朝鮮通信使いま肇まる

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 荒山徹
  • 文藝春秋 (2011年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163805108

朝鮮通信使いま肇まるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度読んでもあきない。3回も読み直しちゃいましたがまだあきません。

  • 隣国朝鮮とのかかり合いがよく判る小説である。私の年代はともすれば朝鮮を蔑視する傾向がある。“朝鮮人”とは野蛮人のニュアンスを持たせた言葉であるがこの小説によりその考えが払拭された。隣国の文化を理解しいい意味での対抗心を持つべきと思う。

  • こういう日本と朝鮮にかかわる話をたくさん読みたい。

  • 作者お得意の朝鮮ものだが、本作では怪異、伝記は封印、あくまでも歴史のIFという観点で話が進行する。朝鮮通信使の話は、よく時代ものでも登場するので、傲岸不遜という朝鮮人の在り方のみで理解していたが、そもそもの始まりは逆に日本の文化を求めるという形であったということは、わかっていなかった。最後の座談会はおまけで、ここで書ききれなかったことを短編ではなく、長編化するという予告編にもなっている。

全3件中 1 - 3件を表示

荒山徹の作品

朝鮮通信使いま肇まるはこんな本です

朝鮮通信使いま肇まるの作品紹介

日朝外交を長く担った「朝鮮通信使」。その知られざる奇譚を描き、両国関係の真の姿を白日の下にさらす問題作。

ツイートする