オールド・テロリスト

  • 671人登録
  • 3.80評価
    • (49)
    • (111)
    • (55)
    • (16)
    • (3)
  • 92レビュー
著者 : 村上龍
  • 文藝春秋 (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902395

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オールド・テロリストの感想・レビュー・書評

  • 村上龍氏の作品「オールドテロリスト」を読了。文芸春秋に連載されていた作品が単行本化された本だが、よもうよもうと思いながらもテロリストというタイトルに気がひけ読む野を躊躇していた作品だ。

    今回北海道へ戻って働くという転機を迎え、思い切って読んでみた。

    村上龍氏と古市憲寿氏の『この国の希望は何処にある』という対談のなかで古市氏の氏である小熊英二氏が若者、大人、老人の定義を「未来で評価される人が若者、現在で評価される人が大人、過去で評価される人が老人」としているというくだりがあったのだが、その定義にしたがうとこの物語に出てくるテロリスト達は歳は60、70、80代だが決して老人ではない。過去の実績などにはしがみついてはおらずいまもしっかり自分の基盤を持っている年齢は高いがしっかりとした大人達だ。

    彼達がテロを起こし、その真意を世に伝えるべく彼らから選ばれるのが主人公のセキグチだ。高齢のテロリスト達はどうやって未来に関与できるかを考えたあげくテロを起こすのだ。

    主人公セキグチは村上龍の以前の作品「希望の国エクソダス」にもでていたのだがその作品で独立国家を作ろうとする中学生の集団のリーダーが「この国にはなんでもあるが希望だけがない」という印象的な言葉を発していたのだが、その作品から15年後に書かれたこの「オールドテロリスト」の世界でも希望はまったく感じられない世の中であり、その現状打破の為に高齢のテロリスト達が立ち上がったというストーリーだ。

    作品のなかでのマスコミの凋落具合に関する表現も鋭く、「いまのマスコミの当事者が自分たちが真実を伝えていないという事自体に気付いていない」と切り捨てているが、元老の不自由さを海外から指摘されていてもいまだ何も変わらない今の状況を憂う筆者の嘆きの具合が深いのもよく伝わってきた。

    この作品を東京を離れるという転機の今に読んだのはとてもラッキーだった。希望を見つけにくい今の日本をあきらめてしまい自分を老人として世の中への関与をしなくなってしまうのではなく、危機感をなくす事なく何らかの社会への寄与が出来るような生き方をしなくてはとの思いを強くした。

    色々な人たちと仕事をしたなかで得た経験・知恵を国を形作る小さな部品である地方でそれらを生かすという事にチャレンジしたみたいと思わせてくる作品だ。

    セキグチとこうどうを友にする和風美人セキグチの愛に関するコメントもぐっとくるものが大いので、高齢の人たちだけではなく色々な人が楽しめると思う。

    そんな大人と老人ということを考えさせられる作品を読むBGMはTuck&Pattiの"Tears of Joy"だ。Time after Timeの名演だと思う。
    https://www.youtube.com/watch?v=N4ahjXagmWI

  • お久しぶりの村上龍。春樹より龍派。

    表紙からして,はっちゃけた武装爺さんたちがはちゃめちゃなテロ事件を起こしまくる話かと思ったら,思いのほか重苦しかった。

    舞台はほぼ現代の日本。大震災後,原発事故後で東京オリンピック前というどんぴしゃの設定。そして閉塞感ましましのいつもの村上龍ワールドは変わらず。

    主人公は「希望の国のエクソダス」で中学生らを取材したあの人で,今は落ちぶれきったただの無気力なおじさん。

    対する爺さんたちは,年は取ってるけど社会的地位も高くて意志の力にあふれててよっぽどしゃんとしてて,ましましの閉塞感みたいなものを打ち壊したいテロリスト。

    爺さんたちの計画に主人公が巻き込まれていって,爺さんたちの主張に心揺れたり,でもテロはだめって思ったりと葛藤してゆくのですが,物語の読者としてはどうしても爺さんたちに肩入れしたくなる。

    主人公はほんと駄目人間で,吐いたり精神安定剤のみまくったり震えたり泣いたりばかりしているので,さわやかな読後感は感じない笑

    でも続きというか,その後がどうなったのかが気になる本。やっぱり村上龍はいいなあ。

  • いや~久しぶりの村上龍さんです。
    コインロッカーベイビーズ以来か?そんなわけないか。
    なんか久々に骨太の小説を読んだ、という感じです。
    そうか世のお年寄りは怒っているのね。
    いい加減なメディアに、ルールを守らない自転車乗りに、その他いろいろ・・・
    まあお年寄りじゃなくても、ルール違反は困りますけれど、それらを罰していくという少々過激なお年寄りと、そのお年寄りに指名された三流週刊誌の記者(廃刊により失業、妻子に逃げられホームレス寸前)のバトルというか、テロリスト集団の核心に迫っていくというお話です。
    ちょっと残虐で、ちょっと考えさせられる一冊でした。

  • 2015.11.2開始
    2015.11.9読了
    「希望の国のエクソダス」に登場したライター・セキグチが主人公。

  • すでに社会の中枢から(表面的には)外れた老人たちによるテロという着想がおもしろいし、現実社会とのシンクロも見事で、あながち荒唐無稽と思わせない。気になったのは主人公セキグチのグダグタ振り。グダグダ過ぎてリアリティがそがれる。ここさえなんとかすれば、もっとスピード感のある小説になったと思う。惜しい。

  • 珍しく中盤からなかだるみに感じたのはあたしが劣化したからか?ともあれ2011年にこのテーマで書けるのがすごいと思う。できればポンちゃん絡めて完結編が読みたいけど、そんな類ではないこともわかってる。

  • 現代の日本を憂える老人たちが、次々とテロを起こす。その一連の事件に巻き込まれることになった中年男性が、主人公。

    表紙の絵から、コメディタッチかと思いきや、重めの作品だった。テロの理由は、日本を廃墟にする必要があるということ。戦後の焼け野原から復興したように、いったんリセットしなければ腐りきった日本に未来はないという訳だ。
    突拍子もない理屈だし、無差別の大量殺人は許されるものではないのだが、主人公同様老人たちを応援したくなる一面もある。
    また、司令塔が存在する訳ではなく、共感する人たちにより拡散していくアルカイダ型のテロ、というとらえ方は興味深かった。
    ただ、安定剤とアルコールに逃げ込み続ける主人公には、いい加減うんざり。周囲の人間のほうが魅力的で、もう少し成長してくれてもいいのにと思う。
    執筆に3年以上を費やした作品であるため、同じ内容を繰り返している部分が多く、そこは単行本化にあたり整理してほしかった。

    今まで、読まず嫌いだった村上龍。思ったより癖がなく読みやすかった。
    たぶん、バブル期のトーク番組のイメージが強かったせいかな(あの番組自体は、ゲストのチョイスも含めおもしろかったので結構見ていたけれど)。今さらだけど、さかのぼって読んでみたくなった。

  • 舞台は東日本大震災から7年後の日本。妻子に逃げられ、仕事に
    もあぶれたフリー・ライターのセキグチの元に、以前仕事をしていた
    出版社の編集長から連絡が入る。

    某国営放送でテロを起こすとの電話があった。電話の主は高齢の
    男性。そして、彼はセキグチにルポを書くよう指名して来たと言う。

    当日、取材との口実を設けて国政放送のロビーに潜り込んだ
    セキグチの目の前で、実際にテロが起こる。しかし、実行犯は
    どこにでもいそうな青年だった。

    編集部に電話をかけて来た高齢男性の目的はなんなのか?
    セキグチは徐々に事件に振り回され、背後にいるであろう
    じいさまたちの思惑に絡めとられて行く。

    いや~、「村上龍」って感じの作品でした。『希望の国のエクソダス』
    も好きな作品なんだが、あれは中学生たちが自分たちだけの「国」
    を作る物語。

    本書はその対極に位置するのかな。セキグチの一人称で物語は
    進むのだが、そのセキグチを振り回すのが社会的にも成功し、、
    経済的にも安定したじいさまたちだ。

    腐り切った日本を、もう一度焼け野原に戻す!じいさまたちの憤怒が
    テロに結び付く。どんな動機でもテロはいけないと思う。でも、じいさま
    たちの憤怒には共感できてしまうのだな。

    特にじいさまのひとりが語るマスコミについてなんて、読みながら
    頷いてしまった。

    「年寄りの冷や水とはよく言ったものだ。年寄りは、寒中水泳などすべき
    じゃない。別に元気じゃなくてもいいし、がんばることもない。年寄りは、
    静かに暮らし、あとはテロをやって歴史を変えればそれでいいんだ」

    なんか、分かるんだよね。こういう気持ち。あ、でも私はテロはしません
    よ。本書の中のじいさまたちのように、満州からこっそり持ち帰った
    ドイツ製の兵器なんて持ってませんから。

    500ページ超の大作だが、じいさまたちの動きが気になってさくっと
    読めた。

    難点なのはセキグチの心理描写と、セキグチをサポートする美女・
    カツラギのキャラクターが途中で変わっていることかな。

    ラストは続編が出るか?と思えるような終わり方だ。でもね、こんな
    じいさまたちが実際にいたとしても不思議じゃないよ、今の日本。

  • 老人たちがテロを起こした動機が弱い。
    日本の閉塞感を打破するためか。
    その割には、日本を焼野原にしては逆効果の気がするが。
    外に敵を作って、国民の一体感を醸成することが、国内の暗部を隠すには手っ取り早いとは思う(特亜が現実にやっていること)。
    それを取らずにテロをしたのは何故だろう。危機を煽って、国難を打破しようとしたのか。それこそ焼野原からやり直そうとしたのか。一般人に犠牲が出ているし。考えれば考えるほど分からなかった。
    サイドストーリーが多いので3つのテロが起きてからが長かった。いつまで隠れ家で安定剤を飲んでいるのか。
    主人公が記事を書けるとも思えなかった。トンデモ本にはなるかもしれないが。

  • 就職活動を通じて、自分自身がすでに上の方の世代に属しているのだという自覚をしつつ、本書を読む。主人公というか狂言回し役であるセキグチと同年代の僕はオールドテロリストからすると小僧だろうが、若者として忌み嫌われる存在ではない。村上龍の小説は時代の空気を捉えているから、なるべく旬のうちに読むべき作家のひとりである。もちろん、冷めても美味しい料理のように『トパーズ』などは何度、読み返しても面白いし、その蠱惑的な魅力は色褪せることはない。
    ただし、村上龍の小説を読むのは疲れる。神経を擦り減らす。ハードカバーにして、600ページ弱の本書に十日費やした。カツラギさんのプロフィールにトパーズ風なところがあったりと、箸休めはところどころにあるのだが、それにしても濃厚な野趣あふれるジビエ、それも鹿一頭をひとりで平らげたようなものだ。それは時間もかかるし、胃も疲れるわけだ。
    ミツイシの「すべてのマスコミは、弱者を擁護し、権力を批判する資格などない」という言葉を受けて、セキグチが「あの連中は、自分自身を否定したことがないし、疑うこともない。わからないことは何もないとタカをくくっている。わかるという前提で報道し、記事を書く。だけどたいていのことはわからないんだ。わからないことはないというおごりがあるので、絶対に弱者に寄り添うことができないんだ。くそったれ」と心情を吐露するところで僕はセキグチにシンクロしていた。数十年のもやもやを代弁してもらった気がしていた。

  • 大好きな「村上龍」らしさが溢れた破壊力抜群の問題作。
    老人のテロ組織という発想、生々しく濃密な文章、クセのある登場人物(特にヒロイン・カツラギの存在感)、怒涛の展開、エンタメ性とメッセージ性が高い次元で両立している。
    何より、ぶっ飛んだ設定なのに、まるで「現在進行中」の事件と錯覚してしまうリアリティは圧巻!

    物語の設定は2018年。妙な胸騒ぎを覚える。

  • 皆さんも感じている様に、『これぞ、村上龍』という小説でした。一気読みです。
    一部、よくあるプロット(大物は幼女へ性的虐待癖があるなど)でしたが、感嘆する表現も多かったです。あっぱれ。

    ・アキヅキの講釈
    ・カツラギの人間分類方法
    ・ミツイシの矜持

  • 閉塞感を暴力的に打ち破りたい衝動。

  • 久々の一気読み。『半島を出よ』のような「ありえる話」が面白く、恐ろしく、小説に入り込んでしまった。

  • 563ページの分厚さ。最初はその厚さにたじろいだが、読み進めるうちに没頭した。
    オールド=老人、という理解で考えてもらえば良いのだが、老人による日本をターゲットとしたテロ、のお話。
    背景には著者も書いているが戦争体験をした老人の中にも、経済的に成功して日本の社会に憤慨を覚えてる連中がネットワークで結束したら何ができるか、という実に面白いテーマだ。そしてその本当の目的が第三者である50代の主人公とその関係者で解き明かされるのだけど、それがまさに村上龍らしいというしかない。テレビに出演し、経済界の人たちと意見を戦わせ、社会問題にも切り込む彼らしい、内容。
    ちょっとネタバラシをすると、老人たちは日本をリセットしたいわけだけと、原発を破壊するという準備をしながらも、実際にはそれが目的ではない。本書を読んで「なるほど!」と膝を打った次第です。

  • 日本国内における連続テロの可能性を描いている点はおもしろいが、その他は特に取りあげるほどでもない。というか冗長。

    愛と幻想のファシズム、五分後の世界、希望の国のエクソダス、の焼き増し小説です。
    「戦後民主主義の総括および精算」はもういいから、次にいきましょう。

    「カンブリア宮殿」では何人もの骨のある日本人と絡んでいるのだから、その財産を生かした小説を書いて欲しい。

  • NHKのテロ、町中での首切りテロ、そして、映画館テロとニシグチとカツラギがテロリストの老人と最後の原発テロを防げるか。
    結局、老人たちは本望だったのだろうか?

  • 「70代以上の老人男性」というと、認知症とか介護とか、そんなイメージしか浮かばなかったけどハタと気づかされた。第二次世界大戦当時10~20代、実践的な軍事訓練を受けていた世代だということに。実際、特攻隊という自爆テロで仲間を何人も失っている。日本の将来のためになると信じていればこそ同胞は散っていったのに、その結果の今日の日本が、経済格差が広がる一方で、アメリカの顔色ばかりを伺う国になってしまったとしたらどうだろうか。年を取ることと引き換えに人脈と財力は手に入れた「老人男性」たちが心身ともにまだまだ元気だったなら、「こんな日本はもう一度全て破壊して焼け野原にしよう」と思う人が出てきてもおかしくない。そして、日本には何十基もの原発が存在する…

    なんかすごくリアリティのある話でした。さすが村上龍。それにしても主人公は精神安定剤飲んでばっかりだな。
    村上春樹と村上龍はどちらも大学の頃初めて読んだけど、それから約20年、村上春樹は私からどんどん遠ざかり、村上龍は寄り添ってきたという感じがする。

  • 希望の国のエクソダスの続編でしょうか。
    年寄りが、この世を動かしている、というプロットに、歌うクジラに、似た世界観を感じます。
    妙に元気な年寄りたちが淡々と事件(テロ)を起こす、という世界は、とてもリアルであります。

    オールドテロリストは、五分後の世界、以来、作者が追いかけてきた、戦う日本の一つの形、なのかもしれません。

    お金は、目に見えないところを流れている。例えば、銀行、企業、時に政府、あちらに行ったり、こちらに来たり。 信用の大きさで、扱えるお金も大きくなる。
    お金は、たくさんの川のように分かれたり、合流しながら、ぐるぐる回っている。流れているものを、つかむだけです。お金が流れが見えてくると、素手でお金をつかみ取れるようになります。
    私が、どの流れを掴んだのか、それは、聞かないでください。

    たぶん、そうなんだろうな、と思うわけであります。

  • 「オールド・テロリスト」
    奴らがやって来た。


    キャッチーな表紙に騙されてはいけない。中身は、残酷な小説である。しかし、何処か残酷だから読む必要なし!とかそんな意見は野暮ではないかと思わせる。


    主人公はある記者であり、敵役は老人です。只の老人ではなく満州を生きた老人や事業で成功した老人、一回事業を失敗した老人。彼らは、確固たる意志を持っているし、何不自由してる訳でもない(一回事業を失敗してる人も)。彼らは、やらなければならないという意志を以って悪役になるのです。それも単なる悪役ではなく、テロリストというクソ悪役。


    もちろん、テロリストはクソ悪役であり、同調するべきとこはないです。しかし、この小説の老人達は、全てが悪だとは思わせない所があります。だからこそ、記者は、彼らを悪とは思いきれない部分があります。何を以って悪なのかを今一度問うとこですね。


    主人公が、振り回される点もよいです。テロリストという振り切れた存在に相反する立場として、とても読者側に近い。感情移入しやすいとこがありますね。


    悪だけど悪とは決め付けれずに最後を迎えることになりますが、最後の最後で次への伏線があるような。


    長編ですが、なかなか良かったです。

  • 週刊誌の廃刊に伴い、仕事を失うとともに妻子と誇りを失い、鬱屈した日々を暮らす元フリー記者セキグチが主人公。ある日、元職場の上司より、取材依頼の電話が舞い込む。それは爆弾テロ予告に対する取材!?。その後何度も予告を受け取り、テロ現場に居合わせた事により、謎のテログループを追う事となる。追う過程で知り合った人々は、なぜか幸薄い、現実感のない人物ばかり。テロリストと彼等との関係は。。アルカイーダ型分散組織、応用システム工学、社会のリセットなど途中脈絡のない言葉がちらほら出てくるが、最後にそれらのキーワードが突然意味をなして集結する。エンタメ小説かつ異色ではあるがかなり引き込まれる作品です。

  • この小説は、すべてのページをスキャンして、すべてiPhoneで読んだ。紙の本にペンでハイライトするように、「ここは」と思った箇所はスクリーンショットを撮った。その数は10枚を超えている。こう言った類の小説で、ピンポイントで後から読み返したいと思う箇所がこれほどあるのは稀有だと思う。

    村上龍の書く小説なので、テロや戦闘のシーンには圧倒的な密度の濃さを期待したのだが、本書では「五分後の世界」ほどのそれは無かった。少し残念にも思ったが、これは主人公のセキグチの視点で描かれたものだし、作品のコンセプトによって描写の密度が変わるのは当然だと読み終わった後に気付いた。それでも密度の濃い文章を読みたかったけど。

    ただ一点気になったのは、主人公のセキグチは様々なシーンで自分なりの分析や解釈で物語が進むのだが、彼にそこまで鋭い視点が持てるのだろうかというシンプルな疑問はずっと消えなかった。シャープな観察眼を通した描写に当たる度に、これはセキグチの視点ではなく、村上龍の視点で描かれているとの思いがよぎってしまう。

    それにしても、オールド・テロリストの太田は最後に何と言おうとしていたのか。女に戦争させられるわけがないじゃないか、しかもだな、の後に続く言葉が気になって仕方がない。

    あと、カツラギは吉高由里子のイメージしか出来なかった。

  •  思ったより、少しリリカルで、ユーモラスなところがある。
     前半のワクワクが、ずっと維持できたら、超傑作に。 

  • 読めたぁ‼︎
    途中怖かったけど。
    キチンと考えさせられて、キチンと終わってた。
    装丁好き‼︎

    〜誰もが生き方を選べるわけではない。〜と。
    〜かといって、人生を選ぶためにはどうすればいいか、誰も教えない。〜
    アタシの中でもテーマである。教育の不平等的なコト。
    難しそうな話の中に、いー話もはさまれているの。
    ジョーの唄う『雨に咲く花』これは聴きたい‼︎
    甘えとか、怒りもキチンと考えて使いたいな。と、も。

    直接的、押しつけっぽいかな⁉︎若干…

全92件中 1 - 25件を表示

オールド・テロリストに関連する談話室の質問

オールド・テロリストを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オールド・テロリストを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オールド・テロリストを本棚に「積読」で登録しているひと

オールド・テロリストの作品紹介

日本はもう一度、焼け野原になるべきなのか?経済の衰退した近未来の東京。「満州国の人間」を自称する謎の老人達が、次々に凄惨なテロを仕掛け始めるが…。著者の新たな代表作。

ツイートする