ時代に高価格で売るための5つの秘訣。
    ①「価格」と「需要」は自ら作る
    ②目の届く範囲で「売り場」を持つ
    ③「高付加価値」よりも「魅力づくり」
    ④「狩猟型」よりも「農耕型」
    ⑤「社会との共生」で深みを増す

  • ■デフレ時代に高価格で売るための5つの秘訣
    1.価格と需要は自ら作る
    2.目の届く範囲で売り場を持つ
    3.高付加価値よりも魅力づくり:高品質・高付加価値というのは売り手の発想であるため、訴求してもお客の興味をひかない。それよりも、客が興味を持つ魅力づくりを行う事が大切である。
    4.狩猟型より農耕型:大々的な宣伝で一気に気付いたブランドは飽きられるのも早い。こうした狩猟型より、ブランドイメージをじわじわと浸透させる農耕型の方が定着すれば強い。
    5.社会との共生で深みを増す

  • 吉田カバン好きなので読んでみました。豚肉の平田牧場とバッグの吉田カバンの経営手法を紹介しながら、このデフレの世の中で「高くても売れる」理由を探る本。大体予想のつく内容で、メカラウロコ的な話はなかったかな、と思います。

全7件中 1 - 7件を表示

高井尚之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術はこんな本です

なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術を本棚に登録しているひと

なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ「高くても売れる」のか―平田牧場・吉田カバンのプレミアム仕事術を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする