ナイルパーチの女子会

  • 1982人登録
  • 3.43評価
    • (86)
    • (265)
    • (277)
    • (76)
    • (23)
  • 313レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 文藝春秋 (2015年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902296

ナイルパーチの女子会の感想・レビュー・書評

  • 読了できたけど、重い話だった。小説の題材としては目新しいものではないけれど、感情移入は出来にくく...最後になんとなくいい方向に進む2人だけれど、いっその事更なる破滅の道に進んでみて欲しかったかな。そうだとしてもやっぱり共感は出来そうもないけれど。

  • 連休後半で読み終えたのはこれ一冊だった…。
    アッコちゃんとかあまからは悪くない印象だったけど、
    これはちょっと疲れたかなぁ。
    友だち、か。

  • 友達が作れないバリキャリのえりことブロガーの祥子。

    誰でも少しえぐられる話なんじゃないかなぁ。
    2人は、自分が一番大事で、でもそれに気づかなくて、なんでこうしてくれないんだろう、ってばかり押し付けてて、本当行き過ぎた情緒不安定なんだけど、でも程度の差こそあれ誰でも、そういう寂しさとか味わってきてる気はする。

    学生の頃はいつも一緒にいて、なんでも話してた友達がいたけど、今は仕事の同期以外は年に数回会う程度で、それは親友なのかなって考えた。

    でも彼女らが幸せになって、大人になって、それぞれのステージに進むことは嬉しい。

    そして、それぞれの大事なときに報告しあえて、それを喜びあえれば。

    それでいいな、私。

    祥子の旦那さんが、かとさんと重なりました。笑

  • 佐藤優さんの本で紹介されていたので、読みました。この著者の本は初めて読みます。「女子会」を蔑む男性は多くいます。人間関係が築くのが苦手な人ほど、分析し、無意味なものと決めつけます。

  • タイトルに惹かれて借りた本。
    ナイルパーチって何?と。

    ナイルパーチには生態系を壊すくらいの凶暴性を持つ一面がある。
    人は誰しもそんな一面があるという意味なのかもしれないが…。

    上位に立ったり下になったり、女子の力関係はいくつになっても脆いらしい。
    派遣の真織の態度が豹変し、営業部の男性全員と…って脅すところは異常であった。
    しかもそれを実行しようとするのも異常。

    圭子と栄利子の過去。
    一体何があったのか、いまいち理解出来ず。

    また、栄利子の父親や翔子の父親についても。
    何がどうなって今があるのか。

    一番異常なのは、栄利子が翔子を追いかける(追い詰める)ところだが、お互いないものを求めたがるのはわかるが、やはり価値観や置かれた環境が違うということで距離を縮めるのは難しいのかも、と思った。

    モヤモヤもあるが、展開が気になってぐいぐい引き込まれたので★4つ。

  • 重い暗い。なんか生理痛みたいな小説。
    栄利子は『ねじまき…』の宝子の病的な片思いと似てるし、翔子の父親は『伊藤くん…』の伊藤くんみたい。似た感じの人を書くのが好きなのかな。

  • 商社で働くの栄利子と、人気ブロガーになりつつある主婦の翔子。

    二人の共通点は、女友達がいないことだった。

    友達になれたと思ったけれど
    栄利子のストーカーのような押し付けがましい接し方に
    距離を置くようになった翔子。

    翔子の軽はずみの不倫を脅しに
    二人は女友達として溝を深めていくばかりだった。

    なんか展開とか極端だけど、
    栄利子の妄想じみた感じ、もはや狂気。怖い。

    人とうまく距離感もてない人っているよね、、
    自分の価値観だけで物事を判断しないように
    自分も、がんばる。

  • 友達のいない栄利子と翔子の物語。
    みんな「自分のことしか考えていない」と相手を責めて、もっと自分にかまって欲しいんだなぁ。
    登場人物のキャラクターがちょっと大げさ過ぎる印象だった。

  • やっと読み終えた。
    長かった。

    キャリアウーマンの栄利子と人気ブロガーの翔子。共通するのは友達がいないこと。

    途中、栄利子の壊れっぷりが酷くって、読んでいて辛かった。

    自分の中に栄利子や翔子と似た部分があって、共感しながらも心がチクチクした。

    大人になってからの友達づくりや、友達に限らずいろんな人間関係のコミュニケーションについて考えさせられるお話でした。

  • とにかく栄利子が怖かった。すべての人物にリアリティがあるのは作者の取材の賜物か。色々とモヤモヤがなくなる本であり今年読んだ本のナンバー1!

  • この本に出会えて良かったと思った。私も栄利子と似た節がある気がする。私は突拍子のないことを考えても理性で抑えてきたつもりだ。他の人はこんな風に汚い思考をしたことが無いのだろうな、と一種のコンプレックスを抱いていたが、みんな一度はそう考えてしまうのではないだろうかと安心してしまった。女子は難しいものだとよく言われるけど、人間関係全て難しいのだと思う。ナイルパーチは、他の生態系に人為的に介入させられるまで、自分が凶悪な魚だと思わなかっただろう、という言葉がある。それがなんかしっくり来た。

  • ブログの何がいいのか。面倒くさいは正義。

  • 読みごたえのある小説でした。
    途中、女同士の言い争いや気まずさや、恐怖心がぞろぞろと出て来た時に、後味が悪いお話だったらどうしようと思ったけれど、光が見える終わり方で良かったです。

    人からは幸せで満たされているように思えても、誰でも自分の問題を抱えていて、それといつかは向き合わなければならない。でも、不幸なだけの人生はないのだと希望が持てました。

  • エリートキャリアウーマンの栄利子と人気ブロガー『おひょう』こと翔子。2人は女友達が出来ないという共通点で惹かれ合うが……
    少しずつエスカレートしていく栄利子の友達付き合いに恐怖を感じる女のドロドロ友情活劇的お話。



    怖いお話だった……
    今の自分に当てはまる部分が多くて、傷口を抉られ続けていて何度か途中で読むのを止めようかとも思ったけど、なんとか読み終わりました。

    自分も大切な人を傍にいると傷つけてしまう種類の人かもしれないと突きつけられたときには、もう物語のラストで、「うん、そうかもしれない」と、脱力しながらも肯定できた気がするので読了感はさほど悪くはなかったけど、……女って怖いね。

  • 女友達、男友達、夫婦、家族、普通の関係ってどんなものだろう。
    私がおもってる普通は相手にとって普通ではないかも…。

    すごく登場人物にいらいらするというか、怖い本だった。
    ネガティヴな部分、呆れるほどポジティブな部分。
    どろどろの人間関係をどうにか継続させようとする感じがとにかく怖くて重い。

  • 「3時のアッコちゃん」シリーズ・「伊藤くんAtoZ」等爽やかな著書しか読んだ事がなかったから、柚木麻子がこんな女子のドロドロした内面や人間関係を描くとは思わなかった。


    一流大学を出て一流企業に務め、美しい一見完璧だが、女友達が作れない極端な性格の栄利子。
    実家の家族に嫌悪感を持ちながら自分の世界でマイペースに生きる脱力系主婦ブロガー。
    この2人を中心に進んでいく物語。
    途中読むのをやめたくなりながら、どういう展開で結末を迎えるのかが気になり、なんとか読み進めた。

    それぞれが自分の問題に少しずつ向き合いながら進んでいく…でも私はやっぱりどちらとも友達になりたくないな~。

    この本を読んで唯一知る事が出来て良かったのは、ナイルパーチについて。

  • 大手総合商社に勤めながらも、女友達がひとりもないことがコンプレックスで人間関係をうまく築くことができない栄利子と、田舎の父子家庭から逃げ出すように東京へやってきて怠惰な専業主婦生活を送りながら人気ブロガーになった翔子。
    対照的なふたりが出会い、栄利子の一方的な思い込みと友情の押しつけから、それぞれの生活が次第に瓦解していく姿を描いている。
    なんかもう読んでいて痛ましいくらいふたりともダメ過ぎて栄利子のキャラクターもアンリアル過ぎて途中から読むのがつらくなった。

  • タイトルからは想像もつかない衝撃的な本だった。栄利子にも翔子にも共感できる部分がないわけではないのが、何とも言えない…
    目を背けたくなるような人間の醜い部分をさらけ出していく様があまりにも強烈。男たちを冷めた目で見る女の本心は怖い。

  • 生まれた家庭や育った環境が違うことは、違う世界、文化圏に住んでいるのと同じ。それを、よそから入ってきたばかりに湖の生態系を食い荒らしてしまった外来魚ナイルパーチに比喩しているところが辛辣。
    物語には、女同士の友情を求め、人間同士の分かり合えない不甲斐なさを抱えながら生きるそれぞれの登場人物たちの生き方や、父と子、母と子の関係性のテーマも散りばめられている。
    親と似ていることは、ほほえましい一瞬がある一方で、歳をとり親とそっくりになっていくことにおぞましく鳥肌が立つ瞬間もある。人間の後ろ暗いところ、誰にでもある恥部を突きつけられるようで不安ではらはらとしたが、奇怪じみた優等生OL栄里子とだらしない生活を送るブロガー翔子の行く末が面白く読ませる本だった。

    それでも前を向いて運命を受け入れを生きていこう。

  • 登場人物みんながおかしい。怖すぎ。特に真綾。みんなぶっ飛び、行き過ぎでしょ。なんか嫌な気持ちしか残らなかった。

  • めっちゃ怖かった。
    今まで読んできた柚木作品はのほほんとした友情ものだったりしていたけれどこれは違った。

    女友達との距離感がつかめず友達と呼べる人がいない栄利子が人気ブロガー翔子と知り合いストーカーの様に追い詰めて行く様子は恐ろしすぎたし、被害者だと思っていた翔子も自分は違うと思いつつも結局は同じ行動するわけだしこの二人は同類だったんだな…

    確かに距離感って難しい。
    歳を重ねれば重ねるほど新しい友達って作りにくい。知り合いは増えていくけれど友達は減るみたいな。
    色々と考えさせられる話だった。
    柚木作品では一番好きかも知れない。

  • ■ 1628.
    <読破期間>
    2016/4/21~2016/4/23

  • どうしても落ち着かない時は、必要以上に謙虚な振る舞いで誰かの賞賛を引き出して、ようやく平常心を取り戻す。

  • ブログがきっかけで知り合った女性二人を中心に話が進んで行く…。
    生れや家庭環境、学歴や職歴も全く違う二人。
    仲良く出来ると思いきや…怖い。
    登場する女性たちに『共感』(これも話の中のキーワード)出来ないが、こんな感情って自分にもあるかも?とドキッとすることが無きにしもあらず。
    人は一人では生きて行けないが、何かに『依存』するのは違う。それぞれが人とは違う自分を認めることが必要。そして自分を認めるだけでなく、他人のことも認める…というか気付きが大事。
    人間関係ってホントに難しい!
    最後には、二人が精神的な自立に目覚めたのが救いだ。

全313件中 1 - 25件を表示

ナイルパーチの女子会に関連する談話室の質問

ナイルパーチの女子会に関連するまとめ

ナイルパーチの女子会を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナイルパーチの女子会を本棚に「積読」で登録しているひと

ナイルパーチの女子会のKindle版

ツイートする