ブクログ大賞

四月になれば彼女は

  • 1116人登録
  • 3.30評価
    • (21)
    • (73)
    • (125)
    • (29)
    • (5)
  • 104レビュー
著者 : 川村元気
  • 文藝春秋 (2016年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163905532

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

四月になれば彼女はの感想・レビュー・書評

  • なんか綺麗な話でした。

    ・写真を撮る
    ・手紙を書く

    この2つがやたらしたくなる作品です。

  • 精神科医、藤代は同棲中の弥生との結婚を目前に控えていた。
    四月。
    藤代のもとに大学時代の恋人ハルから9年ぶりに突然手紙が届く。
    なぜ、ハルは手紙を送ってきたのか…
    弥生との関係は…

    なんだろうなぁ…
    いまいちストーリーにのめり込めない。

    227ページのフレーズだけが心に残った。

  • 川村元気さんの本の主人公の男性って、毎回加瀬亮っぽい男性が頭に浮かぶ。
    個人的には、彼女ってそっちの彼女のことだったのか!と、少し残念なというか、切ない気持ちになりました。

  • それぞれの登場人物が、考えることをやめてない。空気がとてもよく伝わってくる本だった。後半怒涛。

  • ある日突然、大学時代の彼女から手紙が届いたトコから始まる物語。
    学生時代の若いからこそ掛け違えてしまう想い…と大人になって少し引いたところから見てしまう相手への想い…が細やかに描かれている本でした⭐︎
    表題にもなっていて物語にも出てくる、サイモン&ガーファンクルの「4月になれば彼女は」YouTubeに聞きに行ったら、川村さんの本を読んで聞きに来たって人がたくさん居ましたw

  • 前半は誰が書いたんだろう?

  • なんとなく気持ちはわかるけど、ストーリーの細かいところが少し雑な感じがする。

  • 文章は綺麗で整っているし、じんとくるものもあったのですが、何というか「軽さ」を感じた。

  • いつでもどこでも相手と連絡がとれるようになり
    好きな人の行動はSNSで可視化され
    恋愛から想像を膨らませる余地が消えてしまった。
    空気を読んで正しい行動ばかりが求められる世の中では、嫉妬と猜疑心の塊になってしまうヘビーな恋愛はどんどん敬遠されてしまう。
    現代は恋愛不毛の時代なのだそうだ。

    そんな時代に恋愛小説を書けば、こんな風に
    繊細で向こう側が透けてしまいそうなくらい透明な物語になるのだろう。

    他人に深入りすることが苦手な主人公が恋をする。頭で考えて恋愛をしているような姿がなんとももどかしい。。。
    一見さらりと読めてしまうストーリーのようで
    そこここに、恋愛が難しくなってしまった今という時代の形がくっきりと浮かび上がってくるようでした。

  • 映画を一本見たみたい

  • 人を、苦しくなるほど好きになることって
    生きてる間に経験できれば、良いよね。
    そういう気持ちにさせてくれる人に
    出会えるのは、素敵なことなんだと思う。

  • ここ10年くらいでヒットした恋愛映画のマッシュアップをベースに、いくつか気のきいたメッセージ、というか人生訓を織り込んだ作品、という印象。とても器用な人なんだなと思う。大沢たかお主演で映画化したらよろしい。

  • 「君の名は」などの映画プロデューサーの作品。うーん、今一つ響かなかったかなー。

  • 読み始めると止まらない。

    登場人物それぞれが、正解の無い問題を抱えていて、諦めたり見て見ぬ振りをしたり足掻いたりする姿に胸を締めつけられる思いがした。

    愛とは何かを考えさせられる。こんな恋愛をしてきただろうか。読んだタイミングもあり、かなり心に刺さった。

  • 愛は与えるからこそ生まれるもの。なくなったのではなく、見えなくなっているだけ。失えば痛いほどに気づけるもの。死ぬことと同じ。

  • なんとなく、もやがかかった景色を見ているような物語。でも、そのもやが最後には納得できたような、できないような。

  • 結婚式の準備をする精神科医の藤代と獣医の弥生。結婚に向けて一番盛り上がってもいい時と思うが、この二人はどこか冷めている。外国から手紙を送ってくる藤代の大学時代の恋人、貪欲に性を求める弥生の妹の存在、そして藤代の友人や家族。それぞれが、人を愛し愛されることに苦労しているように思えます。

    個人的には「もう皆、考えすぎ!」と思った。恋愛ってもっと単純に楽しめばいいものだと思うんだけどな。

  • 図書館で借りた本。
    精神科医の藤代の元へ、だいがくじだいに付き合っていた元カノから手紙が届いた。9年ぶりの彼女からの手紙には、南米ボリビアでウユニ塩湖に来ていると書かれていた。婚約中の彼女の事も本当に愛しているのかどうかもわからないまま、結婚しょうとしている。婚約者の妹から悩みを打ち明けられ、混乱したり、元カノを思い出して懐かしんだり。ぼんやりとした主人公だと思いながら、読了。

  • はじめから悲しい予感しかせず不安でした。
    登場人物みんな何か抱えてて。
    春にとって初めて愛した記憶はずっと幸せな気持ちの自分を振り返れることだったのかな。せつない。
    けどその思いはラストにちゃんと繋がるし愛することをさぼりたくないと思えます。
    たとえ一瞬の愛のためにだとしても。

  • 超ヒット映画のプロデューサーでもある川村元気さんの最新連載長編。面白かったし、泣けました。ただ、相変わらず心に響かない。川村さんは今作は「話を半分しか決めないことを自分に課しました」と仰っています。おそらくこれまでの作品が面白いんだけど、テーマ、舞台、セリフなどが計算されづくしていて意外性がないという評価に対する挑戦なのでしょう。では、連載作品であり、話を半分しか考えていないという今作はどうなったのか!?残念ながらとってつけたようなエピソードがしつこく並ぶなんだかなぁな出来となってしまいました。

  • ヨーロッパの映画のような感情的にならず静かに物事は進んでいく。
    その中に愛という存在をみんな求めてるようで求めていず、個々に散らばっていってしまう感。
    誰を愛し何を求め、どうしたいのか。

    ハルとフジは一緒にいるべきだったと私は思う。

  • 幸せってなんだろう。愛ってなんだろう。

    『わたしは愛したときに、はじめて愛された。それはまるで、日食のようでした。』
    タスク『人は誰のことも愛せないと気づいたときに、孤独になるんだと思う。それって自分を愛していないってことだから』

    H29.3.5読了

全104件中 1 - 25件を表示

四月になれば彼女はに関連する談話室の質問

四月になれば彼女はを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四月になれば彼女はを本棚に「積読」で登録しているひと

四月になれば彼女はの作品紹介

音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。――新海誠(アニメーション監督)イノセントかつグロテスクで、ずっと愛を探している。川村元気そのもののような小説でした。――星野源(俳優・音楽家)4月、はじめて付き合った彼女から手紙が届いた。そのとき僕は結婚を決めていた。愛しているのかわからない人と――。天空の鏡・ウユニ塩湖にある塩のホテルで書かれたそれには、恋の瑞々しいはじまりとともに、二人が付き合っていた頃の記憶が綴られていた。ある事件をきっかけに別れてしまった彼女は、なぜ今になって手紙を書いてきたのか。時を同じくして、1年後に結婚をひかえている婚約者、彼女の妹、職場の同僚の恋模様にも、劇的な変化がおとずれる。愛している、愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。けれどなぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去っていってしまうのか――。失った恋に翻弄される12カ月がはじまる。胸をえぐられる、切なさが溢れだす『世界から猫が消えたなら』『億男』の著者、2年ぶりの最新刊あのときのわたしには、自分よりも大切な人がいた。それが、永遠に続くものだと信じていた。

四月になれば彼女はのKindle版

ツイートする