羊と鋼の森

  • 4924人登録
  • 3.92評価
    • (497)
    • (694)
    • (440)
    • (70)
    • (17)
  • 778レビュー
著者 : 宮下奈都
  • 文藝春秋 (2015年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902944

羊と鋼の森の感想・レビュー・書評

  • ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

  • 山や森の風景が目の前に広がって、ピアノの音が聞こえてきそうで。
    心穏やかになれました。

  • 2016年本屋大賞受賞作
    ピアノの調律師の物語
    淡々と静かに話が進んでいく印象。
    今まで知らなかった世界で新鮮な感じでした。

  • 今更ですが、読みました。面白かったです。

  • 偶然居合わせたピアノの調律。
    羊の毛(フェルト)でできたハンマーが、鋼でできた
    線を叩く。
    その音色に魅せられ、調律師への道を歩み出した青年のお話し

    とくに大きな事件が起こるわけでもなく
    淡々とした日々だけど、すごく美しい。
    ひとつひとつコツコツと。
    純粋な青年と、そのまわりの人たちに
    穏やかな気持ちにさせてもらえます。
    深い深い森を感じさせる1冊。

  • これといった大事件はおこらず、淡々と物語は進んでいく。難解な心理描写もなく、でも読み進めたくなり、読んでいると心が綺麗になっていくような。穏やかな気持ちにさせる本で、かなりの人に勧めました。事件がないから、つまらないと言った人もいたけど、ほとんどの人がこの本の世界を喜んでくれました。

  • 明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体

    っていうのが好き。

    湖面のように静かで優しい文でした。

  • ストーリーはたんたんと進み
    決して面白いストーリーではないのに
    どんどんストーリーの中に自分が穏やかに溶け込んで行きすごく穏やかに読めた作品でした。
    1つの景色でも音でも、どれが一番なんてないし
    多くの人に価値の無いものでも、誰か1人のかけがえのない価値のある物になればそれはこの世界で一番の価値のある物になるんだと…
    いっぱい素敵言葉にもめぐりあえた作品でした。

  • 話題作だから読んどくか…と軽い気持ちで読み始めたけど、一瞬で本の世界に引き込まれた。文章の一つ一つを噛み締めながら読み進めるような作品。普段読まないジャンルだけど、この人の他の作品も読んでみたくなった。

  • 小説の楽しみって、これだった。
    改めて教えてくれた本。

    ストーリーの起伏や思いもよらぬ設定。それらも小説の魅力なのだろうが、彩りに過ぎない。

    ディテール、すなわち詳細。これが小説だ。リアルならいいというものではない。ここに、確かに存在する、そしてそこが心地よい。そういったものを表現してくれるのが良い小説だ。

    この本は、まさにこれ。ストーリーと呼ばれるようなものは、ほぼ無い。

    でも一人の青年が存在し、ほんのちょっと成長す
    る姿が見える。

    爽やかな読後感でした。

    ちょっと村上春樹っぽいけど。

  • ピアノの音色をこんな風に表現できるんだ〜と、作家さんの奥深さに感銘を受けた。
    どんな道でもコツコツと、努力を努力と思わず続けれることが才能というフレーズに、妙に納得。
    物語としてより知識の幅を広げてくれた作品でした。

  • 面白かった。言葉遣いとか森や自然の情景描写が美しくて、故郷の風景が懐かしくなった。

  • 2016年第13回本屋大賞受賞作。

    予備知識もなく、タイトルからミステリーものかと思っていましたが、いわゆるお仕事小説でした。
    羊と鋼とは、ピアノの羊毛フェルトのハンマーと鋼のピアノ線のことだったのでした。
    調律師の話で、主人公が調律師と出会って調律師として成長していく、王道的なつくりでした。
    青春の軽さがないのが、ちょっと物足りなくも、登場人物たちやエピソードが素敵で秀作だと思います。
    続編として由仁が調律師になる話が読みたいと思いました。

  • 宮下奈都さんの小説を初めて読んだ。
    好きな作家さんの1人になった。
    読み始めてからすぐに表現が綺麗だなと思ったし、言葉がすんなりと入り込んできた。
    自分にとってのターニングポイントで、その時にはまだ意味が分からないけど、惹かれていき、進む道を決めて迷いながらも歩いて行ける事にいいなと思いました。

  • ラストは幸せの涙が止まらなかった。派手な人に注目がいきがちだけど、自分のやりたいことをコツコツとまっすぐに進んでいくこと。自然と周りは見てくれる。人に惑わされずに自分の道を進んで行こうと思えた。決してつまらない人間なんていない。初めて知った調律師の世界。面白かったな。

  • まっとうに育ってきた素直な人のための本。あたたかくて静かで、励ましに溢れてる。
    仕事をはじめて1万時間たっていないくらいの人が読んだら励まされるのでは。
    仕事がうまくいかなくて辛かった3年前に読みたかったなあ。

  • 今まで全然知らなかった調律師の世界。
    面白かった。

  • 読みやすい本でした。あえて平坦なのが主人公の世界観を表現していたのかもしれない。

  • 美しい話だった。我が家にもあるはピアノ

  • 図書館で半年待ちで借りたもの。
    2016年本屋大賞受賞。

    静謐な文章、静かな森のような空気が感じられる物語。
    主人公と調律師との出会いがドラマティック。
    そのひと時だけで、調律師になりたいと思ってしまうんだからすごい。

    主人公の男の子は、感受性が強すぎやしないかい。
    綺麗な文章が魅力的ではあるんだけど、、こんな表現する!?
    っていうか。
    物語だと割り切ればいいんだけどさ。きれいすぎるというか…。

    メモ
    羊:弦を弾くハンマーのフェルトは、羊の毛から出来ている
    鋼:弦は鋼から出来ている
    羊と鋼=ピアノ

  • 静謐なストーリーと美しい文章。
    いずれ映画になる気がする。音がついたらとても素敵な映画になると思う。でも、この本は文字で読んでこそ美しい話だ。綺麗な文字の羅列を追っていると、日々の疲れやイライラや雑然や嫉妬とかいう汚いものから逃れて本当の自分の心の中と向かい合えて、ピアノと音と向かい合う外村くんのようになれる気がする。本棚に置いておきたい一冊だなあ。
    たぶんこの作家さんは初読み。他の本も読んでみたい。

  • 宮下さんは初読み。やっと読みました。タイトルがまず良い。学校のピアノを調律しに来た板鳥の様子に、調律師になろうと決めた外村くんの成長を描く物語。癖はあるけど良い先輩たちに見守られ、素敵な顧客(かわいい双子ちゃん)にも恵まれ、自分の道をコツコツと進んでいく様が小気味良いというか、一生懸命さが文字の間からこぼれてくる作品で、読んでいて心地よかった。一気読みでした。ピアノが聴きたくなるなぁ。

  • ピアノの調律師について知れた。何事も形になるまで一万時間、努力を惜しまず、その先を意識していくのも大切だ。

  • 作者と主人公の姿が、きれいに重なって見えた気がした。

    きっと、作者が文学に相対している姿勢が、主人公が音楽に相対している姿勢と、重なっているのだろう。
    実際、文学の表現が、外村の調律の指針にもなっていく。

    作者はこの本を、誰に届けたかったのだろうか。
    「たどり着いた」先の作者の書く物語を、楽しみにしたい。

全778件中 1 - 25件を表示

羊と鋼の森に関連するまとめ

羊と鋼の森を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羊と鋼の森を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羊と鋼の森を本棚に「積読」で登録しているひと

羊と鋼の森のKindle版

ツイートする