かなたの子

  • 785人登録
  • 3.00評価
    • (16)
    • (72)
    • (181)
    • (83)
    • (10)
  • 168レビュー
著者 : 角田光代
  • 文藝春秋 (2011年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163811000

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かなたの子の感想・レビュー・書評

  • 旅エッセイ「降り積もる光の粒」を読んで、山形の月山、即身仏をみてインパクトを受け、書いた作品があると書かれていたのですぐに調べて借りた。

    注・「降り積もる光の粒」の山形の即身仏の話「緑の旅、旅の緑」。

    まず装画がすごい。写真かな…?と思ったけど、よくよく見ると絵で皮膚のしわや髪の毛、うぶげの一本一本まで細かくって…じーーっと魅入ってしまう。(諏訪敦氏の「どうせなんにもみえない」)完璧に人だ。

    「おみちゆき」「同窓会」「闇の梯子」「道理」//「前世」「わたしとわたしではない女」「かなたの子」「巡る」の短編8話。

    最初はホラーかな…と身も凍り、いい大人が暗闇を怖く感じてしまいました。でもホラーではなくって、想像すると闇が迫ってくる、闇につかまった、追いつかれたというこわさ。

    「前世」あたりから急に母、娘、子の輪廻のような物語が多くって…「対岸の彼女」や「八日目の蝉」を、とてもダークにしたような…心理的に迫ってくるものを感じた。圧巻。「巡る」は様々な虐待事件の加害者となった母親を思い出してしまった。(更年期ではないよ→)血の道。満ちる潮や引く潮。終わりの表現も少し不穏。

    あぁ、角田さんってやっぱりすごい。気合を入れないと読めない。「前世」あたりなんて自分の身がちぎれるんじゃないか…って思ったし、つらくって泣いてしまった。子供から少女、大人、老婆まで…どれもこれも女のつらさというか…女性ならではのテーマばかり。すごいな…と思った。読んでいると息苦しくなるんだけど、ページ閉じられず一日で読んでしまった。話はどれも関連性はないのだけれど、一冊読むと女の一生ってこんな感じだよな…と思った。少し「パーマネント野ばら」してる。あと京極さんの「冥談」の「風の橋」も思い出した。

  • 8つの物語から成る、異界へと誘うちょっと怖い感じの短編集。角田光代さんの変化球作品。もしかしたら…と既存の価値観や道理をお話のクライマックス付近で覆す書き方が巧いです。本当にそうかもしれない…と思えてしまうから。どのお話にも共通して言えることは心の暗闇にスポットを当てていること。この世界は本当は1つでないかもしれないと思えてきます。表題『かなたの子』は切なかったです。

  • 生きるために棄てられる命があった…でもだからこそ生かされた者はひたすらに前を向き懸命に生きた、生きられなかった命に報いるために。
    口減らしや姥捨を肯定はしない、でも否定することもできない、なぜならそれは私たちが生まれるほんの少し前の日本での当たり前に行われてきた必然の闇だからである。
    これまでも人の業、言い換えれば誰もが背負いこむ深い闇をを描き続けてきた角田さんが今回はそんな日本の原風景に潜む闇に挑む。安っぽい作り物のホラーなどでなくノンフィクション然としているところに真の怖さがある八編の物語。
    平和ボケの隣に理解不能の倒錯的な闇を抱えた今日と比べてどちらが良き時代であったのか?真に考えさせられる佳作であろう

  • 生と死。
    子どもは必ず母親から生まれる。
    母は子、子は母を求めてる。
    生まれてこなかった子如月に会えると聞き電車に乗る、目的地に向かうのは女性ばかり、その場所で子を呼びさまよう女性達・・・
    間引き 母に殺されたのはわたしではなく、子を殺したのがわたし・・・前世から繰り返してるのか?
    冷たい川に入っても生まれてきたこれから手にかける子を見つめる、その瞳すべてを受け入れている。
    生まれて死ぬ意味は何だろう。意味があるんだろうか?

  • 夜に読んだら、眠れなくなりそうな…もしくは夢に出てきそうな、なかなかに「ホラー」な作品であった。「心の闇」「異界」がテーマ、そして作品の半分の舞台は昭和か戦前か…いずれにしても現代ではない。それも地方の。また角田さんが新境地開拓だと驚いた。
    本来自分はビビリなので、この手の作品は苦手である。それにもかかわらず、ページを繰る手を止められず、眠れなくなるのを覚悟で夜に読んだ。
    不気味だけれど、どこかに哀しさと切なさを宿したストーリー。
    「命」とは、「生きる」とは、何だろうと考えさせられる。
    闇を真正面から見据える角田さんの真摯さに、ほのかに優しさを感じた。

  • 「おみちゆき」「闇の梯子」「道理」「かなたの子」など8編の短編。
    なんだろう。
    なんか、なかなか読み進められなかった。
    どの話も少し宗教ちっくで精神世界的で。
    一番心に残ったのは「わたしとわたしではない女」。
    「わたし」は認知症なのか。
    頭がはっきりしたり、ぼうっとしたり。
    いつも「あの女」が見える。
    それは母のお腹の中で死んだ双子の妹。
    自分を生かすために死んだ妹。
    きっと心に重く沈んでいたのか。
    そして孫が子供を産む。
    その孫が若いころ堕胎したことがあるという。
    子供が産まれるのと同時に「あの女」は消え、悟る。
    「今母親に抱かれている命、これを真に産んだのは生きることのかなわなかった多くのいのちではないか。
    いつも他者に生をゆずってきた、無数の誰か。
    その先に、今、この赤ん坊はいるのではないか。」

    深い、深いです。
    女性なら、子供をお腹に宿したことのある
    女性なら理解できるのではないかと思う。

  • 暗闇があるからこそ、どこに光があるのかがわかる。
    恐ろしさを感じるからこそ、安らぐ時とはいかなるものかがわかる。
    死の足音を聞くからこそ、今生きているのだと感じる。
    そもそも何が明るくて、何が暗いなんて誰が決めるのだろう。
    …そんな感じの本でした。

  • ん…なんとも不思議なお話で…。
    すっきりとはいかなかったです…。

  • 闇がテーマ(?)の短編集。「世にも奇妙な物語」みたいだなと思った。
    最初のうちは気味が悪くて、1つ読み終わるごとに不快感が残っていったけど、
    後半“子ども”の話が出てきてからは、“今”とは違う場所には、こういう世界もあるのかもしれないと感じるようになった。

    角田光代の作品は、見て見ぬふりをしている自分の中の「闇」に気付かされて、嫌な思いをすることが多いけれど、心地よいものも、気持ち悪いものも、情景が鮮明に浮かぶ表現が好きで、ついつい手に取ってしまう。

  • 恒川光太郎の世界を彷彿とさせる作品。
    力量としては恒川さん以上だろうけど。
    角田さん、ジャンルも広がってどんどんうまくなってる。

  • 短編集ながら、書かれた世界に十分厚味がある小説ばかりでした。
    そして、どれも怖いんです。
    どれも自分の身に起こってほしくないことばかり(泣)…。
    怖いと同時に、巧いと思いながら読みました。
    いちばんドキドキしたのは「同窓会」。
    つらくて恐ろしくて悲しくて、心臓がつぶれそうでした。
    心の動きや、思ったのに口にしなかったこと。
    本当に上手なので登場人物に引っぱられ、気持ちがつられてしまい怖かった。
    人間の心の奥深さを覗かせられました。
    生きること、子を産むこと、いのちのつながりなど、さまざまに思いを至らせることができて満足の一冊です。
    角田光代さん、今までと違う作風で、物書きとして精進されているのを感じ、すごい作家さんだとあらためて思いました。

  • 何か気持ち悪い感じで面白くなかった。

  • 「生まれなかった」子供たちをめぐる短編集。
    巧い。でも、やはり、角田光代は長編をたっぷり読みたい。

  • 短編集でした。
    人が抱える闇みたいなものが恐かった。
    『前世』は辛すぎて泣いてしまった。
    後半は、子どもが絡むものが多く
    辛かった。

  • 子供を産んだ母にしか書けないのか?こんな物語はツライ。涙が出るけど読み進めてしまいます。

  • 口減らしで殺される子供の話が今でも尾を引いている

    ぞっとする短編集、なんていうか目に見えない人の心の闇の部分をちょこっとペンライトで照らして覗き見するかんじの・・・

    後ろ暗い過去を持った男女が山を登って罪を懺悔する「巡る」も好き。

  • ちょっとホラーの短編集
    出羽三山参りの直後にこの本を手に取ったのは何の因果か?
    即身成仏とか前世とか、タイミングよすぎて、かなり怖かった。
    でも、一番怖いのは同窓会とか道理とか現代の話がよっぽどありそで怖い。

    来世のために今を大事に生きよう。

  • 女性心理を知ることが出来る作家
    「道理」に不倫についての記述がある。

  • 重たい。ぞぞぞとする。お化けの怖さじゃなくて人間の怖さ、えぐさ、生きづらさ、とか。角田さんはやっぱりすごいな。人って恐いね。本当に。

  • 直木賞作家角田光代さんの短編小説集『かなたの子』を読了。すべてが暗い小説ばかりではないが、角田光代さんの小説は基本コンプレックスを持っている人たちが主人公で、コンプレックスと真正面から戦うということはあまりなくコンプレックスを抱えながらなんとか生きぬいていくという普通と言えば普通、暗い人生と言えば暗い人生、多くの人がそうだろうといえばそうだろうというどちらかというとマイナスのエリアというか誰もがかかえているであろう負の部分まわりをうまくあぶり出すところで共感を得ている小説家である気がするがうがった見方だろうか。この短編集も自分の人生の中でも暗い記憶と戦っている毎日を送っている人たちがあふれていて、読んでいて気持ちよくはならないがいろいろ自分の失敗、過去の悩み、アホ具合などなどなどがを思いだされるのでまあいい薬になるような小説が集められていて読みながらかなり考えされてしまったのも事実だ。色々反省したい方は是非読んでください。少しでも暗い気分かあ逃れたい方は絶対読まない方がいいかも。そんな決して明るくないけど逆に自分の日々の明るい部分を気付かせてくれるような小説を読むBGMに選んだのがJoao Gilbertoの"Live in Tokyo". 弾き語りだけでこれだけ人を感動させられるのだから凄い。

  • 後味悪し。
    考えさせられることもあったので★ひとつプラスの3。

  • 時代も場所もばらばらな、どこかうすら寒くなるような短編集。

    特に子供を思う母親の作品が後半多かったです。

    子供に「自分が子供の時やられて嫌だったことはしないようにしよう」とか「自分がして欲しかったことをしよう」とおもうのは当たり前だけれど、気づけば自分の母親と同じように鬼の形相で子供を叱りつけるようになるのか。それはなんと恐ろしい事だろう。

    後は間引きだったり流産だったりで子供を失った人が、その子に会うために旅をする、というのも悲しくて好きだった。

    人間は他人(それは自分以外の人間という意味で、夫や母親や子供も含まれる)には厳しくて、勝手に期待して勝手に裏切られて勝手に憎んだりするもの。その事を忘れそうになるから、心に刻んでおこうと思った。

  • 怖いので、2つの短編を読んだ所で読むのをやめてしまった。後味が良くない。
    経験者としては、パニック障害を起こす描写がリアルすぎて気持ち悪くなる。

  • 後味の悪い本。短編構成だが、精神的に病んでいるのか?と思える人たちのお話に思える。

    描写が怖い…と単純に思えるもの、内容自体が怖いものと様々な「怖い」が味わえる。
    個人的には「道理」が面白かった。元カノに久々に連絡をとってから起こる不可思議な事。どんどん落ちていく主人公が哀れ。

    母の自分は表題でもある「かなたの子」「巡る」は胸が痛かった…子供が死んでしまう系は悲しすぎる。

全168件中 1 - 25件を表示

かなたの子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かなたの子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かなたの子を本棚に「積読」で登録しているひと

かなたの子の作品紹介

生れるより先に死んでしまった子に名前などつけてはいけない。過去からの声があなたを異界へといざなう八つの物語。

かなたの子のKindle版

ツイートする