ひとめぼれ

  • 70人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 畠中恵
  • 文藝春秋 (2017年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906331

ひとめぼれの感想・レビュー・書評

  • 吉五郎の家を中心とした物語が展開され、養父の小十郎様が多く登場!かっこいいです。
    家同士が決めた結婚だったり、幼少から許婚が決まっていたりする中、恋に落ちて暴走してしまう若者たちの、どうにもならない想いがめぐります。
    前作より少し読みにくくなったような…。

  • 内容紹介
    お気楽者の跡取り息子、大いに気を病む。 思いがけずに雪見に誘われ、同心の養子となった盟友・吉五郎の様子がおかしいことを悟った町名主の跡取り・麻之助。 吉五郎には一葉という許嫁がいるのだが、その目はほかを向いており……。いつの世も思い通りにならない、人の生死と色事。泣きたいときほど泣けない「まんまこと」ワールド、慟哭の第六弾。 札差の娘と揉めて上方へ追いやられた男。その思わぬ反撃とは。「わかれみち」/盛り場で喧伝された約束が、同心一家に再び波紋を呼び起こす。「昔の約束あり」/麻之助の亡き妻に似た女にもたらされた三つの縁談の相手とは。「言祝ぎ」/火事現場で双子を救った麻之助は、新たな騒動に巻き込まれる。「黒煙」/行方不明の男を探すため、麻之助は東海道へと旅立とうとする。「心の底」/沽券が盗まれた料理屋から、一葉が消えてしまったのは何故か。「ひとめぼれ」

    内容(「BOOK」データベースより)
    札差の娘と揉めて上方へ追いやられた男。その思わぬ反撃とは(「わかれみち」)。盛り場で喧伝された約束が、同心一家に再び波紋を呼び起こす(「昔の約束あり」)。麻之助の亡き妻に似た女にもたらされた三つの縁談の相手とは(「言祝ぎ」)。火事現場で双子を救った麻之助は、新たな騒動に巻き込まれる(「黒煙」)。行方不明の男を探すため、麻之助は東海道へと旅立とうとする(「心の底」)。沽券が盗まれた料理屋から、一葉が消えてしまったのは何故か(「ひとめぼれ」)。いつの世も思い通りにならない、人の生死と色事。泣きたいときほど泣けない、「まんまこと」ワールド、慟哭の第六弾。

  • 【お気楽者の麻之助が、本気で気を揉む事態とは!?】同心の養子となった吉五郎の様子がおかしいことを悟った、麻之助と町名主の清十郎。吉五郎には一葉という許嫁がいるのだが……。

全3件中 1 - 3件を表示

ひとめぼれを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとめぼれを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとめぼれはこんな本です

ツイートする