光あれ

  • 115人登録
  • 3.15評価
    • (5)
    • (12)
    • (28)
    • (6)
    • (4)
  • 16レビュー
著者 : 馳星周
  • 文藝春秋 (2011年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163807805

光あれの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #読了。
    敦賀原発で警備員として働く相原徹。彼の10代から30代にかけての目を通し、過疎化が進む中での原発ムラを描く。
    様々な意見があろうが、読んでいて切なくなるような作品。女性に対してはあまりにも身勝手な気がしなくもないが、その相手の女性もすがるものを探している。暗さが漂う中でのタイトルなのだろうが、子供には・・・ということなのだろうか。

  • 書かれたのは3.11以前であろうに、原子力発電所に懐疑的なところがさすがなのか、アンチ原発は3.11以前のある程度の多数意見だったのか。地方が廃れていく様は、シャッター街という言葉にもあるように、紛れもない事実。衰退する地方、そこで生きる主人公たちが失って(衰退して)いく様も同時に描かれていた。

  • 敦賀の街を舞台にだんだん寂れて行く街や、歳をとっていく主人公が妙にリアルで、自分の人生にリンクして行きそうな内容でした。

  • いい話にしそうでぶち壊し、ノワールにしそうでぶち壊し。
    恋愛小説とも感傷小説とも呼べそうだが、何か違う。
    筆力で読ませるし面白いのだが、いかんせん薄い。
    馳小説の限界はキャラに感情移入できない点だと思っている。
    この作品にしてもしかり。
    閉塞感だけが伝わってくるが、内容があまり残らない。

  •  ますますもともとの馳星周イメージから離れている。

     作者名にマスクをしたら、これが誰の作品なのだかわからないだろう。 ハードボイルドでもないし、ノワールでもない。同窓会を起点にした青春回顧小説(つまり中年小説)という無理矢理のジャンル付けをするしかないだろう。鳴海章の『凍夜』という作品に類する。『凍夜』は帯広に戻ってきてクラス会に出て青春のあれこれをつなぎ合わせる物語だ。それに類するが、どちらかといえば、ぼくは鳴海章の『凍夜』や『風花』ほどには、馳の本書は長く心に残らないだろうなとの読後感がある。

     馳星周が、なぜ原発のある街をテーマに書いたのか、あるいはなぜ北海道の泊ではなく、敦賀を舞台にしたのか、作家と題材の繋がりの希薄さを感じざるを得ない。そしてただただ重く、暗く、そこに何らかの処方も施されていないばかりか、なぜそれが書かれなければならないかがわからないし、テーマもモチーフもわからないし、さらに言えば、あまり面白くはない。

     人生の達人が人生の重たさを粛々と語り紡ぐ嘆き節のような一冊であり、そこに『光あれ』というタイトルは、最低限の作家の譲歩と言える救いなのかな。どの登場人物も幸福にほど遠いように思われ、その中で恋愛も死も、連作短編という形だからこそ中途半端で語り切れていない居心地の悪さを感じる。

     いろいろな制限があったとするならば、また何度でも脱馳ノワールへの果敢なトライを続けてほしいし、そうした新ジャンルでの成功を願う。

  • 原発の話が出てくるがこの話の肝ではない。恋愛小説に近い。
    恋愛といっても浮気話ばかりなので主人公にはうんざりしてきてしまいました。
    主人公はきっとあの先も同じことを続けていき娘が泣いている姿しか思い浮かばない。というのがこの本を読んだ感想。

  • ノワールでもエロでもない馳星周=退屈。飛ばし読みで一時間足らずで読了。
    (以下ネタバレあり)

    「敦賀は死にかけてる。そやけど、おれは敦賀で生きていく。どこかに行こうなんて思わへん。おれは敦賀の人間や。敦賀で生きて、敦賀で死ぬんや」

    311以前に書かれた作品らしいけど、敦賀を日本に置き換えると、震災以降「絆」にすがりアクションを起こせない日本人の姿が浮かび上がってくる。

    リーガルハイの古美門先生に怒られちゃうよ。

  • 閉塞感とか焦りとか諦めとか足掻きとかなんか分かるなあ。だからといって浮気はどうよ、だけど。
    原発がある街が舞台で、そういう意味でタイムリーな小説。発表年はずっと前になるけれど。

  • 街に原発がやってきた。原発はお金とともにやってきて、しなびた街に活力を与えてくれるのか? そんないいことばかりではないらしい。いや、むしろそのときは良くても、結局街はしなびていってしまう。
    敦賀市を舞台に、街と原発とのかかわりを微細に描いている。でも主人公は少しあくが強すぎるだろうか。詳細はブログで…
    http://pinvill.cocolog-nifty.com/daybooks/2011/12/post-9965.html

  • 原発の町、という設定。どこの原発の地域もこんな感じなのだろうか?
    主人公徹が曖昧過ぎてどうにも後味が悪い。
    何が書きたかったのかもよくわからない。

全16件中 1 - 10件を表示

光あれのその他の作品

光あれ (文春文庫) 文庫 光あれ (文春文庫) 馳星周

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

光あれはこんな本です

光あれを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

光あれを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

光あれを本棚に「積読」で登録しているひと

光あれの作品紹介

おれたち、なんでこんな眠たい田舎町に生まれたんやろうな。原発がなければ成り立たない街。ここで男は育ち、仕事をし家庭を持った-。閉塞感に押しつぶされるこの街で、やるせなさを抱きつつ男は生きる。

ツイートする