なんでわざわざ中年体育

  • 237人登録
  • 3.38評価
    • (6)
    • (27)
    • (38)
    • (9)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 角田光代
  • 文藝春秋 (2016年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163905358

なんでわざわざ中年体育の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 角田さんがボクシングジムに通っているのはだいぶ前から知っていたが、その後スポーツクラブに入会し、走るのが嫌いと言いながらランニングを始めたときは、ただただ「偉いなぁ…生真面目だなぁ…」と他人事のように思っていた。それがいつの間にかマラソン大会に出るまでになり、本書ではトレイルランニング、登山、ボルダリング、ヨガにまで挑戦している。角田さんがますます未知の世界に足を踏み入れているように感じていた。何しろすさまじい運動音痴の私、大好きな角田さんのエッセイとはいえ、この内容にハマれるか不安な思いを抱えながら読み始めた…が、びっくり、意外とハマりました!
    色々な運動に挑戦の前半は、体験談という印象が強かったが、トレイルランニングやマラソンなど「走る」ことに軸を置いた後半は、どうやってタイムをのばしていくかという目標が明確になり、紆余曲折を経ながら少~しずつ成長していく過程が面白い!とはいえ、走る、登る、の苦しそうな描写はこちらまでしんどく感じられてしまい、ダメな人はダメかもな…。あぁ、私まで息苦しい~と辛くなってきたところで美しい風景の描写!活字を追いながら、苦しみも楽しみも疑似体験できるなんて、ちょっとビックリした。黙々と走るのが目的だと思っていたフルマラソンも、景色や沿道の応援、そして飲食を楽しみながら走ることができるなんて、初めて知った。ボルドーのワイン飲みつつマラソンなんて楽しそうだな~。ステーキとか牡蠣とか、おいしそうだった。
    本書きっかけでスポーツに開眼…はしないだろうけど、無縁だと思っていた世界の一部を覗かせてもらって、すごく新鮮でありました。

  • 角田さんはやっぱりすごい。
    かっこいい。
    マラソン大会で走っていて歩きたくなった時、「ここで歩いたら自分にばれる」と走り続けるそうです。
    かっこいい。
    怖いのは他人の目ではなく、お天道様でもなく、自分の目なのだ。
    負けない姿を自分に見せ続けることで、頑張り続けられるのかもしれない。

    マラソンはつらそうで、やってみたいなんて思えない。
    でも、ちょっとだけ、自分にも出来るのかどうか試してみたくなる。
    そんな本でした。

  • からだを動かせ。
    動かさないと、さび付くぞ。
    さび付くだけじゃなく、いろいろがたがくるぞ。
    このままだと待っているのはおそろしい未来だぞ。

    「健康」と「運動」にまつわる世間の警句はこのように満ち満ちている。
    そしてそれを目にするたび、「ああ、からだをうごかさねば・・・」と思うのだが、続かない。
    これっぽっちも続かない。

    だけど、わたしの場合運動嫌いというのは、学校の体育の「苦手さ」からきているように思う。一番の理由は「比べられる」
    だけど、大人になったら、運動して比べられるひとってほとんどいない。(アスリート以外)

    また、読書と同じで、手当たりしだい興味を持ったものを手に取って読んでみないと、自分がそれを好きなのか嫌いなのかむいているのかいないのかわからない。
    ゆえに、自分なりに、自分のペースで、からだを動かすことを意識しないといけない。
    世間に流されるのではなく。
    おとななのだから・・・。
    だれも、「体育の時間」とわざわざ作ってくれないのだから・・・。

    と、最近思うのでした。
    ま、とりあえずわたし、走るのは無理です・・・・。

  • 運動とは無縁だった(とご本人が書いている)角田さんが、中年になってフルマラソンに出場することになる。ご本人は、雑誌(ナンバーDO)の誘いがなければやらなかっただろう、とかいているが、東京マラソン・那覇マラソンと出場する。そのほかにも、トレイルランニングやらボルタリングやら山登りやら。苦手なのになぜか、やり続ける角田さん。
    その胸中を語りつつ、トライし続ける過程にフムフムと読み続けてしまう。

    私は、やっぱり走らないだろうなあ。

  • 私は登山やトレランはできないけれど、マラソンの部分では共感することが沢山。

    ロッテルダムマラソンは知らなかったが、かなり気になる。

  • 読んでて楽しかった。やろうとは思わないけど。

  • 914.6

  • 中年体育というほんわかしたタイトルとは裏腹に、フルマラソンやトレラン、ボルダリングなど、激しいスポーツばかりに挑戦している。しかもイヤイヤなのに決してやめない角田さんのど根性精神。じっと座って読んでいるのに、読み終わった後に筋肉痛になったかもと感じさせる(実際はしていない)。そして、私もマラソンしたくなった。

  • ランニングに対するモチベーションが一緒!
    ボルダリングは楽しみ

  • エッセイとしては面白い。
    山に登りたい

全37件中 1 - 10件を表示

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
村田 沙耶香
角田光代
宮部 みゆき
恩田 陸
森 絵都
奥田 英朗
塩田 武士
辻村 深月
辻村 深月
湊 かなえ
角田 光代
西 加奈子
西 加奈子
柚木 麻子
奥田 英朗
池井戸 潤
西 加奈子
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

なんでわざわざ中年体育を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なんでわざわざ中年体育を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする