デブを捨てに

  • 285人登録
  • 3.52評価
    • (16)
    • (25)
    • (28)
    • (9)
    • (3)
  • 36レビュー
著者 : 平山夢明
  • 文藝春秋 (2015年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163901992

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

デブを捨てにの感想・レビュー・書評

  • (図書館本)お勧め度:☆4個(満点10個)。最初、読んでいて嫌気がさしてきた。意味不明だし、エロ・グロ織り交ぜてなんとなく読みにくく、途中で棄権しようかと思うくらいハズレな作品だと思ったが、ラストの表題「デブを捨てに」だけは、ちょぅとだけホロッとさせられた。前の3編がすごく読み辛かったが、この作品だけは何となく理解できた。ある意味デブの彼女が可哀想にも思えてくる。最後の最後で主人公のジョーが言う言葉、「瘦せろよ!」というのが凄くかっこよく思えてきた。結局、ジョーはデブが好きになったのかもしれないなあ。

  • 面白かった!ビッグダディのパクリ「ジャンボパピー」、大丈夫これ?と思いながらも見るたび感じるモヤモヤがバッサリ斬られてスッキリ!表題作もほんわか終わって微笑ましいです。登場人物の行く末を思うと微笑ましいどころではないけれど。グロテスクな描写も多いですが、ユーモアでうまく救われている気がします。「いんちき小僧」だけがちょっと可哀想だったかな。平山さん初めて読みましたがクセになりそうです。

  •  破格の税込1000円で登場した、平山夢明さんの新刊である。売る気がまったく感じられない、ペーパーバックの装丁。らしいといえばらしいが…。

     「いんちき小僧」。薬の売人を手伝うことになった男。だが、薬の中身とは…。親子って何だろうと考えさせられる事件が多い昨今。君はそれでも本望なのか。意味はよくわからないが、「なんくるないさあ」の不穏な響きがやたらと印象に残る…。

     「マミーボコボコ」。マミーポコというオムツの商品名を思い出すが、関係ありません。平山夢明版ビッグ・ダディと言ったら怒られるだろうか。キラキラネームならまだましだぜ。局側もビッグ・ダディ側も、持ちつ持たれつだったんだろうねえ。

     「顔が不自由で素敵な売女」。タイトルからしてちっとも素敵じゃねえ。行きつけの店にあの客が現れてから、店主は変わってしまった。客の正体は…。客の気持ちは正直わかる。そして結末も救いがねえ。でも、何だかほっこりした話じゃないか(どこが)。

     表題作でやや長い「デブを捨てに」。これまた酷いタイトル。借金を返せない男が命じられたのは、タイトル通りデブを捨ててくることだった。運命を承知しているデブが健気じゃないか。クソのようなラーメン店での頑張りは泣けてくるぜ。

     でも、和菓子屋の店名の方がもっと酷え。デブの身の上話はさらに泣けてくるぜ。最後の最後の大勝負は手に汗握ったぜ。デブデブ書いてあって不愉快かもしれないが、すみません、そういう話なんです。2人ともいいことあるといいね。

     以上、装丁通りにクソでF○○Kな平山節全4編。今回はどこか切ない路線でまとめてきたか。ただし、本作に切なさを感じるのは平山フリークだけだろう。安いからって一般読者が手を出すのはお勧めできない。読んでふざけんなと思っても知りません。

     昨年は新刊が出なかっただけに、新刊を安く読めたのは嬉しい反面、複雑でもある。ご本人の意向かもしれないが、ファンとしては正当な対価を払いたい気がする。

  • 表題作は良かった

  • ご飯食べる前後に読むのはお勧めできない。
    そして、思ったよりいい感じに終わる。もっとどうしようもない感じで終わるのかと思ったのに。

  • 昔読んだ「ダイナー」が強烈だったけど面白かったので久しぶりにこの著者の本を読んでみました。

    短編だけど中身は「ダイナー」を彷彿させるようなグロ描写が多々。

    読んでいて気持ちが良い内容ではないのだけど読後は不思議な爽快感があります。

  • 暴力の描写とか
    本当にエグいのですが
    何でしょうこの
    読後の清涼感
    ヨーグルト?だからですかね?

  • 2017年、3冊目は久々の平山夢明の短編集。

    「いんちき小僧」「マミーボコボコ」「顔が不自由で素敵な売女」「デブを捨てに」の4編収録。

    今作は全体的に、鬼畜度、絶望度はかなり低め。不条理フレイバーの言葉遊びと、ブラックなユーモア満載。感触的には、『暗くて静かでロックな娘』に近い。

    日本社会のカースト、その下層に属する人々、そこから弾き出された人々。そんな彼ら、彼女らが繰り広げる、とんでもなくイビツなヒューマンドラマ。これは、まさに、愛すべき与太話達である。

  • 顔が不自由で素敵な売女のラスト三行、不謹慎だけど笑ってしまった。

  • やっぱりの不条理なんだけど、哀愁とか切なさを感じるのはなぜだろ。「デブを捨てに」のチョチョ美(チョの字が打てないや)いいやつ。「マミーボコボコ」は大家族番組の皮肉たっぷりだね。

  • なんか、思ったよりも印象が違った。もっと、町田康とか木下古栗みたいにとことんシュールで不条理な文芸なのかと思いきや、思ったよりもぶっ飛んでなくて、マトモ。ストーリーはしっかりしているし、登場人物のキャラクターもいちいち濃ゆい。たしかに、社会の底辺あたりにいる人たちの悲哀に満ち溢れているのだけど、それに対してはなかなかユーモアにあふれて、意外と読後感が落ち込まない、という側面はあるものの、ちょっとAmazonとかの書籍紹介文は盛りすぎ。

  • 相も変わらず不謹慎全開なお話でした。<痛恨!ジャンボぱぴー>はどう考えてもアウトだろと思いながらも、笑ってしまいました。
    薬と称して犬の糞を売る、頭の禿げた風俗嬢、クソ豚野郎ラーメン。よくこんなにもいかれた世界を描けるなあと思います。どの話も基本的に救いはないのですが、「デブを捨てに」のラストはなんだかスッキリしました。

  • 短編集。
    なかなかイカスタイトルは最後の話。

    読んでて嫌悪感しかない。
    でも、先が気になる。
    短編だから早く終わるのが救いかな。
    また嫌悪が始まるけど。
    最後の話の終わり方は良かった。

  • ぐちゃぐちゃの人たちだけど、最後は人だ!と思うことをやるところが良かった。

  • 題からしてこの人らしいなあ、と思うではないか。内容は、真骨頂である下劣な部分が抑えられている分、ペーソスを感じさせるような、最底辺に近い部分を描き出しいるような感じだ。それはそれで悪趣味なのだが、少し人情のようなものを織り込んでいるのが新境地なのだろうか。

  • 2016/4/26

    最高!
    荒唐無稽なようでなかなか奥の深いお話たち。
    時間が経ってもタイトル聞けばすぐ内容思い出すと思う。
    とんでもないけど、愛がある。好きです。

    いんちき小僧
    マミーポコポコ
    顔が不自由で素敵な売女
    デブを捨てに

  • 平山作品は「独白するユニバーサル横メルカトル」しか読んでいませんが、なんかグロさがトーンダウンしている感じ。借金の利子代わりにデブを捨てに行く表題作などなぜか心温まる作品になっている。

  • 初読の作家で4編からなる短編集。どの作品も主人公が貧乏で社会の端っこで生きているような男ばかり。朝読に相応しくないシーンもありましたが、さくっと読めて良かったです。
    どの話の落ちどころもよく爽やか。個人的にはざらりとした終わり方も好きなのですが、この作品集に限りとみてよろしいのでしょうか。
    それにしても、醜女に対する愛情がにじみ出ていて好感を持ちました。

  • 世間から爪はじきにされ、暗く汚いところで生きている人々ばかり出てくる。
    暴力的だし基本的に救いがない。でも、表題作「デブを捨てに」では、奇妙な二人の逃避行のうちに、心が温まるような瞬間が何度か訪れた。そしてラストは清々しさすら感じた。
    次に何が起こるのか予測不能な展開。
    また、セリフの言い回しや会話のテンポが独特で面白い!
    漢字の使い方などにもこだわりがありそう。

  • 平山夢明作品で、初めて涙が出るかと思った。ヤラレタ…。
    平山夢明初体験の人にオススメしたい作品。どうにか反芻が出る惨たらしい場面を耐えに耐えて読み切ってほしい。

    なんて爽やかな気分。愛おしさ満点。なんだこりゃ。

  • この作家さん初めて読む。強烈にグロい。読後感の悪い作品もあったが、表題作はデブが可愛く思えてきて、生きて欲しいと願いつつ読んだ。

  • 久しぶりに読む、平山夢明。表題作を含む4つの短編集。『デブを捨てに』という強烈なタイトルに惹かれて読んでみた。内容も結構、強烈な感じである。DQNネームの強烈さは凄まじかった。セルシオあたりは実際に居そうだなと読みながら思った。どの作品も安定のクズっぷりで軽く立ちくらみがする。だから、面白いと感じるのだろうが…。

全36件中 1 - 25件を表示

デブを捨てにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デブを捨てにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デブを捨てにの作品紹介

「どれだけ読んでもOkcal!!」シュールで最悪の状況を暴走するブラックユーモアの数々。『暗くて静かでロックな娘』から2年ぶりとなる待望の小説集がついに刊行。「うでがでぶか」。借金まみれの俺は、わけのわからぬまま、“デブ”を、黄色いスパイダーに乗せて北へ向かった……表題作の「デブを捨てに」をはじめ、〈シュール〉な設定、乾いた〈ユーモア〉と、エッジの効いた〈表現〉で、〈最悪の状況〉に巻き込まれた男たちを、独特のスピード感あふれる文体で、泥沼のような日常を疾走するように描く。どこへ行くのかわからないスリルをあなたにお届けする、全四編の平山夢明〈最悪劇場〉。これぞ、小説表現の極北を目指す著者の真骨頂。「まあ、大変、買わなくちゃだわ」・他の収録作「いんちき小僧」腹が減って腹が減ってしかたのない俺は、コンビニでキャラメルひと箱をくすねるが、店の女に捕まった。女は、警察には突き出さず公園に連れて行くと、一発ぶん殴ったら許してやると言う。やがて、その様子を見ていた男から奇妙な提案をされる……。「マミーボコボコ」捨てた娘から三十五年ぶりに手紙をもらったおっさんに頼まれて、ついて行った先は、娘が嫁いだ大家族の家。そこでは、"ビックパヒー"なる父親以下、大家族の密着テレビ番組が収録中で……。「顔が不自由で素敵な売女」行きつけのバー「でべそ」で酎ハイ二杯を飲んで、いい気分になった俺は、公衆便所のような臭いのするヘルスの個室で、ハラミという夏の日のコーラフロートのような頭のブスに、とびきりのサービスを受けていた。「デブを捨てに」借金の返済期限が来たが、金を返せなかった俺は、事務所につけていかれボコボコに締め上げられたあげく、「腕とデブ、どっちがいい」か選ばされる。俺は、よくわからず「デブ」のほうを選ぶが……。

デブを捨てにはこんな本です

ツイートする