出会いなおし

  • 631人登録
  • 3.61評価
    • (22)
    • (48)
    • (50)
    • (5)
    • (4)
  • 62レビュー
著者 : 森絵都
  • 文藝春秋 (2017年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906201

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

出会いなおしの感想・レビュー・書評

  • 表題作「出会いなおし」と他5作、すべてが出会い、別れ、再会、また別れを描いているように思えた。
    人生は出会いと別れの繰り返し。佐和田さんのように「ああ、年をとるって、面白い」と思える私でありたい。

    「出会いなおし」
    おなじ相手に、何回も出会いなおす。人は会うたびに知らない顔を見せ、立体的になる。

    「カブとセロリの塩昆布サラダ」
    主婦のプライドをかけた孤独な戦い。もしも、惣菜売り場で買った、カブとセロリの塩昆布サラダのカブがダイコンだったら…。清美は惣菜売り場に電話をいれる。スーパー主婦やわ(⁎˃ᴗ˂⁎)
    1番好きな話だった。いつの時代の話だろう?ちょっと不思議な感覚。

    「ママ」
    苦しい時悲しい時、黒いバッグを持ったママに会いたくなる。

    「むすびめ」
    子供の頃の忘れられない失敗。あるある。いつまでも胸に疼くあの時の事をはっきりさせたい彼女が向かった先は小学校の同窓会。あったね〜、あの番組!

    「テールライト」
    輪廻転生。何度も何度も繰り返す、出会いと別れを描いている。願うことは…、どうか、どうか、どうか。最初の出会いが凄い。

    「青空」
    切ない再会。高速道路を走っていたら前のトラックからベニヤ板が飛んできて…。本当に1、2秒があんなに長いのだろうか、語りが面白い(笑)

  • 表題作「出会い直し」と「カブとセロリと塩昆布のサラダ」、「むすびめ」が特によかった。

    年を重ねることで、見えてくるものもある。

    考え方を変えれば、一緒に暮らしている相手でさえも、毎日出会い直せるんだ。

  • 過去を振り返ってみるまでもなく、
    思い出すだけでウワ~~~ッと声をあげたくなるような失敗や恥ずかしい出来事は山ほどある。
    あの時あんなこと言わなければよかった・・・なんて後悔ならもうわんさかと星の数以上にあるんじゃなかろうか。
    タイムマシンがあったらなぁ、、、と思わなくはないけれど
    そんないつやってくるかわからない未来を待たなくても過去は変えられるのだ。
    この本の主人公たちは
    気まずく疎遠になってしまった人と、
    もう二度と会えないはずの人と、
    ムカついて、ぜってーゆるさねー!と思っていた人と、
    それぞれもう一度出会いなおし
    少しだけ今を変えていきます。
    でも主人公たちが本当に出会いなおしたのは
    あの頃の自分より成長した自分の姿なのかもしれない。
    少しだけ過去と向かい合う勇気をもらえた気がする小説でした。

  • 帯の一文。「年を重ねるということは、おなじ相手に、何回も、出会いなおすということだ」。
    本当に縁がある人とは、一度関係が途切れたように思っても、また出会って再びの交流が始まることがある。ということは、たったの30数年しか生きていない私でも知っている。

    5編からなる短編集で、表題作はまさしく2人の男女が“出会いなおし”を何度も果たす物語。
    その2人は恋人にも友人にもなったことはない。女性イラストレーターと男性編集者をいう仕事を介した関係性なのだけど、ものすごく強いというわけではなくとも静かに長く続く結びつきには、一度でも濃くあった関係性よりも縁の確かさようなものを感じた。
    消え入るようにふっと途切れたものだけど、心の中にはずっと残り続けている。恋焦がれるような強さはないけれど、ふとした瞬間にまた会ってみたいと感じる。どんな人間にもそう思える相手が存在するような気がする。

    その他の4編にも、「出会い」「別れ」「再会」の匂いを根底に感じた。
    それは人に限らず、自分自身の中にあった想いであったり、過去の記憶であったりもする。
    すっきりしないまましこりのように自分の中に在り続けた過去の思い出と、時を経て再び触れる機会が訪れ、また別の視点からその思い出を見つめることが出来た時、そのしこりが優しく解れていく。そういう過去の出来事との「出会いなおし」も、きっと長い人生の中で何度か訪れる。

    表題作の他は、「カブとセロリの塩昆布サラダ」と「むすびめ」が特に好きだった。
    実際自分の身に起こってもおかしくない現実感と、わだかまりが解れる瞬間のカタルシスが心地良い。

    一度離れた人と再び「出会いなおし」を果たした時、その相手について、とても変わった部分と全然変わっていない部分の両方を感じることがある。
    それはきっと自分も同じで、様々な経験を積み重ねることで変化していく部分と、生まれ持ったまま変化しない部分がある。そしてそのことを恐らく、私と出会いなおした相手も感じているのではないかと思う。
    そしてそれは自分自身の中でも起こりうることで、まっすぐに生きていれば、時とともに更新されていく自分と「出会いなおし」を果たす瞬間があるのだと、読み終えた本を閉じながら思った。

  • 出会いをテーマにした6つの短編。
    6つの作品それぞれが、違った個性をもっているため、全体として立体的な作品になっている。

    特に、標題作の「出会いなおし」がいい。
    ーー年を重ねるということは、同じ相手に、何回も出会いなおすということだ。会うたびに知らない顔を見せ、人は立体的になるーー
    この言葉、噛み締めるほど味が出る。

    もうひとつは「むすびめ」から、
    ーー理解しあうために必要な年月もある。人は、生きるほどに必ずしも過去から遠のいていくのではなく、時を経ることで初めて立ち返れる場所もあるのだーー
    うん、時を重ねることは悪いことばかりじゃないね。

    そして、「テールライト」の不思議な構成。
    ラストに掲載された、「青空」の孕む希望。
    適度な重量感と、軽快さと、清々しさを味わえる作品。

  • 大好きでした。
    短編小説が6つ。出会いなおしが一番好き。
    ユーモアのある表現も好きでしたし、物語の展開もありきたりでなく、でもワクワクしました。

  • 失敗しても年を取ればまた同じ人と出会い直せばいいのかぁ。しみじみといいお話が6編。
    イラストレーターと編集者の「出会いなおし」が好きでした。変わっていく相手を受け入れていけるっていいことだな。男女でも必ず恋愛関係になる必要はないし、遠くでずっと思い続けるって素敵なことだと思いました。
    小学校の時気まずく別れたままの2人が同窓会で再会する「むすびめ」も良かったです。

  • 最後のお話が、一番心にズンと響いた。
    もちろん、その他の話もそうだけど。

    何処かで踏ん切りをつけて前に踏み出すのは並大抵では出来ないって事ですかね。納得です。

  • 短編集。どれも面白かったです。ただ「テールランプ」は運命の相手と輪廻を繰り返し出会う物語だと勝手に思い込んでいたので、ラストで拍子抜けしました。アニメのムーミンではムーミンママが主人公だと私も感じていたので、「ママ」のムーミンママ論には納得。最終話は特に泣き笑いの感動作でした。森さんらしい温かな作品集でした。満足です。

  • 勝手な想像だけど、この短編集のテーマは、「出会い」なんだろうな・・・。
    出会って、別れて、また出会って。
    一瞬の遭遇、深く強い感情、揺さぶられて、ひきずって、また出会いたいと思い、でも出会えないことのほうが多いから、出会えた時のよろこびはひとしおで。

    「みかづき」のような、長編とはまたちがった味わいのある、森絵都さんの短編。

    とりとめもなく、いろんなことを読みながら感じさせてくれる。

  • とてもよかった。昔読んだ「永遠の出口」や「カラフル」の森絵都さんが好きで直木賞の「舞い上がるビニールシート」には違和感を持ったけれど、この作品は人生の深みとか味わいとか、機微とか、いろんなものを感じさせてくれ、また森絵都さんの本を読み続けたいと思った。

  • すごく良かった!
    「カブの塩昆布サラダ」って名前だけですごく美味しそう…私も食べたい…。

    どの短編も良い!!
    「年が進むほど慌ただしくなる」って、確かにそうですよね。

    短編って、登場人物に感情移入することなく読み終わってしまう作品もあるけど、森絵都さんの作品はキャラが良い。だからすぐ感情移入できちゃいます。

    「みかづき」に続いて本当に良かった。
    新作が今から楽しみです。

  • 人の出会いにまつわる短編集。
    ありがちな話と思いきや、コミカルな部分も入ってて、そしてじんわりする部分もあったり。
    読み始めたら一気に引き込まれてしまう文章表現力。
    ふわっとした優しい文章中の鋭い部分。
    さすがです。
    どの短編もすばらしいのですが、あえていえば「出会いなおし」と「むすびめ」が好み。

  • 歳を重ねることは、何度も出会い直すということだ

    このフレーズ素敵だなと思った。
    自分以外は所詮他人。
    毎年歳を重ねるごとに、その人の知らない顔を知っていく経験ができる。
    これを表すには、出会い直すという言葉がぴったりと思った。

  • すごくよかった。日常、ふとした時に出会いなおす。それで劇的に何かかわるわけでもない。でも小さな光の兆しに微笑むことができる。そんな作品。
    テールライトについては、奥深いところにズンとくるような、言葉よりも原始的な感覚が生まれて、すごく心に残った。

  • 6つの短編集。 どれも出会い 別れ 再会を含んだ出会いなおしがテーマ。 惹き付けられる作品ばかりだったが あたしは『むすびめ』が好き。 ずっと心に残るわだかまりを ようやく溶かせたあのスッキリ感!! 良かった!

  • 出会いなおし
     イラストレーターの佐和田さん(女性)から見た編集者の成澤清嗣の時を経たご縁での性格・ファッション・職業等の変化。

    カブとセロリの塩昆布サラダ
     こだわりが面白かったです。電話を受け付けた北里主任が女性であるとわかったのは、出てきて5ページもすすんでから。それまで男かと思い込んで読み進めていた。なぜ?実際、リアルで著者がクレームをつけ応対したのが女性で著者にとっては女性が当然だったから??まさかね…。
    カブのメニューは途中で読み飛ばしました、ネットを見てメニューを拾ったように感じたから。ごめんなさい。

    ママ
    私も苦境に立った時「おかーさーん!」と思います。でもその「お母さん」は実際の私の母に向かっての助けではない。 

    むすびめ
     小学生の頃に言えなかった一言を15年後の同窓会で伝え合う。

    テールライト
     ちょっと川上弘美さん風の作品。
    時代や種を超え輪廻で巡り合う祈り。
     
    青空
     妻が亡くなった後の夫とその息子の出来事。

  • 大人とは、裏切られた青年の成れの果て とかという言葉がある。
    数少ない友人・知人にも、時を重ねるなかで、関係性がささくれることが出てくる。そうすると、それ以上会う元気もなくなり、容易に他人、それ以下の関係になってしまうことも。
    寂しいもんだな、と思うことが多い今日この頃。

    この本は、そんな寂しさを、少し軽くしてくれる。

    少し、軽めの短編集だけど、上記の意味では、なかなかよい本。

  • 表題作「出会いなおし」と他の短編
    同様に 出会いなおしを描いている感じでした。

    カブと大根の話がよかった。

    ちょっと長い「テールライト」はよく意味がわからなかった。全部別の話として読めばよい?

  • 2017.07.07読了 22

  • 意外にも著者初読み。
    ブクログでのレビューがとても良かったので、読んでみた。短編集なのだが、私はどれも何が伝えたいことなのか、いまいちよく分からなくて、全ての作品が中途半端にしか感じなかった…多分、作者さんの好みの問題かなぁ。

  • 図書館で借りた本。
    短編集。どれもこれも、少し不思議で少し暖かい感じのする話。「出会いなおし」編集者が久しぶりに会ったらチャラくなっていた話「カブとセロリの塩昆布サラダ」デパートで買ったサラダにはカブではなく大根が入っていた「ママ」ムーミンママにあこがれていた「むすびめ」30人31脚「テールライト」生まれ変わり「青空」妻を亡くした夫とその子、事故で亡き妻に救われる

  • 印象に残っているのは三十人三十一脚の話しかな。あれが一番実際にありそう。
    タクシー→闘牛→アフリカの村(多分)→チェルノブイリは同時進行なのか、生まれ変わりなのか?

全62件中 1 - 25件を表示

出会いなおしを本棚に登録しているひと

出会いなおしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

出会いなおしを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする