永い言い訳

  • 1905人登録
  • 4.03評価
    • (227)
    • (314)
    • (152)
    • (20)
    • (4)
  • 285レビュー
著者 : 西川美和
  • 文藝春秋 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902142

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

永い言い訳の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夕べは途中でやめられなくなって結局夜中まで読んでしまった。寝不足である。おまけに最後は涙が止まらなくてぐちゃぐちゃになったせいで目も腫れてる冴えない顔で出勤。

    西川美和さんと言えば「ゆれる」で有名な監督。
    この映画を見た時は衝撃的だったよなぁ。
    人間の奥深くに潜む心理をこれでもかってほどあぶり出して。
    でも決していやな面ばっかり映し出すわけじゃないあったかさがあって。

    で、本書。
    ちょっと前に読んだ短編集「きのうの神様」も珠玉の作品揃いだったこともあり、書き下ろしの長編に期待しないわけがない。
    いやー、良かったね。もう全てが良し。
    正しい日本語を使った綺麗な文章。ユーモアのセンスもそこかしこに。

    ストーリー自体は良くある話。
    交通事故で突然妻を亡くした男の再生ストーリー。
    ユニークなのはこの男、作家津村啓が悲しみの感情も喪失感も持っていないということ。涙一つ流さずに愛人と逢引したりしてる。
    なにしろいやな男、普通じゃない。

    西川さんの巧い所は、彼に対比させて陽一と言う同じく妻を亡くした男を登場させている点。
    彼の妻は津村の妻と同級生で一緒の旅行中に命を落とした。
    陽一は津村とは正反対の妻の死を全力で悲しむ直情型。
    津村のようなプライドだとか体裁だとか全く気にせず感情で突っ走る。

    津村は陽一そしてその子供たちの交流によって変わっていく。
    自分の知らなかった妻、自分の見ようとしなかった妻の姿を知りうちのめされる。
    果たして彼は再生できるのだろうか。

    身勝手で我がままで器が小さくて、最低なんですよ。
    陽一は陽一でがさつだし不器用だし、子供の気持ち分かってないし。
    この二人を交わらせるバランスがもう絶妙。
    そして圧巻は子供たちかな。この物語の要と言っても良い。
    あー、いい話だったな。号泣間違いなしです。

    作家としても一流の西川さん。果たして直木賞受賞なるか。
    もっともっと小説も書いてほしいと思う一方、映画もどんどん作ってほしい。
    いちファンとしては複雑な気もち。
    いずれにしても類まれな才能の持ち主であることには変わりない。
    次作もとっても楽しみ。

  • 人は大切な人との突然の別れに直面したときに、どうなってしまうのか…。

    面白いのは突然妻を失った立場は同じなのに、
    悲しくない幸夫と、ひたすら悲しむ陽一の対照的な姿。

    プライドばかり高くて、誠実さのかけらもない幸夫。
    どこまでも不器用なくらい真っ直ぐな陽一。

    幸夫が、陽一とその二人の子供達に翻弄されながら、
    (また、この子供たちがいいんですよ!)
    どんどん人間らしく(笑)なっていく様子が最高に面白いです。
    哀しみの中に、時折「くすっ」と笑わせてくれるところもあってね。


    「もう愛してない。ひとかけらも…。」
    そんな言葉を残していた夏子。

    世の中にはいろいろな夫婦関係がある。
    生きていても、もしかしたら別れていたかもしれない。
    それでもその積み重ねた時間には、
    大切な何かがきっとあったはずで…。

    もうね、幸夫の夏子に宛てた手紙が切なくて…。
    永い時間をかけて、やっと泣くことができた幸夫。
    生きているうちに向き合えなかった妻に
    ようやく向き合うことができて、
    失くしてみて初めてわかる大切さに気づく。

    愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償。
    とても胸に染みます。

  • 視点が変わって読むのがつらくて冒頭でやめようかと思った。単純に重いとも違う…。入り込みにくかった。けど読み始めたら止まらない。初の西川さん作品。映画の方の『ゆれる』は好きで見ると具合が悪くなるのに見てました。あのゆらゆら感を思い出してしまいました。映画も撮れて文章も巧みですごい人だと思った。大きな映画館にひとり静かに誰かの人生をスクリーンに映して、それを見ているかのよう。(ある人をめぐる人と人とのつながりを空の上から眺めているような感じ。)

    世間でいう(正常な範囲)やその集団から、ある日突然はじき出されてしまった人たちの話。「大きな穴の縁に立つ」と書かれていたけど、そういうギリギリの境目に追いやられて右往左往したり、途方にくれたり佇んだりしている人たち。

    本当にぐだぐだな…ながいなが~い言い訳でした。反省文的なラブレターなのかもしれない。映画は見ていないけどモックンいいとこ持っていくなぁ~…と読み終えてから思った。冒頭は「長い長い言い訳」とある。けどもういない人に対しての言い訳なので「永い」言い訳。泣かなかったけどじわ~っと来る部分が終盤になるにつれて増えていって切なかった。

    けど津村こと幸夫みたいな人、積極的に好き!とは言えないけど、嫌いだ!とは言い切れない。いとし恋しい気持ちになった。コミカルな部分や自虐なところはクスッと笑えた。他人の心や気持ちを覗いたような物語でした。“他者の無いところに人生なんて存在しないんだって。”(306ページ)ゆっくりとじわじわ沁みる。悲劇から新たなる悲劇が生まれなくて本当に安堵した。心に響くよい作品でした。

  • 西川美和さんの本は初めて読みました。
    映画監督でもある西川さんですが、西川さんの映画も見たことがない私…
    この本は第153回直木賞候補作。


    HPの作品紹介に書かれているのは
    「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

    長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。
    悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、
    同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。

    突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。
    人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。


    ゆっくり、じんわりと染み込んでくる本でした。
    2016年秋に映画化されるらしい。
    主演は本木雅弘氏、その妻には深津絵里さん。
    これはいい!
    ピッタリだわ~^^

  • バス事故で突然妻を失う。
    悲しみがわからない。いい関係でなかったから?
    それだけではないよな。
    急に環境が変わってしまったんだもの受け入れがたいものよ。
    同じバス事故で妻をなくした妻の友人家族との交流がはじまると、だんだん人間らしくなってくる。
    人は他人との付き合いもやはり必要なんだ。
    面倒だと思ってしまうあたしって……。
    時間と他人とのつながり、それが解決の糸口なのか。

  • 西川美和、「ゆれる」はもう10年前なのか。
    仲の良い兄弟が、実家に里帰りする。
    そこで見えてくるふたりの間の妬みや憎しみが鮮烈であった
    こういうテーマを男性を主人公にして女性作家が描いたことも手伝って、驚嘆した記憶が残っている。

    永い言い訳も二人の男が登場する。
    主人公はそこそこ有名なTV好みの作家、もう一人はトラックドライバー。
    年齢もかなり離れている。
    二人をつなぐのは妻達。
    同級生であった彼女達はスキーバスの事故で、亡くなってしまう。
    遺族として顔を合わせるふたり。
    子供二人を抱えるトラックドライバーの生活はあっという間に窮地に立たされる。止むに止まれず (?) 作家は彼らの生活に入り込んでいく。

    子育てを通して成長する、何て言うけれど、そんな美しいものではない。
    が、子供は守らなければならない。とにかく、食べさせて、着せて、懸命にママチャリを漕ぐ。
    自分をさらけ出し、わけのわからない命と折り合いをつけ、とにかく今をなんとか乗り切る。その連続。
    あの身体感覚が呼び覚まされ、共感し、涙がこぼれる。

    二人の子供のうち上の子は聡明な6年生の少年、思春期の入り口に立つ。 ああ、二人の男、だけではないな。
    +この少年が作り出す感情のやりとり。
    ぐじゃぐじゃどろどろ洟水たらり、そこから愛を見つけたのだ。

    話はそこでは終わらない。
    この奇妙な共生を通して、作家は失った妻の姿を見つけていく。知らなかった妻を愛おしく思う。

    永い言い訳、一生続く言い訳。
    "どんなに恥ずかしいことをしても、酷いことを言っても、愛して良いものを手放すな。"

    そうなんだよね ...
    西川美和、やっぱり唸らされるわ ..

  • #読了。直木賞候補作品。初読み作家。
    人気作家津村の妻夏子は、友人と出かけた旅行中の交通事故で亡くなってしまう。妻の突然の死に対し、津村は心から悲しむことが出来なかった。同じく妻を亡くした家族との交流によって、津村は次第に彼が持ち合わせていなかった感情が芽生えるのを感じていく。
    子供とのやり取りは心温まる展開だった。子供の可愛さと憎らしさが滲み出る様は、非常に共感できた。

  • 身内が死んだときに泣かない人。
    わりといるんじゃないかなと思うんだけど。
    薄情なわけではない。気がする。
    時間がかかるんだよ。

  • 突然の事故で妻を亡くした小説家が、同じ事故の遺族とのかかわりを通して再生していく姿を描いている。

    作品について予備知識もなく読んだのだが、切り口のおもしろさと人物の描き方の鋭さに驚いた。
    愛する人を失った悲しみと再生をテーマにした小説は少なくない。が、これは夫婦間の愛情が冷めきっていたところでの突然の別れであり、主人公は泣き暮れるどころかまったく悲しみの訪れない自分に驚き、自己嫌悪に陥るのだ。

    さらに、夫を支える芯の強い出来た妻に対し、自意識の塊のような卑屈で幼稚な主人公が、自分に欠けていたものに気づいていくという設定もよかった。身勝手な主人公が、他人である子どもたちに頼りにされることで徐々に心が氷解していく様子には、素直に心を動かされる。
    妻を喪失した悲しみからの立ち直りではなく、それを機に一人の人間として成長した男の話として読んだ。
    作者は映画監督だそうで、きっと映画のほうも素晴らしい作品を撮っているんでしょうね。

  • 失ってはじめて知ることって多いんだろうな、と思う。
    失う前に気づければ良かったのに、と思うことも。
    気づきが遅すぎると何かを失った後、なかなか前に進めないのかもしれない…。
    でも気づかないままよりは、後悔しながら時間はかかっても一歩ずつ進めたらいいのかもね。

全285件中 1 - 10件を表示

永い言い訳に関連する談話室の質問

永い言い訳に関連するまとめ

永い言い訳を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

永い言い訳を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

永い言い訳の作品紹介

長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが...。突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。
第153回直木賞、2016年本屋大賞にノミネートされ、2016年10月に著者本人により映画化が予定されている。

永い言い訳に関連するサイト

永い言い訳のKindle版

ツイートする