蜂蜜秘密

  • 544人登録
  • 3.54評価
    • (30)
    • (75)
    • (86)
    • (13)
    • (5)
  • 93レビュー
著者 : 小路幸也
  • 文藝春秋 (2013年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163815909

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
PK
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
小路 幸也
小路 幸也
辻村 深月
小路 幸也
三浦 しをん
三浦 しをん
小路 幸也
有効な右矢印 無効な右矢印

蜂蜜秘密の感想・レビュー・書評

  • はちみつって、秘密や魔法のにおいがしますよね。
    言葉の中に「みつ」という響きがある上に
    何年たっても傷まなくて、とろりときれいなままだからでしょうか。
    ママがしまっておいたお菓子を食べちゃうと、必ず見つかって叱られるけれど
    はちみつは、ひと匙こっそり舐めても、減ったんだか減ってないんだかわからなくて
    こどもにとっては、まことに都合のいい秘密になるからかもしれません♪

    可愛らしい装幀そのままに、牧歌的な村、馬車に乗って現れる美しい少年、
    咲き乱れる花々、蜜を探して飛び交うミツバチ、妖精の言い伝え、などなど
    わくわくするようなエッセンスがいっぱい詰まったファンタジーです。
    『秘密の花園』や『小公子』が愛読書だった方は、ぜひ!

    石塁で囲まれた小さな楽園のような、ポロウの村。
    ここでしか育たないキングサリーの花から
    ここにしかいないポロウミツバチが集めた蜜で作られる、ポロウの蜂蜜。
    生態系を壊さないよう、自動車が一台もないこの村の農学校に
    遠い国から、はちみつ色の髪の少年レオが入学してきて。。。

    遠い昔には、不老不死にもなれると言われたポロウの蜂蜜に纏わる陰謀と
    レオが背負わされた数奇な運命。
    彼が抱える秘密に気づきながらも恋してしまう少女サリーはどうなるの?
    サリーが大好きなのに、家同士の決まりごとで結婚を許されないジャックは?!
    と、少女に戻ってハラハラドキドキしてしまいます。

    読み終えたら、はちみつ入りのハーブティーが飲みたくなること請け合いの物語です♪

  • 自然に囲まれ昔ながらの素朴な生活を送るポロウの村に、ある日中等部の編入生レオがやってくる。レオは何か秘密があるようなのだが…。
    レオが悪者には見えないし、雰囲気からして悪者になるわけないよねと思いながらも、色々含みを持たせる文章に惑わされた。でも、だからこそ続きが気になり一気に読めました。最近、少し暗めな読書が続いたので、ハッピーエンドに癒された。
    文中に風のエキスパートが出てくるので、時代背景や雰囲気は『キサトア』と同じ感じかな?小路さんのこういうファンタジー系の話は結構好きです。そして、装丁もとても好み!

  • 装丁でヒトメボレ。
    こんな素敵なレシピ本みたいな、
    はたまた外国の料理本みたいな、
    手にするだけでうっとりする。
    そして装丁だけではなく、ストーリーもいいのだ。
    〈秘密〉がちらりちらりと顔をだし、わくわくした。
    どんな秘密なのか、予想ができ、故にさあどうする?と
    より楽しめるようにできている。

    こんなふうに生活をしたら地球にやさしいなあと
    空想のなかの美しい風景に想いを馳せる。

    この蜂蜜、ぜひ欲しい。一瓶じゃなくて箱で。

  • この世界観、大好き!
    人々を健康にする特別な蜂蜜を作る村にやってきた不思議な少年と、村の跡を継ぐ少年少女達の交流。
    村の自然描写や、村の素朴な人々、祭りの楽しさ、そんなほんわかな中、不思議な少年の気になる行動。
    蜂蜜の秘密は妖精だった。
    ものがたり全体が優しく、それでいて謎が見え隠れしていて、小路さんの巧みな文章力でぐいぐい引き込まれる。
    「キサトア」にも出てきた『エキスパート』という職業がここにも出てきて、あ、同じ世界なんだという事に気づき少し嬉しかったりもする。

    読後、蜂蜜をとかした温かいミルクが飲みたくなった。

  • 昔ながらの暮らしを続ける村。
    そこへ天才と言われる男の子の転校生が。
    閉鎖された村に外から人が入ってくると注目されるだろうなぁ。しかも、なんか独特の雰囲気があるみたいだし。
    こんな村があったら住んでみたい。
    少々、窮屈に感じるかもしれないけれど、気持ちよさそうだ。
    こんな夢の国のような村にも欲深い人っているもんなんだな。

  • 蜂蜜と妖精の話。
    個人的には まぁまぁ おもしろかったな。

    冒頭で 蜂蜜は腐らないって 書いてあって
    知らなかったから そうなのかーと驚いた。


    奇跡の蜂蜜とされる ”ポロウの蜂蜜”。
    それを売って生計をたてている ポロウの村。
    外から 転校生のレオがやってきてから 不思議なことが起こり始める。

    レオと友達になった
    サリーは 唯一 キングサリーの花を育てられるロウゼ家の跡取り。
    ジャックはポロウの蜂蜜をつくる養蜂家ゼンダ家の跡取り。
    村の中では 特別な家系。

    ただし
    最初にポロウの蜂蜜を作ったとされている ポロウ家は 村にいない。
    それは、村の秘密であり、掟。
    「ポロウ家の秘密をきいてはならない」。
    レオには 考えがあって、この秘密を探ろうとする。


    昔はいた妖精たち。
    なぜ ポロウ家の人が 追いやられたのか。
    なぜ ポロウの蜂蜜が作られたのか。

    レオが 村にやってきた本当の目的と行動が
    意外だったな。

  • +++
    古くから〈奇跡の蜂蜜〉として大切に伝えてきた蜂蜜を守るため、自動車も使わず、火薬
    も制限し、今でも様々な掟に従って暮らしている〈ポロウ村〉。
    村の名家であり、〈ポロウの蜂蜜〉を採るために必要な〈キングサリー〉の花を代々栽培しているロウゼ家の一人娘サリーは、遠い国からの転校生としてやって来た少年レオと仲良くなる。深い山あいの、絵画のように美しい自然に囲まれた村の農学校で、少年少女は園芸や養蜂を勉強しながら日々を過ごす。だが、レオが来たのと時を同じくして、村には何かと異変が起こるようになる。森や泉で不思議な現象が続いたり、〈ポロウの蜂蜜〉をつくる〈ポロウミツバチ〉がぱったりと姿を消したり……。村の謎にレオが深く関わっていることにサリーが気づくのと同時に、村人たちもまたレオの正体を疑い始める。そして激しい嵐の晩、行方不明となったレオを探すサリーは〈ポロウの蜂蜜〉にまつわる古い古い秘密を知ることになる……。
    ファンタジックな村を舞台にしながら、人が文明を進化させること、自然のなかで暮らすこと、大きな時の流れに否応なく変化していくこと、に静かな問いかけを投げる物語。
    +++

    タイトルも装丁も、文字の大きさも、一見高学年向けの児童書のようである。実際ファンタジーのような物語も高学年くらいからのめりこんで読めそうである。だが、少年少女だけのものにするのはいかにももったいない一冊である。不老不死の効果があるとも言われて珍重されている「ポロウの蜂蜜」の秘密、と聞いただけで大人でもわくわくする。外界から閉ざされたと言ってもいいほど、蜂蜜のために守られた村に、外界から転校生がやってくるところから始まる物語は、まるで夢物語のようなのだが、切ない事実があればこそなのだということがやがて明らかになってくる。確信犯的な不純な心が滅ぼそうとしたものを、命をかけて守ろうとする者がいる。そしてその未来がきちんと続いていて、さらになお続いていくと思えるのが著者の物語である。囚われすぎずに守ってほしいと願わずにいられない一冊である。

  • 奇跡の蜂蜜を作るポロウ村
    ポロウの蜂蜜を作るのに、村で管理の役割を担う家系のサリーとジャック。農学校へ編入にしてくる不思議な少年レオ。
    妖精と蜂蜜の秘密のファンタジー。
    簡単な物語だけど、描写がとてもイメージできる、メルヘンな世界観。

  • 話の流れはさておき、台詞がへたっぴである。なんというか、開き直っているのかもしれない。

  • 蜂蜜を作っている少し不思議な村でのお話。
    2016/6/30

  • うーん、シナリオライターだったらしいので地の文が少なめ。そして一人称の文体がなんかくどく感じてしまった。
    それほど好きではなかったかも。

  • 優しくて柔らかくて素敵な話。不意打ちで泣かされるから好きだけど嫌い(笑)

  • 世界でも貴重な「ポロウの蜂蜜」が採れる唯一の村へ、レオという少年がやってくる。
    その村は、蜂蜜のために街に栄える文明から一線を画し、人々は素朴に昔ながらの生活を営んでいる。
    レオは素性を隠しつつ、うまく村人に取り入って、使命を全うせんと動き出す。
    ポロウの蜂蜜の隠された秘密が明かされたとき、古代の秘密も蘇る。

    非常にわかりやすく、読みやすい文章で、児童書でもいいのではないかと思う。
    後半だけちょっと難しいかな。

  • 世界観についていけず。。。

  • 児童向けファンタジーのような小路幸也。サリーとジャックというとナイトメアビフォアクリスマスしか出てこないぜ…(笑)ポロウの蜂蜜とレオに隠された秘密が明らかになっていく後半は良かったけど、全体的に流し読み。2013/078

  • ちょっとファンタジー入っててレオの謎の言動にそわそわしつつ。小路さんだから悪人いないだろうと思ったら、珍しく。いや、悪人ていうか悪気はないんだろうな・・・ただ自分の欲望に忠実なだけで。ポロウの村のありようが、思惑によって成り立ったとはいえ、素敵なところだと思う。ハチミツ好きだけど、食べ過ぎるとお腹壊すんだよねぇ。のど痛くなった時など重宝してます。

  • 舞台は初夏、とある山奥の村。
    世界最高級の蜂蜜の産地であるその村は、ミツバチの保護のために厳しい環境保護規制が敷かれています。移動手段は徒歩か自転車か馬車。
    そんな辺鄙な村に突然訪れた、謎に包まれた少年。彼は一体何をしにこの村に来たのでしょう?

    「東亰バンドワゴン」でお馴染みの小路幸也さんの、メルヘンなお話です。

  • 装丁派として、思わず手に取ってしまった作品です。ハニー色で角張った装丁は、まさに秘密が隠されているようでした。作風的に、のんびりと読んでいましたが、終盤はいきなり展開が早くなったように感じたので、再読が必要…。作中において、文明から離れた村の表現、自然やファンタジーは豊かな想像を掻き立て、そして猛烈に蜂蜜を口にしたくなりました。

  • 外国の名前の人たちが出てくる本を久しぶりに読んだけれど、すんなりと読み進められた。語り手が変わって伏線が浮かび上がる。面白かった、初めて読んだ人だから他のも読みたい。

  • レオと蜂蜜作りの話。後半の盛り上がりが読んでいて楽しかった。

  • 表紙とタイトルの不思議な雰囲気に惹かれて読みましたが、その雰囲気の通りのメルヘンなファンタジーでした。
    長野まゆみの初期の頃の話に似ています。(大好きな作家さん!)
    小路さんの本は初めて読みましたが、他の本も読んでみようと思います。

  • 【謎の少年と花の少女、奇跡と秘密の物語】〈奇跡の蜂蜜〉を作るポロウ村に転校してきたレオ。蜂蜜の秘密に関わる旧家の娘サリーは、以来次々と不思議な出来事に出会う……。

  • (2014/8/28読了)
    タイトルに惹かれて、内容も知らず書架から直接借りてみました。
    西洋的な少年少女が、長野まゆみさん作品とかぶって、中盤まで読み遂げられるか不安でした。
    長野まゆみさんの作品って、タイトルには惹かれるのだけど、読みはじめるといつも、私には合わないなって思うのです。
    でも、レオの正体が少しずつ明かされてきて、佳境に入ってからは、一気に読み進めることになりました。
    児童書のような登場人物と背景だけど、謎の部分は裏の裏を読む、手の込んだ物でした。
    小路作品は、お茶の間劇あり、ファンタジーあり、友情ものあり…いろんなタイプの本を書かれてますね。

    (内容)
    “奇跡の蜂蜜”を守るため、昔ながらの暮らしを続けるポロウの村。不思議な転校生が訪れてから、次々と奇妙な出来事が…。永遠の少年と花守る少女が秘密の扉をひらく。

  • 妖精と蜂蜜の物語。自己犠牲で村を救おうとするレオが出来すぎているが、子供たちの素直な係わり方で救われた。

  • その土地にしか生息していないミツバチと花からつくられる『ボロウの蜂蜜』は、様々な病を治す奇跡の蜂蜜とも言われている。
    昔からの暮らしを守るこの村の学校に、一人の男の子が転入してきた。彼は少し変わってはいるが聡明で美しく級友たちとも仲良くなるが、村では少しずつ不思議な出来事が起こる様になっていた。


    レモンイエローのバックにレリーフが入ったようなきれいな表紙が目につきました。
    図書館では一般の書架に合ったのだけれど、児童書のほうがよいかなと思いました。
    ちょっとした謎ときに友情、懲悪など、ザ・ファンタジーですね。

全93件中 1 - 25件を表示

蜂蜜秘密に関連する談話室の質問

蜂蜜秘密を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蜂蜜秘密を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蜂蜜秘密の作品紹介

“奇跡の蜂蜜”を守るため、昔ながらの暮らしを続けるポロウの村。不思議な転校生が訪れてから、次々と奇妙な出来事が…。永遠の少年と花守る少女が秘密の扉をひらく。

蜂蜜秘密のKindle版

ツイートする