踊り子と探偵とパリを

  • 210人登録
  • 3.27評価
    • (7)
    • (15)
    • (43)
    • (9)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 小路幸也
  • 文藝春秋 (2015年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902647

踊り子と探偵とパリをの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者初読、推理小説?と思いきや、冒険活劇譚的な、いや底まで冒険活劇でもないか。極悪非道で稀代の詐欺師、のキャバレーの経営者を追い込むために、アメリカの探偵とイギリスの若き御曹司が活躍する、色恋沙汰も絡んでなかなか楽しくてサクッと読める一冊でした。ただし、ミステリ要素は一切ありませんでしたので、探偵と言葉には少し騙されたかも。面白い話だったのでそれはそれでよし。

  • 07/31/2017 読了。

    図書館から。

  • きらめく恋とのろわれた宝石。“ディープ・レッド・ハート”またの名を“永遠の淑女”。美しいときに手に入れれば、美しさを永遠に残したままに死んでいく。魅惑の、赤いダイヤモンド。1920年代のパリを舞台に、燃える焔を瞳に宿した美貌の踊り子と作家志望の英国青年ユージンそして米国人探偵マークが、伝説の宝石をめぐり、華麗な冒険を繰りひろげる。

  • 文章が小路さん。ずっと小路さんの本を読んできているけれど、どうしても斜め読みになってしまうから、そろそろ一旦停止しようかと思う。
    2017/7/1

  • パリが舞台。読みやすく面白かったな。最後アッと思ったらあーだった。
    表紙の感じは三木さんみたいだね。

  • パリを舞台に出会った人たちが繰り広げる冒険と友情と恋と…読んでいる間楽しいキモチでいられる1冊

  • 以下帯。

    きらめく恋とのろわれた宝石。“ディープ・レッド・ハート”またの名を“永遠の淑女”。美しいときに手に入れれば、美しさを永遠に残したままに死んでいく。魅惑の、赤いダイヤモンド。1920年代のパリを舞台に、燃える焔を瞳に宿した美貌の踊り子と作家志望の英国青年ユージンそして米国人探偵マークが、伝説の宝石をめぐり、華麗な冒険を繰りひろげる。

    たまにジャケ買いの発作を起こしますが、下村さんの表紙に、冒険活劇的健全な(?)帯の煽りに、たまにはこういうのもいいかしらと。
    結果的には文体が健全すぎて(?)、個人的には中々読み進められなかったんですが、まぁたまには普通の本も読まないと…うん…。

    むしろ301頁で終わらせてもらっても全然構わないというか、だったら実際は結局何だったんだという部分が残らなくもないのですが、とりあえず帯の煽りの印象はそのまま、まさに「活劇」という感じでした。しかし一番の見せ所かと思っていたルネをやっつける部分が全部割愛されてて「えええええ」と思ったのだけど、そこはあえて書かないのが良いのだろうか…むしろユージンとブランシェの翻訳モノハーレクインみたいな「いくら一目惚れって言ってもそれで真実の愛でいいのか!?」ってやり取りのほうがもういっそバッサリやってくれても良かったもごもご。

    とりあえず読みきったので私はまた鬱々とした闇の本の世界に戻ります。陽の光は眩しすぎるようで…。

  • 芸術家の集うパリにて、作家志望の青年と、美しい踊り子、そして探偵。面白かったが、うまく行きすぎている!と思ったら、舞台の脚本!?っていう。ファンタジー要素入ってくるとは、と読んでたら、ああこれもお話なのか、と。では真実は何だったのか・・・。探偵との友情と、踊り子との恋愛、あとは話を面白くする背景、だったりして。吸血鬼カップルは良かったな(笑)。

  • 【内容】
    パリで踊り子に一目惚れした作家志望の青年が、親しくなった探偵の力を借りて彼女を危機から救い出そうとする。

    【評価】
    え?話が御都合主義で破綻したんじゃない?と思ったら・・・
    (2016年01月10日読了)

  • パリが舞台

    伝説の宝石、劇場、踊り子、強盗団、探偵…
    ショーのような華やぎあるお話

    ユージンが〈輝く金の薔薇〉ブランシェに恋したシーンが◎

全37件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

踊り子と探偵とパリをを本棚に登録しているひと

踊り子と探偵とパリをを本棚に「読みたい」で登録しているひと

踊り子と探偵とパリをを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

踊り子と探偵とパリをを本棚に「積読」で登録しているひと

踊り子と探偵とパリをの作品紹介

きらめく恋と伝説の宝石を手に入れろ時は1920年代、狂乱のパリ。米国人探偵とロンドンの富豪の息子が呪いの赤い宝石を狙って、人気随一のキャバレーに乗りこんだが。

踊り子と探偵とパリをはこんな本です

踊り子と探偵とパリをのKindle版

ツイートする