うちの子、なんでできないの?―親子を救う40のヒント

  • 32人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小笠原恵
  • 文藝春秋 (2011年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163745701

うちの子、なんでできないの?―親子を救う40のヒントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかりやすく読みやすい。

  • 帯には、

    『「やらない」のではなく、「できないこと」があります。
     親子揃って笑顔になれる、解決策あります!』

    で、覚えておきたい8つのポイント

    1.たまには子供の目線で考える
    2.先手必勝、ときには大人のペースで
    3.習慣は、自然に身に付かない、かも
    4.「できた」経験が大切
    5.「まあ、いいか」は魔法のことば
    6.叱るより、どうすればいいのか教える
    7.子供の学習スタイルは様々
    8.ときには、専門家に相談する。他の人と協力・連携する

    子供はどんなふうに考えがちなのか、子供の独自の思考回路はどうなっているのか、具体例が書かれていて参考になりました。
    (案外、道徳観念や社会的規範を守れない「大人」にも応用可能かも...)

  • 子供のしつけ方、というか対処の仕方の本。
    落ち着きがない子、すぐ暴力に訴える子、自分が一番じゃないと気が済まない子。
    色々なパターンがあると思います。
    この本に載っていないような子もいると思います。
    けれど、どうしたらいいか、と悩むような時
    頭の片隅にいれておくといいかも、です。

    やはり子供の目線に立つこと、が一番ですが
    それが出来ないほど、心の余裕がない時が多々あります。
    なので、ああすればよかった、こうすれば…と思う前に
    ちょっとした例、のように見ておけば、後悔する事が
    少し減るかもしれません。

    絵柄入りで、例も具体的で分かりやすく
    読みやすかったですw

  • 少し気になる部分のある子どもへの対応として、そのシーンごとにどのように対応すればよいか、をイラスト入りで簡潔に解説。具体的で自然な語り口が好感。

全5件中 1 - 5件を表示

小笠原恵の作品

うちの子、なんでできないの?―親子を救う40のヒントはこんな本です

うちの子、なんでできないの?―親子を救う40のヒントを本棚に「読みたい」で登録しているひと

うちの子、なんでできないの?―親子を救う40のヒントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うちの子、なんでできないの?―親子を救う40のヒントを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする