差別と教育と私

  • 54人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 上原善広
  • 文藝春秋 (2014年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163900421

差別と教育と私の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東2法経図・開架 371.5A/U36s//K

  • 2016年9月9日読了

  • 教育論として、解放教育と同和教育がどんなものか分かる。なぜ両者が仲違いしたのか、部落宣言とかゼッケン登校がどちらの推し進めたものかなど学び多き一冊。

  • 教育者として、読んでおいたらいい。
    同和教育、と口に出すのは容易いから。
    どんな過去があって、今に至るのか、知っておくほうがいいから。

  • 【家庭が崩壊、行き場のなかった私をすくったあの教育はどこへ行ったのか】行き場を失った私を救ったのはあの「同和教育」だった。その誕生から興隆そして衰退の歴史をたどり、自らの苦しみの超克を綴る。

全7件中 1 - 7件を表示

上原善広の作品

差別と教育と私はこんな本です

差別と教育と私を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

差別と教育と私を本棚に「積読」で登録しているひと

差別と教育と私の作品紹介

日本の被差別部落を訪ねる旅に事件をおこした兄との思い出をかさね大宅壮一ノンフィクションを受賞した「日本の路地を旅する」。その上原さんの二冊目の代表作ともいえる作品が誕生しました。被差別部落で卸の肉屋をいとなむ父は母に暴力をふるい、それぞれが外に愛人をつくり、上原さんの家庭は地獄でした。父親に包丁で刺された母親を病院につれていくところを進学塾に通う級友にみつけられ、はやされ、幼い上原さんは、行き場を失って荒れていきます。家庭が闘争状態にあった上原さんは、小学生だったにも関わらず酒を飲んで登校、学校で暴力をふるうようになっていたのです。そんな上原さんを救ったのが、「解放教育」を実践する一人の女性教師でした。自らの家庭と被差別の出自をクラスで涙ながらに語ったのが、中学三年のときでした。その上原さんが、自らを救った「解放教育」とはなんだったのか、なぜそれが潮が引くように後退していったのか、を日本の同和教育、解放教育のエポックとなった、兵庫・八鹿高校事件、広島・世羅高校事件などの現場を歩きながらさぐっていきます。それは、また自らが苦しみながら、それを超克していった上原さん自身の物語でもあります。

ツイートする