火花

  • 10450人登録
  • 3.29評価
    • (365)
    • (1156)
    • (1797)
    • (540)
    • (106)
  • 1657レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 文藝春秋 (2015年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902302

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

火花の感想・レビュー・書評

  • 一本やられた、又吉に。
    この本は最後まで読まないと全く良さが分からない。
    予想外の結末に茫然自失。まいったまいった。
    こんなオチが待っていたなんて!

    読み始めはバリバリの純文学・・・、なるほど芥川賞だもんね、そりゃそうだよと読み進める。
    主人公は売れないお笑い芸人の徳永。その徳永の先輩である神谷が強烈なキャラクターでこの小説の肝となる。

    一貫して徳永目線で描かれる世界はどこまでも内向的で、主観的でへたれだ。このへたれキャラだけでもお腹いっぱいだけれど、それにもまして神谷の特異さに辟易とする。
    この二人の会話は、キャラの対比と言うよりも又吉が二人に分裂して延々とひとり言をつぶやいているような気分にさせられてしまった。
    なんだろう、読んでいて気色悪い。
    自己陶酔のような、自己否定のような・・・。

    でも途中でやめなくてよかった。
    まさかの展開。まさかのオチ。
    いやはや予想外に面白かった。これを面白いと言わずして何と言えばいいのだろう。
    どう考えてもお笑いのオチじゃないか!
    やっぱり又吉は芸人よね。
    芸人魂、あっぱれ!

  • 話題の本は積極的に読もうとは思わないタイプなのだが、この作品に対しては興味津々であった。これまでも芸人がテーマの小説をいくつか読んだことがあったので、又吉がどんな切り口でお笑いを描くのだろうかと。
    読み終えてみて、想像以上の面白さであった。勿論荒削りな部分は多々あるけど、純文学というフィールドで、エンターテインメントである「お笑い」の悲哀を痛々しく、時に滑稽に描くとは。
    売れない芸人徳永と、破天荒という言葉では収まり切れない先輩芸人の神谷。神谷の強烈な個性に心底惹かれ、時に、生きるのに不器用すぎる彼を否定し。地道に活躍の場を広げつつある徳永に対し、あまりにも無茶苦茶な神谷のキャラが濃すぎてついていけないときもあるのだが、時々神谷の吐き出すセリフがものすごく心をえぐる。ネットで誹謗中傷をする輩に対し、「ちゃんと言うたらなあかんねん。一番簡単で楽な方法選んでるでもうてるでって。でも、時間の無駄やでって。ちょっと寄り道することはあっても、すぐに抜け出さないと、その先はないって。面白くないからやめろって。」という神谷の言葉に、胸を突かれた。
    少しずつ徳永と神谷の生き方にズレが生じ始め、もしかしたらこうなるのか…となんとなく展開を予測してみたら、それを裏切る意外な着地にものすごく驚いた。賛否両論あるだろうけど、これが又吉だからこそ導き出せる、神谷の生き様なのかなぁと。今までにない心の締め付け方をする小説だと思いました。
    読了後も心がざわつき、まだこの内容をうまく咀嚼しきれてない感は残っているのだけど、読んでよかったなと思う。オンリーワンの世界観。

  • 芥川賞、受賞おめでとうございます。

    熱海の花火大会のイベントに呼ばれた時に出会った
    芸人徳永と先輩芸人神谷さんの話。

    読み始めてすぐ思ったこと。
    私はもっと、純文学を読まないといけない
    ということでした。

    短い文章の中に、的確な表現が入っているものを好む私には、
    ごめんなさい、又吉さんの表現がちょっと苦手なんです。
    ただ、それって純文学に慣れてないからなんじゃないかと思うのです。

    ちょっと苦手な表現でしたが、物語は入り込めました。
    この先輩、面倒くさい神谷さんが私は大好きです。
    こんな人が近くにいたら、私も懐いてしまいます。

    徳永=ピース又吉さんというわけではなく、
    又吉さんの中には神谷さんも住んでいる、
    そんな感じが強くしました。

    物事を何でも突き詰めて考え込まない私。
    こんな風に深く深く考え込んでいくのって、
    しんどいのではと思ってしまいましたが、
    何かを創作するのには、特に人を笑わせるのには
    裏の裏の裏のそのまた裏で熟成させた表にすることも
    必要なのかもしれませんね。

    一気に芥川賞作家というプレッシャーをかけられて
    次をどんな作品にしていくのか。
    売れっ子芸人との両立も大変だと思いますが
    次回作も読んでみたくなる一冊です。

    次回作が出る前に、純文学も読んでおこうっと…。

  • 芸人としての又吉さんは好き。
    エッセイや歌集も
    又吉さんらしさが溢れていて(面白いなぁ)と好んで読んでいた。
    ただ、(小説に<らしさ>はいらないかなぁ)と言う気持ちはあった。

    未だに図書館では100人以上の予約待ちが続いていて(これは、当分読めそうも無いな~。)と諦めていたら、娘がプレゼントしてくれた。
    「お母さん、読みたがっていたから。」
    くぅ~!(泣
    う、嬉しすぎるぅ~っ。

    読む前から感動して開いた「火花」の中に
    又吉さんはいなかった。
    芸人さんの話ではあったが、登場人物の色が濃かったせいか、又吉さんの気配は皆無であった。
    (途中、出てくるネタの中にほんのちょっと感じたくらい?)
    お陰で私は、誰が書いたどういう作品という色眼鏡を外す事が出来、心から安心して「火花」の世界感に浸る事が出来た。

    漫才師である主人公の徳永は、純粋にお笑いが好きな根っから芸人。でも、義理堅く周囲の人間への気遣いや気持を汲む事も決して欠かさない、常識人的な好青年。
    そして彼が出会って惹かれるのが先輩芸人である「神谷」である。

    何よりもまず自分の好きな事を最優先にしてしまう、
    後先考えず、全てのものをおざなりにしても
    「おもろいこと」「人を笑わせる事」に
    人生を捧げて生きている男。

    バカげているだろうか?この神谷という男。
    例えばこの鍵括弧のなかの言葉を変えてみよう。
    「おもろいこと」を「微生物を研究すること」
    「人を笑わせる事」を「人を救う事」などなどに。

    するといきなり「バカ」から「天才」に変るから不思議だ。
    心からお笑いを愛する徳永が、神谷の事を心から信頼、尊敬していた気持が痛いほど伝わる。
    そして、
    ついでと言っちゃなんだが、おそらく又吉さんも…。

    読み終えてようやく(あぁ、又吉さんの作品だったなぁ)と思い出したのだから、おそらくず~っと後ろの方からそんな思いで見てたかも。(笑

  • 今まで読んだ芥川賞受賞作の中では、
    わりと読みやすく感じました。

    芸人としての道を探求し続ける徳永と神谷、
    延々と続く二人の苦悩と葛藤に、
    大げさかもしれませんが
    「あなたは今、自分と真面目に向き合っていますか?」
    と、問いかけられているようで…。

    話題になってから、又吉さんを意識してみるようになりました。
    いつも淡々としていて、変わらぬ表情からは、
    何を考えているのか想像もつかない。
    でも頭の中は常に夥しい数の活字が踊ってるんですね。

    何の先入観もなく読んでいたら、
    また違った感想を持ったかもしれないけれど、
    徳永(限りなくイコール)又吉さんになってしまうのは仕方がないですよね。

  • 知人が読み終わった本を借りて読む。
    テレビで見るピース又吉さんのキャラが好きで、しかも芥川賞受賞作で読みたいと思っていたのでラッキー!

    行間にも文字がみっちりつまっているような文章に、最初は読みにくさを感じた。
    が、読み進むにつれ、そのみっちり感が先輩神谷の持つ狂気や不器用さ故の切迫感と連動してきて、胸苦しい想いのまま一気に読み切ってしまった。

    常軌を逸しているとも思える神谷の生き方には共感はできず一種気味の悪ささえ感じたが、その狂気も、純粋さも、強さも、弱さも、優しさも、すべてひっくるめて天才のひとつの理想形なのかな、と感じた。

    しかし、どうしても徳永に又吉さんを映して読んでしまうので、では、神谷は誰をモデルにしているのだろうと、気になってしまう。

  • 情景の描かれ方がとても丁寧でした。

    読後はどうしようもない気持ちになり・・・とても胸が苦しくなりました。

    自分を貫いて生きる、それ故にうまく生きることのできない、世界に馴染めない神谷さん。
    神谷さんに憧れる後輩徳永。徳永は世界に馴染めないと自覚しつつも、生きるために神谷さんのようにお笑いの中で自分を貫いて生きることを選ばなかった。

    徳永の、好きなように生きる神谷さんへの嫉妬、蔑み、憧れ、尊敬という正反対の気持ちが混ざった感情にとても共感できます。

    「生きている限り、バッドエンドはない。」

    それでも、これからの神谷さんを思うと、なんだか途方もなく絶望した気分になりました。

    どうしても、又吉さんと徳永がかぶります。

    徳永と山下の最後の漫才は泣けました…。会話、ネタの掛け合いがやはり秀逸!

  • これまで又吉さんのエッセイや自由律俳句を読んでいたので、一体どんな小説になったのか、気になっていました。

    体温が低そうな淡々とした文章なのに、時折ハッとさせられる鋭いことや、ぶっとびそうなばかげたやりとりや、"笑い"に対する真摯な姿勢を感じさせる部分が入れ替わり立ち替わりやってくるので、終始胸がざわざわと波立つような感覚を味わっていました。
    1つのことに真剣に向き合い、もがいている彼らの姿は、どこかで自分とも重なる部分があり、彼らがうまくいかないほど落ち着かない気持ちになりました。
    ずっと泣き笑いみたいな表情を浮かべていた気がします。

    読後にタイトルが響いてくる小説でした。
    今回はストーリーを追うのが中心の読書だったので、もう一度、今度は又吉さんの哲学に注目して読んでみたい1冊です。

  • 言わずと知れた芥川賞受賞の話題作。
    売れない若手芸人が強烈な芸を持つ先輩に出会い‥

    スパークスの徳永は、熱海の花火大会で、聞く人もいない状況で漫才をさせられていた。
    この夜に先輩芸人の神谷と出会い、それからは毎日のように会って漫才論を語り明かす。
    素直に尊敬して影響を受けつつ、あまりに破滅型な神谷に、付き合いきれない面も出てくるのだった。
    しだいに徳永はテレビに出る機会も増えて、伸びて行くが‥
    徳永の内気で周りから浮きやすい、斜に構えていると誤解されやすいところなど、本人の経験から?
    本は読まない人という設定だけど。

    さすがに文章は丁寧でちゃんとしているし、まじめな雰囲気はテレビで見る姿とも違和感ないです。
    長年本を読んできた人らしい文学への愛情や尊敬も感じられます。
    芸人として培った感性や、おそらくモデルになった先輩だけでなく、変わった人物が身の回りに多かった経験も存分に生かされています。
    漫才のねたや、コントっぽい会話が混じるあたりは読みやすい。

    というわけで、基本は納得の合格点で、好感も持てます。
    個人的に★五つに出来なかったのは、お笑い論というか、そこまで極めようという気持ちに共感できなかったから。
    先輩の普通じゃないところ、このへんの濃さが、芥川賞の所以かな。
    ‥普通じゃない先輩なら知ってないこともない‥
    若い頃、出会うものかも知れませんね☆

  • 芥川賞おめでとうございます!
    ちょうど図書館で予約してたのが手元に来ました(買わずにすみません)。
    会話のシーンは大阪弁でとても読みやすいけど、さすが文章はもう落ち着いた作家さんの雰囲気かもし出してますね。
    今まで沢山の本を読まれてきたとよく耳にして、
    ふと私も子供の頃から沢山本読んできたけど、そんな私とはやっぱりどこか感じる事が違うんだろうし、言葉に置き換える事をキチンと出来るのって素晴らしい才能なんだろうなって素直に思えました。
    芸人さんとしても、これからも応援していきます!

  • かなりの話題作だし読んでおこうと思って前情報何も無しで読み始めたら漫才をしている徳永と先輩神谷のお話で徳永がもろ又吉と被ってしまって又吉っていい人なんだろうなぁ、、、としみじみ思った。
    初めての小説なのに書き方すごく上手いし比喩表現とかも凄くいいしテンポもいいし、さすが読者大好き芸人なだけある!!!
    芥川賞受賞したっていうからすごく面白いのか!というとそういうわけでもなく、ただただ人間の深みというか面白さが上手く書かれた作品という印象。
    普通の日常の普通の話?というか、ずーっと浮上しないけど味があるお話だった。
    徳永と神谷の関係性がすごく良くて、又吉たち芸人さんたちはこんな感じなのかなぁ?と想像するのも楽しかった。

  • 批判は多いみたいだけど、そもそも芸人さんが芥川賞をとった話題性から作品を手にとった人々が大半なうえ、普段から純文学を読み慣れていなければ芥川賞受賞作なんて難解でオチのないものがほとんどだと思う。

    芥川賞受賞作の割には読みやすく内容も頭に入ってきやすいし、読書人口の間口を増やしたというのは十分な功績ではないか。

    ただ普段の又吉さんのエッセイを読んで感じていた独特の言葉のセンスや本への愛情がいかしきれていない気はした。

  • 又吉の芥川賞受賞作。

    面白くてどんどん読んでしまった。
    主人公の徳永は又吉本人だろう。
    又吉が、これまで生きてきた自分の人生全てを渾身の思いでこの本に込めたような、勢いを感じる作品だった。

    徳永と神谷さんの師弟関係を超えた信頼関係が、綺麗事ではなく表現されていて、良かった。

    神谷さんの才能を本気で慕う徳永が、世間の目を全く気にせず自分の面白い事しかやらずに、売れない芸人になってしまう神谷さんに対して抱く歯がゆさ。が、とてもうまく表現されていて切なくて涙が出てしまう。


    最後、とても爽やかで、よい涙が流れた。

  • さんざんためらった挙げ句、今頃購入。気になるならはやく読めばいいものを、売れてる本は読む気にならないという、自称「本好き」によくある曲がった臍が邪魔をしてたのです。「第2図書係補佐」「芸人と俳人」はおもしろく読み、特に「芸人と俳人」に収録されていた短篇小説風のエッセイがとても良かったので、結構期待して読み始めたのだった。

    で、感想は…、うーん、どう言ったらいいのかなあ。うまくまとまったものではないけれど、不思議な魅力がある、とでも言おうか。

    自身を投影した徳永については、そのヒリヒリした孤独感が立ちのぼるような描写で、こういうのが著者の持ち味なのだと思う。孤独ではあるけれど、荒んだ感じがしないところがいい。一方、徳永が師匠とする神谷は、どうもうまく像を結ばない。わかりやすい人物像ではないことが、一つの吸引力になっているのかもしれないが、それにしては弱いのでは。

    ラストには疑問や批判の声が多いらしいが、確かに違和感たっぷり。でもそれがかえって妙に後を引くような読後感を生んでいるとも思う。ありがちな話に落とし込まなかったこの根性は「買い」だと思った。

    小説自体にはあまり関係ないかもしれないが(いや、あるかも)、文中で出てくる「お笑いネタ」(だと思うけど…)や、徳永と神谷のやり取りが、ほとんどまったく面白くも可笑しくもない。それどころか、チクチク痛くさえある。これって、私がもうずいぶん前から旬の芸人さんの面白さがわからなくなってるからなのか、それとも、そういう風に書かれているからなのか、うーん、どっちだろ?

  • 内容は芸人の世界ではごくごく日常的に起こりうる平凡なものだと思うが、芥川賞を受賞するに値する文章力で、この作品が純文学と評されることにも納得。

    終盤のスパークス解散前の最後の漫才のシーンがすごく心に響いたのが印象的で、漫才のシーンを小説で表現していることに触れるのも初めてだったが、これほどまでに臨場感のあるリアリティ溢れた漫才のシーンを小説で読めるなんてという感動を覚えてしまったくらいである。

    又吉直樹さんの他の作品にもぜひとも触れてみたいなと、この作品を読んで強く感じたところでもある。

  • (2017.05.14読了)(2017.05.08借入)(2015.08.05・第15刷)
    新聞やテレビで、又吉さんの話題が取り上げられるたびに、かみさんが「火花」おもしろいんだろうか? と聞くので、図書館の蔵書検索で調べたら、あったので借りてきました。
    始まりと終わりが、熱海の花火大会の場面なので、本の題名は「花火」に違いないと思い込んでしまいそうです。本の中で「火花」ということばは出てこない(多分)ので、「はて?」どうしてなのと言いたいところだけど。
    題名「火花」の意味を考えてみましょう。
    その1.芸人は、一瞬世の中の話題になるけどすぐ消えてしまう。
    その2.徳永さんと神谷さんの会話やメールのやりとりが、笑いのツボを突こうと火花を散らしている。
    その3.芸人たちは、何とか世の中に認めてもらおうと精神の火花を散らしている。
    又吉さんは、題名について何かコメントしているのでしょうか?

    昨日、82頁まで読んで寝てしまった。ここまでは、この本のどこがどんな風に面白いのだろう? と思い、又吉さんのネームバリューがベストセラーにしてしまったのだろうと決めつけてみたのですが。
    今日になって、神谷さんが真樹さんのところから追い出される辺りから急にドラマチックに面白くなったように思います。
    徳永さんと神谷さんの会話もメールのやりとりも意味不明が多いので、スルーするしかなかったのですが、受ける人もいるのかもしれないと思うと、ちょっと悔しいですね。
    「スパークス」の最後のライブは、笑えるけど、頭を使わないといけないので、ワンテンポ遅れる感じです。
    最後の方は、徳永さんと神谷さんの地位が逆転してましたが、これからも神谷さんがおごるのでしょうかね。

    徳永 漫才コンビ「スパークス」のメンバー
    神谷才蔵 徳永の先輩、徳永より4歳上、「あほんだら」のメンバー
    大林 神谷の相方
    山下 徳永の相方
    真樹 神谷の居候先、キャバクラ嬢
    由貴 神谷の知人
    鹿谷 ピン芸人

    以下書き抜き
    ●誹謗中傷(96頁)
    人を傷つける行為ってな、一瞬は溜飲が下がるねん。でも、一瞬だけやねん。そこに安住している間は、自分の状況はいいように変化することはないやん。他を落とすことによって、いまの自分で安心するという、やり方やからな。その間、ずっと自分が成長する機会を失い続けてると思うねん。
    ●緑の葉の楓(98頁)
    「師匠、この楓だけ葉が緑ですよ」と僕が言うと、「新人のおっちゃんが塗り忘れたんやろな」と神谷さんが即答した。
    「神様にそういう部署あるんですか?」と僕が言うと、
    「違う。作業着のおっちゃん。片方の靴下に穴開いたままの、前歯が掛けてるおっちゃんや」と神谷さんが言った。
    ●西郷隆盛(101頁)
    僕は大林さんに会うと必ず、西郷隆盛と話しているという設定で会話をすることにしていた。もう五年以上になるが、いまだに大林さんは西郷隆盛に辿り着いていなかった。
    ●楽しませる(113頁)
    最近は独りよがりではなく、お客さんを楽しませることができるようになったと思っていた。妥協せずに、騙さずに、自分にも噓を吐かずに、これで神谷さんに褒められたら最高だと一人でにやついていた。
    ●地獄(115頁)
    本当の地獄というのは、孤独の中ではなく、世間の中にこそある。
    ●舞台に(130頁)
    もしも「俺の方が面白い」とのたまう人がいるのなら、一度で良いから舞台に上がってみてほしいと思った。
    世界の景色が一変することを体感してほしいのだ。自分が考えたことで誰も笑わない恐怖を、自分で考えたことで誰かが笑う喜びを経験してほしいのだ。

    (2017年5月14日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    お笑い芸人二人。奇想の天才である一... 続きを読む

  • 上石神井まで徒歩45分。ハモニカ横町「美舟」の肉芽。いせや横の階段。井之頭公園の自販機の明るみ………地元本



     私にっての地元小説だった。ありがとう。


     私の感想は「冷静と情熱のあいだ」そんな内容である。
     
     控え目リアリストの徳永と傾奇者としてしか生きられない神谷の関係性は、真逆だから惹かれあう、それでも本質は、冷静と情熱のあいだ。



     おそらく見た目もさえないだろう男二人がメールのやり取りでイチャイチャしている様が良いリズム。そのリズムがオカシクナッテいくさまがミニマリズム。

     芥川賞受賞も納得です。

  • 2015年上半期芥川賞受賞作品。初読み作家。
    売れないお笑い芸人の徳永は、熱海の花火大会で師匠として仰ぐ徳永と出会う。周囲の人間がひいてしまうほど愚直にお笑いに向き合う神谷。その神谷の自伝を書くことを条件に弟子となった徳永。二人の人間を笑いの哲学を通し、丁寧に描く。
    さすがにライブの描写などは詳細に描かれていた。ネタの場面では笑ってしまうこともしばしば。ラストライブの場面はよかった。胸に突き刺さる青臭さを表現しきれない仮面を、一つ一つ外していく様で引きこまれた。又吉氏の「伝記」に近いのだろうか?そうでないとするなら「伝記」はなんだったのか少々疑問。

  • 2016.10.07 読了

    言わずと知れたピース又吉の芥川賞受賞作だが、発刊が2015年3月と既に1年半が経過していて驚愕。話題持ちきりだったのがつい先日に感じる。「美しい世界を、鮮やかな世界をいかに台無しにするかが肝心なんや」この神谷の言葉がやはり本作の核心であり、冒頭の花火大会での漫才、真樹さんの家を出たとき、そして最後の神谷の奇行、これら全てのバックボーンになっている、と思う。神谷の胸板に現れたFカップのせいでスパークス徳永の物語、鮮やかな世界『火花』はある意味、台無しである。そういうラストシーンだったのではないだろうか。

  •  お笑い芸人の又吉直樹による芥川賞受賞という話題の作品。
     若手芸人の先輩後輩の一風変わった主従関係をユーモラスに描いている。
     「お笑い芸人」と「作家」という、あまりない組合せに共通点を見出すとすれば、両者とも、日常の生活の中から常に題材を探しており、その人間観察力は非常に鋭く、表現力が巧みであるというとこではないかと、本書を読んで感じた。

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/fiction_nonfiction/hibana_piece_matayoshi/
     
    お笑いの又吉さんが芥川賞を取ったことでも有名な作品です。
     
    売れない芸人徳永と、それ以上に売れない先輩神谷の交流の物語。
     
    徳永という人物は恐らく、又吉さん自身なのでしょう。
     
    全体から、彼自身のお笑いに対する思いがあふれ出ています。
     
    もうちょっとここのエピソード、話を膨らました方が良いんじゃないかな?と言った粗削りな部分が多いと感じましたが、それでも又吉さんにしか書けない作品として、評価されたのかな?と感じました。
     
    お笑いに対する又吉さんの思いを知りたい方や人生を見つめ直したいと思った方におすすめの作品です。

  • 読みやすいけど、面白くはない。

  •  若手漫才師の主人公とその師匠との会話を中心とした話。割と静かに流れていくような文章だった。会話がボケとツッコミでできているにも関わらず、面白いというより流れるようだった。なんだろう、ぱっと散ってしまうような刹那的な輝きを求めてしまうのだとしたら、それは違うような、だけど、その輝きに憧れてしまうような、危うさと揺れを感じる作品だった。

  • 世間から評価されるということ。あまり世間の常識からかけ離れていては、理解されない。常識に乗っとていたら、面白さ(おどろき)がない。目立たない。ちょっとだけ、半歩先行くぐらいがいいようだ。神谷氏は、自分の世界を持ち、面白いはずだと思い込んでいる。理解されないから、マスコミデビューできない。彼の笑いの哲学は理解するけども、ついていけない主人公と「世間の人々」。
     ちょっとマスコミの嗜好の志向に合えば、一気に人気が出る。しかし一発芸で終わる芸人の多さ。
     半歩先の驚きでデビューしても、その後自分の世界に世間の嗜好を引き込んだのがタモリの「プラタモリ」世界や、ビートたけしたち。
     この作品。小説として読むと、芸(自分の世界)を極めようとする群像が描かれているが、メリハリというか小説としての牽引力をなかなか感じれずに、読み終えるのに時間がかかった。作者の話題性が先行してしまったのが惜しい。
     

  • 解散ライブが良かった。
    相方、あまり出てきませんが好きです。
    最後のエピソードは蛇足のような。
    どうしようもない神谷さんを見るよりかは、失踪したままの方がよかった。
    それが神谷さんらしさなのかもしれないけれど。

全1657件中 1 - 25件を表示

火花を本棚に登録しているひと

火花を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火花を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火花の作品紹介

笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。

ツイートする