1984年のUWF

  • 137人登録
  • 4.19評価
    • (17)
    • (25)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 柳澤健
  • 文藝春秋 (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163905945

1984年のUWFの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1981年4月23日。
    アニメのヒーロー・タイガーマスクが新日本プロレスでデビューする。
    既存のプロレスの全てを凌駕し、そして未だに彼を越えるプロレスラーは現れていない。
    日本中を熱狂させ、プロレスの全てを塗り替えた男は、わずか2年4ヶ月で引退。
    復帰したリングは、旗揚げ間もない「1984年のUWF」。

    プロレスか格闘技か。ファンなら誰もが通る葛藤。読み進めるのが辛いのに、ひどい言葉もたくさんあるのに、読むのを辞められない。

    「1976年のアントニオ猪木」にはじまるプロレスノンフィクションの第一人者が、プロレスファンが最も熱くなり、最もセンシティブになり、そして、泣いて酒を酌み交わす永遠のテーマ、UWFに切り込んだ。

    当時、学生運動に熱を上げるかのごとく、先鋭的にファンは支持した。
    1960年代。赤旗を振る学生のバイブルが資本論ならば、1984年のプロレスファンのそれは週刊プロレスだった。
    限られたチケットにありつけない多くのファンは、週刊プロレスの記事をむさぶるように読んだ。そして、熱く熱く己の中に籠っていった。先鋭化していった。理論、いや理屈に走った。

    夢のような時は、長く続かない。
    プロレスの先の先を目指した猛者たちは、別の道を歩むことになる。

    当時の週刊プロレスの編集長、ターザン山本がしばしば、この本では登場する。
    映画技士出身で、優れた文才をもった彼は、プロレス団体をある意味コントロールしていく術を見につけてしまう。
    行き過ぎた言動だけでなく、己の欲望を抑えきれなくなり、自分の競馬の小遣い欲しさに、全日本プロレスの馬場社長夫人に小遣いをもらい、敵対する団体の攻撃記事を書くようになる。大衆はそれを一時的に支持する。
    時代の評価を得た彼は、昇るところまで登り、やがて落ちていく。
    当時の堕落ぶりは、山本氏本人が自著で告白している。

    そしてこの本には、氏の証言が何度も登場する。

    「新生UWFに思想などなかった。彼らは金と女とクルマにしか興味のない人間。UWFとは何か、そんなことを真剣に考えている人間は、ひとりもいなかった」(P238)

    この本は、素晴らしいと思う。
    しかし、こんな証言を載せてしまっては、台無しだ。
    仏典には、「最高級の漆が千杯あったとしても、蟹の足を一本入れてしまえばすべてが台無しだ」とあるという。

    父子家庭で苦労し抜いた前田と高田。
    荒れた青春を、プロレスにかけ青春を燃やし尽くした日々。
    矛盾と葛藤に苦しみ抜き、文学に道を求めた前田。
    強くなるために、スター街道を捨ててUWFに参加した高田。
    そして、その温かい人間性ですべての人に慕われた山﨑。

    少々の文才のあるターザンが、こんな暴言を吐くことを、俺は許さない。

    こんな人物の証言を採用した柳澤氏は、重大な過ちを犯した。


    しかし、最後の言葉に、ストンと腑に落ちるものを感じた。

    「日本の格闘技はプロレスから生まれた。過去を否定するべきでは ないと思います」(中井祐樹)

  • 今だから書けるアプローチ。概ね佐山さんに寄り添った書き方。違う見方もあるので、許容範囲内。立ち位置が変われば見え方も違う。事実とはいえ野暮ともいえる。とはいえ別角度からの話は興味深くい読めた。

  • 一世を風靡したUWFを、真剣勝負のふりをしたプロレスと酷評する筆者の一冊ですが、それに熱狂したファンをないがしろにした書きぶりに怒りを覚えます。
    佐山や前田には書いてほしくないことかも知れませんが、諸悪の権化のように言われる猪木さんが、マードック戦後に「八百長でしょ?」と言った客を真横に吹っ飛ぶビンタを食らわしたのを見た私には、プロレスのそばにいながら貶めようとするのを見過ごすわけにはいきません。

  • 第二次UWF後期からリングスを経て"あの"桜庭×ホイス戦を見てしまうまでゴリゴリの前田信者だった僕には受け入れ難い内容も少々あったが、全体的には非常に腑に落ちる物で懐古主義的にもとても良い内容だった。
    週刊プロレスを何度も読み返して興奮していた高校時代にタイムスリップ出来た。
    時代が変わってもプロレスがキングオブスポーツだった時もガチじゃないと世間にも認識された今も一つだけ確かな事はどんな時でもプロレスラーは愛すべき大バカ者のトンチキ野郎共だと言う事。

  • 世の中の人を大きくふたつに分けると
    「矛盾」に対してうだうだ考えてしまう人と、
    「矛盾」を簡単にスルーできてしまう人がいると思う。
    これは中二病を解消出来たか、
    出来ていないかという程度の問題ではなくて、
    もっと深い部分での矛盾に対しての感性の違いだ。

    本書は1980年代のプロレス界という
    いかにもマニアックな世界を描いている。
    だからプロレスに興味のない人が手に取ることはない一冊だろう。
    だけれども前述した矛盾に対する感性の違いという観点から見ると
    まさに対象的なふたりの若者の物語として読むことが出来る。
    その意味では誰が読んでも面白いのではないのかと思う。

    いや、誰でもではないかもしれないな。
    矛盾を華麗にスルーできちゃう人が読んでもそれほどは面白くはないかも。
    でも、たいてい本を読んで喜んでいるのは(実用的な本は別にして)
    矛盾を華麗にスルーしたくても、みっともないほどに盾と矛について
    ひっかかって毎日寄り道しながら生きている人だと思う(笑)
    もちろん私もいろんなことに引っかかり続けながら日々過ごしている、
    だからこの本はとてもおもしろかった。(笑) 

    さてこの本の主人公のうちのひとり、
    矛盾にうだうだ考えてしまうほうはやっぱり大の読書家だ。
    リング内のマイクパフォーマンスで
    ヴェルレーヌの「選ばれし者の恍惚と不安と二つ我にあり」
    なんてカッコイイ言葉をチョイスしたりする。
    その男は前田日明というプロレスラーだ。

    そしてもうひとりの主人公は昭和50年代のほとんどの少年たちの心を
    一夜にして鷲掴みにした男、タイガーマスクこと佐山サトルだ。
    この佐山サトルという男、プロレスの天才でありつつ
    矛盾を華麗にスルーすることにかけてもやはり天才的な男のようだ。

    そもそもがプロレスというものの存在自体が矛盾で出来ている。
    なんせ真剣に生命をかけて毎日嘘をつく職業なのだ。
    プロレスの試合はスポーツの世界でいう真剣勝負というものはない(特別なケースを除いて)。
    試合の結果というのは事前にほとんど決まっている。
    その枠の中でいかに観客を楽しませることが出来るか?
    ということに生命をかけながら仕事をしている。

    リング内でいかに見事な演技が出来るかが勝負といえるので
    役者との比較がされることもある。
    しかし大きな違いは役者が虚構を演じているということを
    自他共認めながら演ずるのに対し、
    プロレスラーは虚構であることを観客に対して
    隠さなくてはならない、気づかせてはならない、という矛盾を抱えていることだ。

    この大前提に対して、当時20代の若者であった
    前田日明と佐山サトルという対象的なふたりがどう行動したのか?
    それを綿密な取材をもとにスリリングに描かれている。
    書き方もうまいのでふたりのその後を知っている私も
    ついついこの先どうなるんだろう?とドキドキしながら一気読みしてしまった。
    この時代のプロレスについて書き始めると
    永遠に終わりそうもないのでこのあたりでやめておこう(笑)
    が、やはり大変おもしろい一冊であった、ということだけは書き残しておきたい。
    そして真剣に嘘をつき続けて、心から楽しませてくれた
    あの時代のプロレスラーたちに対する尊敬の念も改めて強く持った。
    2017/09/06 03:26

  • 面白かった。

    そうとしか言えん。
    第二次UWFの頃からあんまり見れなくなったけど、流れはずっと気になってた。
    やっぱり佐山は好きになれない。それは変わらない。
    圧倒的なのは前田であったが、前田もそうだったのか。
    高田は、なんであんなバカになったんだろう。

    いずれにしろ、こういうことに未だにこだわり続けられることが、プロレスなのだと思う。

    おれは、いい時代に生まれてきたんだと思う。

  • 「選ばれし者の恍惚と不安、二つ我にあり」前田の言葉を共有し、熱狂の時代を生きた者として、今だからケジメとして読む事が出来るノンフィクション。選手ではなく、UWFを興行ビジネスとして見てきたフロント側などへの取材から書かれた内容は、冷徹なほどリアル。表紙が前田ではなく、タイガーマスクである通り、佐山寄りではあるけれど、関係者からの証言描写としては、それがリアルなのであろう。UWFファンにとっては『介錯』として重厚な一冊。

  • 猪木の偉大さと狡猾さ、佐山の純粋さと愚直さ、中井の懸命さ、そして、藤原、前田、船木、高田…。あの頃私達は紛れもなく大きな“夢の砦”の中にいた。そして…
    UWF 猛者(つわもの)どもが 夢の跡。

  • 48-5-5

  • ‪僕はUWFをリアルタイムでは体験していない。それでもプロレスから総合格闘技に至る歴史を語る上でUWFがいかに重要な存在なのかが読んでいく内に分かった。こんなに濃い物語があったのか…点と点が線で繋がる感覚。今のプロレス・格闘技ファンにもオススメ。歴史を知ればより面白くなるはず。‬

全24件中 1 - 10件を表示

柳澤健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
中村 文則
横山 秀夫
塩田 武士
池井戸 潤
西 加奈子
村田 沙耶香
吉田 豪
ピエール ルメー...
東山 彰良
水道橋博士
米澤 穂信
増田 俊也
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

1984年のUWFを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1984年のUWFを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1984年のUWFの作品紹介

プロレスか? 格闘技か?現在のプロレスや格闘技にまで多大な影響を及ぼしているUWF。新日本プロレスのクーデターをきっかけに、復讐に燃えたアントニオ猪木のマネージャー新間寿が1984年に立ち上げた団体だ。アントニオ猪木、タイガー・マスクこと佐山聡--、新間にとって遺恨はあるが新団体UWFにはふたりの役者がどうしても必要だった。UWF旗揚げに関わる男達の生き様を追うノンフィクション。佐山聡、藤原喜明、前田日明、髙田延彦……、彼らは何を夢見て、何を目指したのか。果たしてUWFとは何だったのか。この作品にタブーはない。筆者の「覚悟」がこの作品を間違いなく骨太なものにしている。【目次】序章 北海道の少年第1章 リアルワン第2章 佐山聡第3章 タイガーマスク第4章 ユニバーサル第5章 無限大記念日第6章 シューティング第7章 訣別第8章 新・格闘王第9章 新生UWF第10章 分裂終章 バーリ・トゥードあとがきにかえて ~VTJ95以降の中井祐樹[特別付録]1981年のタイガーマスク【著者プロフィール】柳澤健(やなぎさわ・たけし)1960年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、メーカー勤務を経て、文藝春秋に入社。編集者として「Number」などに在籍し、2003年にフリーライターとなる。07年に処女作『1976年のアントニオ猪木』を発表。著書に『1985年のクラッシュ・ギャルズ』『1993年の女子プロレス』『日本レスリングの物語』『1964年のジャイアント馬場』『1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代』がある。

1984年のUWFのKindle版

ツイートする