64(ロクヨン)

  • 5710人登録
  • 4.04評価
    • (859)
    • (1114)
    • (536)
    • (77)
    • (18)
  • 989レビュー
著者 : 横山秀夫
  • 文藝春秋 (2012年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (647ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163818405

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

64(ロクヨン)の感想・レビュー・書評

  • いや~、すごかった。前評判通り、すばらしい。
    もう寝ないと明日に響くからと思いつつ止められなかった。
    おまけに読み終わってからも興奮が収まらずなかなか寝付かれない。その位すごい作品だった。

    あらすじとしては、14年前に発生した未解決誘拐事件をめぐって警察内での政治的攻防が繰り広げられると言ったお話。
    最初は主人公の三上が暑苦しいしくどいし、警察ってこんなことばっかりやってて仕事してんのかよって反感が生まれたり。
    おまけにやたらと登場人物が多い。もしこれがロシアの小説だったりしたら完全にアウトだったと思う。絶対に覚えられない(笑)
    でもそんなことを抜きにしても、最初から最後まで緊迫感を持って読者を引っ張って行く横山さんの筆力は圧巻。

    この小説を読むと、ああ今から20年以上前に発生した“功明ちゃん誘拐事件”がモデルになっているんだろうなとピンと来た。
    私の住む隣県で発生した事件で当時の事も良く覚えている。
    男の子は全裸の無残な姿で発見され、犯人逮捕にもいたらず。
    犯人の脅迫電話なども公開されたが結局はそのまま時効を迎えることになった。
    横山さんは上毛新聞の元記者。この経験は「クライマーズ・ハイ」を言う名作を生み出しているが、この事件に対しても警察や記者たちへの色んな思いが渦巻いていたんだろうなと想像できる。
    もちろんモデルになった事件を抜きにしても十分読み応えのある小説ではあるが、重ね合わせて読む事で作品の深みが増す。

    この小説、絶対映像化されるでしょう。
    “鬼瓦”と描写される主人公の容貌。
    一体誰がやるんでしょう・・・。
    佐藤浩一、堤真一あたりじゃカッコよすぎるよななんて思ったり。
    ふふふ、楽しみです。

  • 2012年「このミステリーがすごい 第1位」。

    すば抜けた評価で、第2位の宮部みゆき「ソロモンの偽証」を抑え栄冠に輝いたこの作品。
    さすがに圧倒的な筆力で読み手に迫ってくる。
    警察庁の内部抗争劇を主にしながら、上下関係やマスコミと広報室のつばぜり合い。
    さらには、昭和64年に起こった、未解決のままの少女誘拐事件、通称「ロクヨン」。
    などなど、縦糸と横糸を縦横無尽に絡ませながら、物語は進んでいく。
    人としての生き方。組織内でのあり方。家族との接し方。
    様々な事件や争いに翻弄されながら、主人公であるD県警広報官三上の葛藤と苦悩が描かれる。
    600p以上に及ぶ長篇でありながらが、中盤過ぎからは息をもつかせぬ展開に一気読みだ。

    14年前に起こった時効寸前の事件「ロクヨン」とは、どこで結び付くのか?
    途中からはもっぱら、その一点に興味が注がれる。
    そして──。
    ああっ、と誰もが予想だにしない展開で、物語は「ロクヨン」と絡まり、新しい事件が急展開を迎える。

    いやあ、面白かった。優れた小説とはこういうのを言うのですな。
    横山秀夫さん、さすがです。
    警察組織の狭間の中で、人間としての純粋な感情を失わない三上。
    壊れかけた夫婦関係。地元マスコミとの信頼関係。刑事部と警務部との確執。
    すべてが物語の終焉に向かって鮮やかに収斂していく。
    誰もが読んで絶対に損のない傑作です。

  •  2012年このミス第一位。2013年本屋大賞第二位。すごいっ。
     ここまでの話題本を読まずにすごすなんて、本読みの名折れでしょう、ということで、ぶっとい本ですが、ガアーっと読みました。

     D県警警務部広報官 三上義信。警察の窓としてマスコミに対峙する彼は、警務部ではなく刑事部に長く身を置く存在。
     警務部とは庶務で、刑事部とは営業みたいなものか。
     二年の辛抱、けれどやれるだけの改革を、という思いで、警務部長に与することなく独自の路線を貫く三上。しかし、三上の娘が家出をし、赤間が三上のために親身になって動いたことから、三上は赤間に屈服を余儀なくされるー


     とまあ、これは、ストーリーの本の一部です。本当に、一部。だてに、647ページあるわけではありません。これは、ネタバレにすら、なってません(笑)
     ロクヨンとよばれる誘拐事件に隠された秘密、その事件の裏に隠されたメモ、無言電話。これらが、警務部と刑事部の対立、三上とその同期 二渡の謎の行動と絡んで、一つの結末に集約していきます。
    もう、見事見事。一気読みをおススメします。
     
     けれど、一つ言うなれば、登場人物紹介と、相関関係図がほしかった・・・
     

  • 警察小説の傑作。
    D県警シリーズのひとつということですが、初めて登場する主人公。
    14年前の誘拐事件と現在の事件が交錯します。

    64とは、昭和64に起きた未解決誘拐事件の符丁。
    64年ってたった7日しかなかったんですね‥

    三上義信は、D県警の警務課の広報官。
    もとは刑事畑の出ですが、警務課に回されたのは二度目で、微妙な葛藤を抱えていました。
    捜査に携わる現場の刑事にとって、警務課とはスパイのようなもので、互いに押し引きをして張り合っていたのだ。
    警察内部の人間関係、信頼できる人もいないではないけど、何かと足の引っ張り合いがあり、そのへんがたっぷりと書き込まれていて、こんなことを考えながらやっているのかと驚くほど。

    鬼瓦のような顔をしている三上の内心は悲痛だった。
    娘のあゆみが家出して行方が知れず、妻の美那子は電話にかじりついて離れない。
    家出して2ヵ月後に無言電話が3回あり、あゆみからと信じて疑わずに待ち続けているのだ。
    三上は娘の捜索を全国手配してもらったため、上司に逆らえない立場になっていた。

    64の事件も時効まであと1年。
    被害者家族の雨宮に、警察庁長官が弔問に訪れたいという申し出をするが、きっぱり断られてしまう。
    警察に不信を抱いている様子に驚いて、事情を探り始める。
    担当者との間に何かあったのか?
    辞めた警官がいることを知った三上は‥

    警務課では、マスコミ対応も頭の痛いところ。
    上司の指示通りにある事件の加害者の実名を発表しなかったところ、記者たちの反発にあい、揉めに揉めて公式に抗議されてしまう。
    このときの葛藤も凄いけど、三上が決断してからが潔くて、カッコいい!
    自分の立ち位置を確認し、腹が据わったのですね。

    絡み合う過去と現在。
    予想外な展開で、読み応えがありました!
    不器用で迷いと苦しみばかりだった三上も、真剣に向かい合ううちに良いところが出てきて、一皮剥けていくよう。
    思いつめていた美那子も、それなりに心の落ち着きどころを見出していきます。

    「半落ち」と「臨場」を読んでいるのですが、風合いが違うので、読んでいる最中は同じ作家とはっきり気づきませんでした。
    読んでいない「クライマーズ・ハイ」などのほうが通じるものがあるのかも‥
    とはいえ、この作品がベストかもしれませんね。それぐらい迫力があります!
    私の好みで言えば「臨場」かもだけど‥それは主役のせい♪

  • 濃密、重厚、正に読み応えのある満足感いっぱいの一冊であった。
    かなりの超大作だが、読んでいる間中、ずっと緊張感が走り、中だるみもなく最後まで読破してしまった。
    誘拐殺人事件の時効まであと一年、その水面下で解決の糸口が見つかろうとしている。
    家族を殺され心に闇を残したまま、いつまでも踏ん切りをつけられないでいる被害者側の執念は想像を絶する。
    広報官・三上の家庭での事情も事件とリンクし、切ないものとなっている。

  • 警察が舞台の小説を読むと必ず階級社会のあまりきれいじゃない面を
    いつも見せ付けられ、派閥やら、県レベル本庁レベルとの確執やら、
    キャリアやら・・・
    そういったものに食傷気味でしたので、実はコレも?と思っていました。

    確かにそんな部分もあったけれど、この本はそれだけに留まらずに
    家族を持つ人間としての深みにも触れ、なおかつ
    組織の中の人間の葛藤も鋭く描かれ、
    敵、味方という物差しでは計れない人間関係にも心酔させられます。
    登場人物の誰彼に関わらず感情移入して
    つい目頭が熱くなったり。

    まさか、あのような結末に!とは誰もが思ったことでしょう。
    読み終えたとき、主人公に成り代わり、サイドを固めた人たちみんなに
    ありがとうと言う気になりました。
    特に二渡氏が気になります。

  • ピエール瀧が主演したNHKのドラマを先に観ていて、昨今では珍しくハマったドラマとなった。暫くして映画化されたことも知った。その前に是が非でも原作をと思い、本作を手にした。

    これはクライマーズ・ハイの人間ドラマをさらに深めた感じ、無骨な主人公が警察や家庭という組織のなかで苦悩しながらもそのなかで生き抜く姿を描いた作品である。多かれ少かれ組織のなかで戦っている人間であれば共感できるところがあるのではないだろうか。
    悲壮な事件もさることながら、時に陰鬱になるくらい人間の間に生きなければいけない主人公に長くフォーカスしているのは、横山氏の実体験があってのことだろう。そして現実もそんなものなのだと思っているわたしはそこに魅了された。

    鬱になるほどこの作品を生み出すことに労力をかけた作者に拍手を送りたい。

  • 刑事部と警務部の双方から踏み絵を踏まされる広報官の三上。そこに相反する中央(警視庁)と地方警察の思惑や家族の柵が絡んでゆく。骨太の警察小説。登場人物が多く、通勤読書には少し飽和気味。父親と同じ顔立ちを悩みでてゆく、三上の娘の家出の理由が少し弱いかなぁ。陣頭指揮を執る松岡は、これぞ「刑事」という姿を具現化している。因みにD県警シリーズはデビュー作の「陰の季節」、「動機」、「顔FACE、「半落ち」]がある。

  • 刑事課から広報担当に異動になった三上は、隠したい警察と暴きたいマスコミの間で苦心している。一人娘は家出し、元婦警の妻は神経を張りつめている。
    そんななかかつて関わった1964年の児童誘拐殺人事件に関わる事件が起こる。組織のどこにも属せない三上は独自で真相を探る。

    会社としての警察組織における縄張り争いや保身の物語を書いた現実的な警察小説、かと思ったら、最後の部分でかなり緊迫の事件展開。
    しかし事件も家庭もすっきり解決ではなくぎりぎりのところで寸止めで終わっている。続きを知りたいんだが、続きを書かれると興ざめしてしまうんだろうなというぎりぎりの終わり方。
    この終わり方で小説としてはお見事なんだが、やっぱりすっきりさわやかとはいかな。この後もさらに困難が待ち受けていそうなんだがいい方向に向かってくれよ。

  • D県警警務部広報官 三上義信。
    肩書きは、組織人であることの証明だ。

    県警記者クラブとの対立。
    警務部と刑事部の確執。
    キャリア組への反発。
    本庁に対する地方警察の抵抗。

    14年前の少女誘拐事件(ロクヨン)。
    身代金2,000万円を奪われ、少女は死体で発見、犯人不詳。
    事件をめぐり、警察内部での疑心暗鬼が高まる。

    人はいくつもの顔を持つ。
    警務部としての立場、元刑事としての意地、一人娘の父親。

    10年以上前にある会社の会長に言われた言葉を思いだした。
    「肩書きなんて気にしているのは自分自身だけだよ」

    組織内での葛藤と人間としての生き様を描いた傑作。

  • 有川氏の飛ぶ広報室のような楽しい雰囲気の
    広報室では無く、企業戦士のような振る舞い
    の主人公三上の戦いぶりが非常に良く描かれ
    ている。64の被害者の執念に驚愕。残酷な
    結末では無く読了後に巻頭の黄色の電話ボッ
    クスが、何故だか私にいろんな事を考えさせ
    られる。「小さな棺」そして札束の炎から天
    に昇る煙に私も天を仰ぎ哀悼の意を示したい。

    警察組織そしてマスコミとの対立、広報官と
    しての役割、父として夫としての役割、被害
    者、64に関った人物達の背景…すごい作品
    である。被害者、当時から関った元捜査員達、
    警察組織での対立と協力。今後の捜査と裁判
    での状況証拠で生き埋めにされる加害者…何
    といっても主人公三上の娘あゆみからの連絡
    が気になる。
    読んでる最中は、公式サイトでフロアを、あ
    っちへこっちへ移動する感じを掴んで、そし
    て登場人物達に共感しながら楽しく読めた。

  • おおきな物語を読んだなと思った
    「ダークナイト」を初めて見たときみたいだ
    正直細かいストーリーでよくわからない部分もあった
    でも気にならないほど巨大な物語に飲み込まれた

    一方でインファナルアフェアのような
    男同士の息詰まる対決,戦いが
    たくさん描かれる

    伊坂幸太郎なら
    先の見えない誘拐事件を
    シュールにコミカルに描いたろう

    宮部みゆきなら
    三上を雨宮を幸田をあらゆる端役たちを
    スポットライトをあてて描いたろう

    正直男達の戦いを描くだけの小説かと
    おもったけれども
    きちんと謎解きがある
    このあたりが横山秀夫を読んでいてうれしいところだ

    広報官が主人公であることで
    刑事部の動き自体が読者にとって謎となり
    華麗な謎が提示される

    広報官と刑事部,警務,マスコミとのあつれきは
    必要だったのか?よくわからないけど
    再読してみないと
    この本を十分レビューできない気がする

  •  D県警の警務部の広報マン三上を主役とした長編大作。横山秀夫の名を書店で見つけるだけでも嬉しいのに、それが万を持したように、分厚い長編の美しい装丁本となって平積みにされる光景ともなると、一気に心拍数も血圧数値も上がってしまうのじゃないかと心配になるくらいに興奮する。

     そのくらい、本当に久しぶりの著者出版物となるのだ。

     しかもD県警警務部と言えば、『陰の季節』の二渡真治の所属する部署である。『陰の季節』は、D県警シリーズ最初の短編作品集である。しかも横山という作家にとって、松本清張賞を受賞した、記念すべき作品だ。二渡の所属は人事。刑事課ではなく、周辺部署に光を当てた独自の警察小説であるところ、もはや横山作品の王道とも言うべき見所である。

     三上広報官を主役とし、もちろんだからこそ、作者自らが畑としていたところであるマスコミの側の論理も、横山作品の読ませどころとなる。警察とマスコミとの間に浮標する繋留ブイのような存在が、広報官というスタンスになろう。 作家もその傍らに寄り添い、語る。

     今回の素材は、誘拐事件。マスコミがすわとばかりに集まりつつも、誘拐という人命保護の観点から難しい性質を併せ持つがゆえに報道協定が必須とされる特殊な状況であり、だからこそこの作家の腕の見せどころが満載となるのも自明である。

     三上の視点から見れば、あの二渡の不穏な動きであれとてもミステリアスに見える。さらに、誘拐が「64(ロクヨン)」という符牒で呼ばれることになった昭和64年のD県警未解決誘拐事件が、現在になお影を落としている状況もまた、張り詰めた時空を構築する重要要素である。一冊を通して少しも揺らぐことのないこの張り詰めた緊張の中で、人物たちが動き、あがき、闘い、ぶつかり合う。警察とマスコミのドラマであると同時に、メディアという架空人格のような存在感の灰汁(あく)の強さを常に想起させながら、事態はひねりにひねられる。

     そして驚愕のクライマックス。こいつには誰しも唖然とするだろう。ああ、やはり、この小説は横山秀夫であったか、との想いでいっぱいになるラスト。事件を通しながら、常に描いてゆくのは人間であるところ。短編を得意とする作家でありながら、『クライマーズ・ハイ』でも見せた職場間闘争をベースとした横軸に、縦軸である極度の人間ドラマを完成させてしまう力量は長編小説でも見事に花を咲かせるところである。

     堂々の『このミス』1位! 出版後わずか2週に満たない締め切りをものともせず、この順位に躍り出た作品である。多くの読者が待ちに待ったこの作風との再会は、歓喜に包まれたものであったに違いない。この物語が最後に明らかにする驚くべき真相と、人間の水面下の心の真実に辿り着きたいがために、読者は三上とともに困難な隘路を歩いてゆかねばならない。しかし到達点の高みは、容易には得られない価値あるものであるということだけは、保証しておきたい。

  • 前半から面白いのだが、事態が動き出す後半は、読む手が止まらなくなる。
    さすが『このミス』1位。
    過去の未解決事件。
    警察内部の勢力抗争。
    お得意の警察小説だが、広報官という視点が新しい。
    ぐっとくる場面もあり、読み応え充分。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/64-3811.html

  • 待ちに待った横山さんの新刊!手にとって厚みに驚き、でもドキドキしながら読んだ。
    人物の心理描写が本当に巧みで、読み手の自分まで胃が痛くなる。でも、待ち焦がれて期待しすぎたせいか、読み終わった後も「読み終えたー!」という満足感はあれど、もう一回読もう!という気持ちまでは起こらなかった。展開も結構読めて、してやられた感がなかったからかな。
    清々しいラストは好き。

  • 本の帯にある通り『究極の警察小説』に偽り無し。非常に面白い。面白過ぎる。昭和64年1月5日に発生した誘拐殺人事件、その背後にある爆弾、刑事部と警務部の対立、警察とマスコミの対立が渾然一体になり、怒涛の結末へとなだれ込む。

    横山秀夫の作品は殆んど読んでいるが、その中でこの作品がベスト1だと思う。『臨場』『第三の時効』『ルパンの消息』が次点かな。

    警察内部の対立の構図は一般の企業にも言えることだろう。権力、ポスト争い、隠蔽体質などなど。自分の会社とも重なるところが多く、非常に面白かった。

    これは文句無しの大傑作!

  • 三人称、単視点、現在進行形のミステリー。俗にいう「三単現のS」。Sではないです。

    少女の遺体確認と出だしから重く、娘の家出という心配事を抱えたままの主人公なので、決して明るくなるわけもなく、でも、ぐいぐいと物語は転がる。
    多すぎる登場人物に戸惑いつつ、そういえば前の短篇集でこの人出てきたっけ、と本棚をごそごそしつつ、後半になっって急展開。
    ここで、何が起こっているかわからない、という「三人称単視点」の構造を活きてきて、ぐいぐい引っ張られ、あれって伏線だったの?これってあり?と思いつつも、「ありあり」と納得させられる…さすが秀夫。

    わかりやすい人物設定や、熱い仲間意識など、ウェットすぎて鼻白むところもあるが、変な技巧やトリックを使わない「真っ当」な小説の力強さにおなかいっぱい。

    600頁超えで2000円を切る値段設定っていうのを見ても、出版社の「意気込み」を感じる。

  • 著者が満を持して送り出した作品、とのキャッチコピーがまんざら誇大ではなく、このミス、文春いずれも今年度ナンバー1といえるのもうなずける。最初のほうはちょっとまだるっこしいが、後半はぐいぐいと引き込まれ、・・・・(ネタバレ)のあたりからは、本を置くあたわず、と一気に読み終えてしまった。

  • 細かい場面設定を必要とするので、最初は読み進めるのに時間がかかる。
    しかしいったん動き出せば、こうも引き込まれるものかというほどのめり込んでします。

    県警広報官の話は、普段関わることが少ない分、どれもリアルで、それでいて突拍子もないほど劇的でもあった。

    刑事部、警務部、キャリア、犯人、被害者、様々な人間模様と心の機微を存分に楽しんで欲しい。

    おすすめです。

  • 大作。予備知識なしで読みましたが、すでにドラマ化、映画化されているのですね。複雑に絡み合っていたことが終盤に見事なまでに収束していくのは圧巻です。読み終わった直後の今は、なんだか気持ちが昂っていて、うまく寝られなそうです。

    非常にややこしい仕組みを、押しつけがましくなく読者に理解させる作風は見事です。

  • 久しぶりに本当に面白い作品に出会ったと思った。

    最初は警察小説をあまり読まないことや、大組織のしょうもない人のいざこざの話が多いなぁと、期待ハズレ感があった。
    しかし、読み進めていくと徐々にこの小説の魅力のとりこになった。

    特に三上が刑事と警務の狭間で揺れ続けた末に出した結論。仕事のスタンスを自分の中で確率させた瞬間は素晴らしいシーンだった。

    それにしても、松岡さんカッコ良いなぁ。
    カッコよすぎる。

    二渡は中々渋いな。

    三上の家庭のことを思うと正直辛い。
    でも、家庭についての具体的な結末を書かないこともそれはそれで良いと思った。

  • いやぁ、面白かった。
    記者と広報の何度も繰り広げられる争いは、毎回興奮し、時には胸が熱くなることがあった。警察上部と広報の板挟みにあいながら、小さな糸口を頼りに真相を見出す様が、丁寧に描かれている。緻密な描写が、読者による情景描写を容易にしてくれた。

    未解決な謎も残されているが、作者が先日「続編をつくる」と明言していることから、一読者として楽しみにしたい。

    ちなみに登場人物が結構多いので、自分は映画HPの人物相関図を参考に、頭で三上=佐藤浩市などをイメージして読み進めてました。

  • 昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!

    映画化されたということで、読んでみた。
    面白い。リアルに感じた。
    一つ気になったのが、娘の行方。

  • 前半はやや冗長です。人数が多くて役職も誰がどう偉いのかわからなくてこんがらがってくる。
    なにしろ、この作者の特徴である男の嫉妬とメンツのせめぎあいがすごい。新聞社と警察ってのはそういう世界の最たるものなんだろうなと思う。
    そして最後にやられる。そうだったのかと。
    ただそのミステリ的な事件が半分を超すまで起こらないので、前半は、「嫉妬とメンツにまみれた男たちの日常」を楽しむつもりで読むとよいと思う。

    ところで、これを初めて読む人は、映画のちらしが手元にあると非常に便利です。人物相関図が写真つきであるので。
    役者は、映画の佐藤浩市よりもテレビドラマのピエール瀧のほうがイメージには合っていると思うけど。

  • 骨太の重厚長大な警察小説。原稿用紙1400枚超えの本書を一晩で読破。横山秀夫のの作品は短編も含めていろいろ読んでるけれども、骨太感は随一じゃないかと思う。警察小説を書かせたら当代一の横山秀夫だけあって、徹夜してでも読ませる筆力はさすが!の一言。

    警察内の一人の広報官を軸に、キャリアvsノンキャリア、刑事部vs警務部、広報室vs記者クラブの対立、広報官の家庭の事情、14年前の誘拐殺人事件を重層的に描きながら、新たに誘拐事件が発生し・・・。
    これだけの材料を詰め込まれたら、そりゃ骨太にも重厚長大にもなるのは納得。それでも飽きさせない展開は見事。実際、寝よう寝ようと思いながらページをめくる手を止められず、結局、徹夜して読了させられてしまった。

    これだけの長編になるといろんな登場人物も出てくるし(いけ好かない人間の方が多い)、主人公の広報官にしてもウジウジと悩んだりする場面もあって、心の中で「しっかりしろ!」と応援しながら読んだりもしたんだが、それだけに人間臭く描かれているわけで、その分、物語にリアリティが感じられる要素ともなっている。
    仕事に対する熱というか矜持、そういうものを持った人間も描かれていて、バランスも良い。

    後半1/4あたりで新たに発生する誘拐事件。もう、ここからは寝ることを諦めた。展開が気になってとても眠れなかった。思わぬ形で事件が進行して14年前の誘拐殺人事件と繋がって・・・。序盤・中盤の伏線も「あ~、ここに繋がるのか!」という次第。読んでいる時は伏線だとは気づかないけど、ラスト近くでのある種の爽快感。

    ☆5個でも良いと思ったけど、「未来に含みを持たせたラスト」が好みじゃないんだよなぁ。ここまで重厚長大なら犯人の「完全自白」まで描いて欲しい、ってのは個人の好みだけど・・・。
    あえての☆4個

    骨太の小説を小説をよみたい人にはオススメできる一冊。久々に徹夜本を読んで満足できた。

全989件中 1 - 25件を表示

64(ロクヨン)に関連するまとめ

64(ロクヨン)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

64(ロクヨン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

64(ロクヨン)の作品紹介

昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!

ツイートする