四月になれば彼女は

  • 1196人登録
  • 3.27評価
    • (21)
    • (79)
    • (137)
    • (35)
    • (6)
  • 118レビュー
著者 : 川村元気
  • 文藝春秋 (2016年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163905532

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

四月になれば彼女はの感想・レビュー・書評

  • 精神科医、藤代は同棲中の弥生との結婚を目前に控えていた。
    四月。
    藤代のもとに大学時代の恋人ハルから9年ぶりに突然手紙が届く。
    なぜ、ハルは手紙を送ってきたのか…
    弥生との関係は…

    なんだろうなぁ…
    いまいちストーリーにのめり込めない。

    227ページのフレーズだけが心に残った。

  • 「いま、そばにいる人のことを本当に愛してますか?」そう問われているようで、読み終わった後も胸の奥の方でざわざわとした何かが動いている。
    誰かと出会い、誰かを愛し、誰かと共に歩いていく。当たり前のように繰り返されてきた「人生」は実は不安定で壊れやすいモノだという事に、本当はだれもが気付いているのかもしれない。だから、それに気付かないふりをして毎日誰かのことを「愛している」と言い続けているのかも。
    藤代とハルの出会いは自然でこのままずっと一緒に生きていくことが極々自然のながれだと思えていたのに。2人の人生が離れて行ったのは、あるいみ2人それぞれの存在があまりにも自然だったからか。
    終わってしまった恋に決着がつけられないまま生きている多くの人にとって、心の小さなささくれを刺激するビターな一冊。
    久しぶりにサイモンとガーファンクルを聴いた。卒業もまた観直してみたい。

  • ヨーロッパの映画のような感情的にならず静かに物事は進んでいく。
    その中に愛という存在をみんな求めてるようで求めていず、個々に散らばっていってしまう感。
    誰を愛し何を求め、どうしたいのか。

    ハルとフジは一緒にいるべきだったと私は思う。

  • 人が人を愛するという刹那的で確かな、なのに、その後の不確かな不安さ。
    掴んだはずなのに、砂が手から溢れ落ちるような、ほろほろとした感覚に満たされる。

    不確かなままに人は生きて、そして死に直面することでまた、確かにカタチが縁取られるものがある。
    身体の生と死。
    心の生と死。

    この作品の中では、人と人が交わることが、まるで瞬間で、一点であるような印象を受ける。
    フジくんとハル。弥生。妹夫婦。フジくんの同僚と患者の少年。
    そしてまた、静かにズレていくことに、もがき苦しんでいるように思う。

    私たちは、ずっと、同じ線上にいられることなんて出来るのだろうか。
    静かにズレていることに気付きながらも、黙ってそれを見送っているような気がする。
    でもある時、それがどうにもならない程に離れてしまったことに気付いた時。

    その時に、自分が曲がる勇気を持つかどうかで、次の点が生まれるのだな、と思った。
    稚拙なレビューだが、ほんとうに些細な、その勇気を見ることが出来た。
    美しく書こうとするほど、切ないストーリーだった。

  • 愛すること、愛されること。
    向き合うべき人との向き合い方。
    過去の自分と、現在の自分。
    ぼんやりと、でも避けがたいものを目の前に広げられているような感覚。
    温度がどこか低いままに進むストーリーが、わたしには心地よかった。
    タスクの言葉が、残るものが多かった。

    4月、初めて付き合った彼女からの突然の手紙。そこからこの話は始まる。「愛」と「恋」のかたちを探し確かめる旅のような物語だった。
    印象的な言葉や会話が多くあり、恋とは、愛とは、と問われ続けているような感覚がずっとあった。切ないと言うべきか、自分の奥底のものをきゅっとされるような感じか、うまい言葉が見つからない。
    きっと、繰り返し読みたくなる。そして読むたびに、少しずつ異なるものを受け取るような気がする。

  • なんとなく、もやがかかった景色を見ているような物語。でも、そのもやが最後には納得できたような、できないような。

  • 結婚式の準備をする精神科医の藤代と獣医の弥生。結婚に向けて一番盛り上がってもいい時と思うが、この二人はどこか冷めている。外国から手紙を送ってくる藤代の大学時代の恋人、貪欲に性を求める弥生の妹の存在、そして藤代の友人や家族。それぞれが、人を愛し愛されることに苦労しているように思えます。

    個人的には「もう皆、考えすぎ!」と思った。恋愛ってもっと単純に楽しめばいいものだと思うんだけどな。

  • はじめから悲しい予感しかせず不安でした。
    登場人物みんな何か抱えてて。
    春にとって初めて愛した記憶はずっと幸せな気持ちの自分を振り返れることだったのかな。せつない。
    けどその思いはラストにちゃんと繋がるし愛することをさぼりたくないと思えます。
    たとえ一瞬の愛のためにだとしても。

  • 幸せってなんだろう。愛ってなんだろう。

    『わたしは愛したときに、はじめて愛された。それはまるで、日食のようでした。』
    タスク『人は誰のことも愛せないと気づいたときに、孤独になるんだと思う。それって自分を愛していないってことだから』

    H29.3.5読了

  • 名作映画の描写が各所に散りばめられていて
    川村元気っぽさが出ているというかそんな感じがしました。
    今回のテーマは「愛」ということで人を愛するっていうことを
    真面目に考えたことがなかったなぁと思わされました。
    私も結婚して9年も経ちますが妻への愛情について
    ちょっと考えてしまいました。
    付き合った当初は愛情があったのかそして今はもう情しかないのか。

    主人公が精神科医なので考えすぎるというところはあるのかもしれませんが
    出てくる登場人物が皆あまりに真面目に「愛」について
    考えてしまうが故に自己破綻してしまっているような
    ちょっと哀しいストーリーでした。
    でも最後にハルが愛を日食に例えるところいい表現だなと思いました。

    どうでもいいですがウユニ塩湖とかネットで話題になった場所とかが
    出てくると安っぽい感じになっちゃうので
    わざわざ出す必要なかったかなぁと思います。

  • ほとんどの人の目的は愛されることであって、自分から愛することではない

  • なんか少し綺麗過ぎる気がする。
    もっと人にはドロドロしたところもあると思う。
    そういう描写もあったけど、表現し切れてない気がする。

  • 途中まではそこそこ楽しめたが、最後がピンと来ない。

  • 知らずに読んでまたこのオチシリーズかぁとw
    死ぬオチと主人公が精神病の小説は毎度ながら鬱陶しいながらついつい読み進めてしまう
    サイモン&ガーファンクルの歌がこの小説のタイトルになってるのも初めて知った
    話題作でなければ読まなかった系で同名タイトルの「四月になれば彼女は」もなんかの歌が引用されてたなーと思い出す
    あちらの本もgdgdな流れで同じ人が書いたの?って位gdgdな内容
    読みやすかったのでこの評価にした

  • 期待が高すぎたか。

  • 「恋愛小説」のなかでも「いい」と思えるものと「それほどでも」と思えるものの違いはなんだろう。藤代の一人称で書かれていた方が、より感情移入できたのではないか? 時間軸の切り替えでちょっと混乱、でもそれほど読みにくくはなかった。またまた偶然のタイミングの一致。マグリッドの絵:『彼女の色に届くまで』、動物と結婚した人:ジェシー・ベリングの本。

  • 塩の街からの手紙で一気にこの世界に引き込まれる。

    そうそう、この感覚。
    小説はこうでなきゃ!
    (何度も1章を読むくらいなら、本を閉じて正解←私の場合)

    最後の方は、なんとなくあらすじが見えちゃったけど
    そこまではよかったな。

    次回作も期待!

  • とりあえず話とは関係なく旅行に行きたくなる。

  • 愛とは恋とはについて考えさせられる。
    人を愛するのは一瞬かもしれない。

    確かに恋は風邪と似ているのかもしれない。

    色の薄い映像をイメージする綺麗な言葉で綴られていく物語。
    ラストのシーンは感動的ですが、これも本で解釈されている映画「卒業」と同じなのか違うのかは読み手次第なのかもしれません。
    行ったことのない海外のきっと素晴らしい景色を想像しながら読み終えました。行ってみたいです。

  • 愛の本質を探る物語。登場人物がそれぞれの愛に悩んでいて、共感できるとしたら後輩精神科医の奈々かな。私はもっと単純で良いと思う。

  • 題名と本の装丁が素敵だと思って読みたかった本。
    フィルムで撮る写真、手紙、行きたかった場所へ行くこと。
    ハルは想いを叶えていてうらやましくも感じた。
    好きって、結婚するってどういうこと?
    惰性で毎日を過ごしている自分には、甘酸っぱかった。

  • あまり何も残らない。耳障りのいい恋愛話。

  • 2017.7.25
    精神科医のフジと獣医の弥生。大学時代の彼女のハル。愛する、愛、って、本当に答えのないテーマ。正解なんて必要ないのかもしれない。

  • 文章が綺麗で読みやすい。切ない。映画でありそうな話。

全118件中 1 - 25件を表示

四月になれば彼女はに関連する談話室の質問

四月になれば彼女はを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四月になれば彼女はを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四月になれば彼女はを本棚に「積読」で登録しているひと

四月になれば彼女はの作品紹介

音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。――新海誠(アニメーション監督)イノセントかつグロテスクで、ずっと愛を探している。川村元気そのもののような小説でした。――星野源(俳優・音楽家)4月、はじめて付き合った彼女から手紙が届いた。そのとき僕は結婚を決めていた。愛しているのかわからない人と――。天空の鏡・ウユニ塩湖にある塩のホテルで書かれたそれには、恋の瑞々しいはじまりとともに、二人が付き合っていた頃の記憶が綴られていた。ある事件をきっかけに別れてしまった彼女は、なぜ今になって手紙を書いてきたのか。時を同じくして、1年後に結婚をひかえている婚約者、彼女の妹、職場の同僚の恋模様にも、劇的な変化がおとずれる。愛している、愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。けれどなぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去っていってしまうのか――。失った恋に翻弄される12カ月がはじまる。胸をえぐられる、切なさが溢れだす『世界から猫が消えたなら』『億男』の著者、2年ぶりの最新刊あのときのわたしには、自分よりも大切な人がいた。それが、永遠に続くものだと信じていた。

四月になれば彼女はのKindle版

ツイートする