たったひとり

  • 204人登録
  • 2.85評価
    • (2)
    • (23)
    • (45)
    • (36)
    • (4)
  • 52レビュー
著者 : 乾ルカ
  • 文藝春秋 (2013年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163818108

たったひとりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは なかなかのイヤミス!


    廃墟探索サークルの男女(男3人、女2人)が
    廃墟のラブホテルに行くのだけど、
    そこで 妙なループに巻き込まれる。

    雨が降って 地すべりを起こしそうだから
    避難するため その廃墟から出たはずが
    また 全員 元に戻っている。

    27年前に地すべりが起こり、
    そのために廃墟になったラブホテル。

    どうやら 異次元に入ってしまった。
    時計も狂い、戻る度に2分づつ 短縮されている。


    ひとりひとりの短編になっていて、
    視点が変わる。
    そして、だんだん このループの謎も
    明らかになってくる。

    ずーーーっと 面白くて、グングン
    読み進みましたが、ラストが!!




  • 帝都大学廃墟探索サークル5人は
    27年前に土砂崩れで半壊したラブホテルを探索。

    ホテルにメンバー全員が入った途端不快感に襲われ昏倒
    気が付いたら27年前の土砂崩れの30分前にタイムループ。

    なんとかここから出ようと行動を起こしても
    何度も何度も事故直前に戻ってしまう、
    どうやったらこのタイムループを解くことが出来るのか…。

    非現実の世界にに立たされた時に垣間見える人間の本性。
    上辺だけの人間関係の嫌らしさ、
    そして救われないラスト。
    救われないラストが現実的。

    面白い人、面白くない人に分かれる本だけど
    後味の悪さがなかなかリアルで私は気にいってる(;^◇^;)ゝ

  • 登場人物のキャラ設定が極端過ぎで
    誰にも感情移入出来ず…
    オチも酷い

  • クローズド・サークル作品を挙げていく書評サイトで発見。
    サークルがクローズドになった理由は超自然的なものであり、その謎が論理的に解かれるわけではない。したがって、厳密には「クローズド・サークルもの」と呼べないのかもしれないが、私としてはそう言いたい。クローズド・サークルの醍醐味を、十二分に堪能させてくれる作品だと思うからだ。
    「次は自分が殺されるのかも…」 この恐怖を、「次は」の部分をなくしてなお成立せしめたのが本書の眼目である。言われてみればそのとおりで、たとえ何人が助かろうとも、他ならぬ自分が死んでしまっては意味がないのだ。そうして剥き出しになった人間のエゴと、それによるギスギスしたいがみ合いを、なまじの「クローズド・サークルもの」以上にこれでもかと描き尽くしてくれる。
    前述したように「論理的」なトリック&ロジックはなく、登場人物たちの造型は戯画的に過ぎる。それが許せないという向きは避けるのが吉なのだろうが、もとより本書はミステリではない。「クローズド・サークルもの」でしばしば描かれる人間の極限の醜さを味わう娯楽小説としてなら、自信を持ってお薦めできる。

    2017/8/27読了

  • 大学の廃墟探索サークルの所属する男女の運命。

    27年前、廃墟のラブホが土砂崩れに巻き込まれ、犠牲になった性別不明の遺体。

    いわく付きのラブホに探索に来た大学生たち、
    土砂崩れ当時にタイムスリップしてしまい、時間が巻き戻るたびに2分ごとに進んでしまう。

    この現状から脱出するためには
    大学生5人のうち、当時犠牲になった1人を当てるんだという答えになり、
    一人一人廃墟に残ることになった。

    リーダー気取りで責任をおいたくなかった葦原。
    葦原の子分でいながら冷静に分析をしたけれど思い違いだった日吉。

    自分が一番の美人だと確信するまどか。
    頭の良さを鼻にかける間野坂。
    存在感の薄く日吉に想いを寄せる秋穂。

    みんな考えていたことはバラバラで
    解決に近いと思っていたことすらもはずれ、まどかが死んだ。

    なんとも、救い用のない話w
    じゃあなんでタイムスリップしちゃったのか。

  • タイムループ、廃墟のラブホテル、抜け出すための謎解き‥
    かなり好きな部類。
    の、筈だった。

    救いようがないラスト。
    ストーカーを暴露し始めるあたりなんてまさにホラー。
    ひよしくんだけが良心かと思いきや、別に愛ではなかったんですね。
    期待するだけして回収されてない消化不良感。

    しかし
    好きな人と一緒に死にたい、って思うものでしょうか。
    貴方を好きなままで死にたい、はなんとなく分かる。
    私を好きなままで死んで、も分かる。
    でも一緒に死んだところであの世で一緒に居られるとは限らないんですよ。
    なら生きてた一緒にいた方がなんぼかマシだと思うのですけどね。

  • ■ 1589.
    〈読破期間〉
    2015/6/8~2015/6/9

  • 読み終えてから装画を見直すと怖くなる。どいつもこいつも表面ばかり取り繕っている駄目な奴ばっかり。日吉君が唯一の良心。秋穂ちゃんの豹変振りが実は一番のホラー。結局誰も幸せになれないバッドエンドですな。2013/147

  • うっわーここまで後味悪く終わるとは!もうちょっとなかったんか…と思わず思ってしまうくらい、嫌な終わり方。でも展開自体は最後までドキドキできるし人間の嫌な部分がバッチリ出てて興味深かった。

  •  乾さん、ハートフルとダークがありますがこちらはダークです。出てくる人みんな身勝手で、寄り添える人がいません。結末も後味が悪いので、その手の話が嫌いな人にはお勧めしません。

全52件中 1 - 10件を表示

たったひとりに関連するまとめ

たったひとりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

たったひとりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たったひとりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たったひとりの作品紹介

なぜ俺たちは戻ってきてしまうんだ!?半壊したラブホテル。廃墟探索サークルの男女5人を襲うタイムループ。極限状況で剥きだしになるエゴ、渦巻く愛憎。悪夢を脱するため、たったひとりの犠牲の山羊となるのは誰か?驚愕の新感覚ホラー。

ツイートする