中島ハルコはまだ懲りてない!

  • 157人登録
  • 3.51評価
    • (10)
    • (21)
    • (34)
    • (2)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 林真理子
  • 文藝春秋 (2016年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163904795

中島ハルコはまだ懲りてない!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハルコといずみの掛け合いが、前作よりも距離感が近くなってるぶん丁々発止な感じが高まってて面白くなってました。
    それにしてもどうしても湯山玲子の姿が頭にちらつく…

  • さすが林真理子!
    面白い。ハルコさんの強引さが病みつきになりそう。

  • うますぎるほどうまい。

  • 「中島ハルコの恋愛相談室」に続き、バブリーで傍若無人な女社長が、医者の息子の進路問題、歌舞伎役者の浮気、相続問題など相談事を切っていく。
    スカッとして、面白かった!!
    (図書館)

  • 一冊目のインパクトには及ばず…。
    まぁまぁ面白い、けれど、話題がどうにも東京の一部のお金持ちに集中しがち。最近の真理子さんって話題がお金と出自に偏りすぎじゃない??ハルコシリーズだけ読んでる人には新鮮かもしれないけれど、もう東京のハイソサエティ~の話は食傷です。ハイハイお金持ちの優雅な暮らしはわかったわかった…。
    日本の編集者にレイプされたって嘘を書けとたきつけるのも、ちょっとやりすぎというか、痛快の枠を超えてしまってて残念。
    でも「1人では遊べない女」という表現は巧い!

  • 爽快爽快。ラストが最高。続々編が出たらまた絶対読むと思います。

  • 通勤電車で読みながら、ついつい笑ってしまいました。

    ハルコさんの一言でみんな背中を押されて一歩を踏み出していく、こんな人が近くにいてくれるといいですね。
    頼もしくて、愛すべきハルコさんですね。

  • ハルコがなんとなく林真理子を彷彿とさせて面白い。図々しいけど愛すべきおばさんだなぁと思うし、やっぱりどこかカッコイイ。

  • お節介で時々鬱陶しく思うこともあるけどこちらの行動に勢いを付けてくれるハルコさん。
    こういう存在って有り難いのかも。
    いづみちゃんが幸せになりますように。

全31件中 1 - 10件を表示

中島ハルコはまだ懲りてない!のその他の作品

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

中島ハルコはまだ懲りてない!はこんな本です

中島ハルコはまだ懲りてない!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中島ハルコはまだ懲りてない!の作品紹介

天上天下唯我独尊! 日本一、傍若無人な女社長、中島ハルコがパワーアップして帰ってきた! 今回持ちこまれる相談事も、医者の息子の進路問題、歌舞伎役者の浮気、相続問題とさまざま。その一方で、自分もドロボーに入られたり、五十女を脱がせたり、美魔女と争ったり、韓国では骨董屋の親父とバトル! 一方、ハルコに振り回されつつ、いつももめごとに巻き込まれるフードライターのいづみは、心許せる男性、熊咲と知り合いながらも結婚に踏み切れず、年上の既婚者に目が行ってしまう……。批判、炎上、なんのその。ハルコのズバリとした物言いに、皆が納得してしまう、痛快なコメディシリーズ第2弾。

ツイートする