僕が殺した人と僕を殺した人

  • 277人登録
  • 3.62評価
    • (10)
    • (29)
    • (18)
    • (7)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 東山彰良
  • 文藝春秋 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906430

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

僕が殺した人と僕を殺した人の感想・レビュー・書評

  • 両親と別れて過ごすことになったユン、幼馴染みのでぶのアガン、喧嘩っ早いジェイ。3人少年が出会い、かけがえのない日々をともに過ごす。30年の時を経て、彼らは連続殺人鬼、国際弁護士、成功した商売人となり再び人生が交錯する。
    それぞれが複雑な家庭環境のなかでもがき苦しみながらも精一杯生きていくが、同時に両親もまた日々の苦しみにもがき続けている様が綴られる。ミステリーというより、友情や孤独を描く青春小説。面白かった。

  • サックマンという連続殺人犯と台湾を舞台にした1984年の悪ガキ三人組.二つの重ならないはずの物語が交差した時,震えが来るほどの衝撃を受けた.どこで運命が狂ったのか,どこにも持って行きようのない運の悪さに,哀しみだけが残った.表紙の絵もどことなく不気味な予感がして,いい.

  • 著者初読み。
    直木賞を受賞した作家さんであることは知っていたけど、受賞作にはあまり興味がなく、この作品もネットニュースで取り上げられていたこと、タイトルからミステリーだと思い込んで読んでしまった…
    7人の少年を殺害したことで、アメリカで逮捕された「サックマン」この事件の謎を解く話かと思いきや、「サックマン」が犯罪に手を染めてしまった原因があったと思われる青春時代の話を描いている。
    「サックマン」の正体、この物語の書き手である「わたし」が分からないように、ストーリーが展開する。青春時代である1984年と、「サックマン」が逮捕された2015年を行ったり来たりする展開だが、主点が変わるので、私には読みにくかった。舞台が台湾なので、普通にカナ表記されるものを漢字で表しているのも、かなり苦戦した。
    友情の物語と称賛している意見も多いが、少なくても、私はこの4人に感情を移入することも出来ず…残念…

  • 良かった、とても良かった。

    アメリカを騒がす連続殺人鬼サックマン
    30年前、わたしは彼を知っていたーー
    13歳だった頃の、3人の少年たちのことがていねいに描かれ、その合間にサックマン事件のエピソードが差し込まれる。
    後半で、過去と現在がつながる、という構成。

    読みやすいのに隙のない精緻な文章で、
    比喩表現も優れているのに然り気無く嫌味がない。
    日本語で書かれた小説であるが、翻訳ものを読んでいるような錯覚に度々陥った。アメリカ人の台詞回しがすごくアメリカっぽかったり。

    台湾に行ったこともないのに、暑さや、日光や、路地のにおいが、ありありと目に浮かぶようだった。
    そんな街で展開する、すこし粗っぽいけれどキラキラと煌めく青春。それも、やがてひりひりと痛いものになっていく。

    私は女なので、13歳の男子たちの友情の有り様や流儀は知らないのだけれど、リアリティを感じた。
    結局は子どもはどんなに抵抗しようと反抗しようと、大人によって運命を左右されてしまうのだというやるせなさや、
    怒り、失望してもなお、親に囚われてしまう心理に、非常に共感した。
    その澱から生まれる破壊的な衝動も、わかるように思う。
    それぞれの少年の抱えるものの重さが、辛かった。

    キャラクターもいい。
    アホンさんの、ちゃらんぽらんのロクデナシなんだけど憎めない感じが好きだ。

    最も印象的だったのは、ユンが蚕になるという場面。あの、現実なのか白昼夢なのか曖昧な、だけれどとても真実味のある怖さ。
    この場面まで読んで、本当に優れた作家だと思った。そしてその思いは最後まで裏切られなかった。

    物語のどんでん返しも、着地点も文句なし。
    辛い青春ではあるものの、読後感は爽やか。
    本当に良い小説だった。

  • とても良かった!兄を亡くし、両親と別れて過ごすことになったユン、でぶのアガン、喧嘩っ早いジェイ。3人が過ごした少年時代が描かれている。ページを開くと、一気に1984年の台湾に連れて行かれる。蒸し暑く、いろいろな匂いの入り混じった台湾の夏。ところどころで現在の殺人鬼サックマンの話が差し込まれるが、とにかく少年時代の濃密な日々に惹き寄せられる。彼らはどこかで決定的に間違えてしまった。「これから彼といっしょに、長い長い螺旋階段を降りていくことになる。楽園にたどり着けるとは思わない。ただ、いっしょに歩いていく」

  • 20015年アメリカで7人の少年を殺した連続殺人鬼が逮捕された。犯人は台湾人…。というところで舞台は80年代の台湾に移る。兄を亡くし両親と別れて暮らすユン、牛肉麺屋のアガンとその弟、喧嘩っ早いジェイ。4人が過ごした少年時代が描かれる。その中の一人が後の殺人鬼に?!。牛肉麺屋で煮立つ八角とスープの香り、街の雑踏や、暑い夏の空気…。目の前にありありと浮かぶような描写の数々…。ストーリーは映画「スタンド・バイ・ミー」や「ミスティック・リバー」を思い出させます。青少年時代のノスタルジックで苦い思い出と現在の交錯する傑作小説!

  • 1980年代の台湾。3人の少年が出会い、かけがえのない日々をともに過ごし、そして別れていった。やがて二十数年後、彼らは連続殺人鬼、弁護士、その依頼人として再び運命を交える。

    連続殺人鬼になったのは誰か?という部分に関して著者は謎解きを重視していない、というレビューを読んだ。
    確かに最も重要な部分はそこではない。
    でもミスリードを誘った上での謎解きも、十分読みごたえがあり素晴らしい。

    それぞれ家庭の影の部分を背負い押しつぶされそうになりながら生きていく少年たち。 何度倒れても立ち上がるのは、動物的な生存本能に突き動かされているから。 絶望の中の一瞬の光を彼らは生きる。

    両親もまた日々の苦しみにもがき続けている。
    親たちの選択がまたその子たちを苦しめる。
    日本よりも家族の絆が強い台湾の、血のしがらみが深く彼らを傷つける。

    「流」以上の、心に届く物語。

  • 30年前、それぞれの事情のもと、絶望し、怒り、それでも家族を愛し、葛藤しながら友と過ごした日々。秘密を、闇を、贖罪を抱きながら別々の道を歩んだ彼らが、30年後に見た現実は?正しいことは何なのか?受け入れること、与えること、罪の重さ、友情。何とも云えぬ読後感だ。

  • 初出 2016〜17「別冊文藝春秋」

    まるでノンフィクションのように社会的なリアリティと重みのある作品。この読後感をどう表現したらいいものか。

    2016年のデトロイトで、連続少年殺人犯として逮捕された”サックマン”。その弁護を依頼された弁護士が警察署に面会に行く。

    1984年の台北で中学生だったユンは仲間の2人の少年たちと日本の漫画やアメリカの音楽、ブレイクダンスなどに傾倒していたが、一人が継父からの激しい暴力を受けていることに怒り、毒蛇を使って殺そうと計画するのだが、手違いで悲劇が起きる。

    2つのストーリーが意外な形で繋がっていく。

  • 重たい内容だけど紛れもない青春小説。どうしようもないけど救いはあるかな。読んで良かった。

  • 複雑ぅ~。
    なるほど、あの人がああなって
    この人がこうなって
    で、あの伏線が……

    でも結局、子供たちを殺してしまわなければ
    ならない理由にはならんなぁ。

    映画「セブン」を思い出した。

  • 素晴らしくおもしろい本。読んでよかった。東山さんの本は「流」を読んだことがあり、この本が2冊目。「流」を読み、この本を読む間に、映画「クーリンチェ少年殺人事件」を観た。私にとって、台湾は特別な場所になりました。

  • 商品の説明

    一九八四年、台湾で四人の少年たちは友情を育んでいた。三十年後、そのうち一人が全米を震撼させる殺人鬼に。超弩級の青春ミステリ。

  • 想像通りでした。が、
    面白くて一気読みしたいのに
    なかなか時間が取れず、チョコチョコ読み。

    最後がなぁ…

  • スタンバイミー風のミステリー的文学作品

     漢字が多くとても読みづらかったが、なんとか読了。筋は半分くらいで読めた。あとは子供時代と犯罪者時代の隙間を知ること。この隙間は深くて暗い。この隙間は絶望的ではなく、希望的な暗さって表現したいな。なかなか新鮮な作品だった。

  • 作者の得意とする台湾土着物だが、なぜか米国での連続少年殺人事件が絡む。

    途中で読者の先入観が覆され、瞬間混乱するが、後半できちんと回収される。

    「路」ほどのインパクトはないが、作者の特長は十分味わえる。

  • うーん。
    読み続けられたけど、正直そこまでかな。人に勧めるほどという感じ。

  • 2017年8月西宮図書館

  • 2016年のデトロイトで、連続少年殺人犯として逮捕された”サックマン”。その弁護を依頼された弁護士が警察署に面会に行く。
    青春時代である1984年と、「サックマン」が逮捕された2015年を行ったり来たりする展開だが、
    1984年の台北で中学生だったユンは仲間の2人の少年たちと日本の漫画やアメリカの音楽、ブレイクダンスなどに傾倒していたが、一人が継父からの激しい暴力を受けていることに怒り、毒蛇を使って殺そうと計画するのだが、手違いで悲劇が起きる。
    死体を見たアガン(ザックマン)が、マンションから転落してしまった。
    サックマンも、脳の損傷による凶暴化を指摘される。「わたし」は、「脳の損傷」が起こってしまった出来事を知っている。それに自身もかかわっている。つまり、三十年前のあの出来事のせいで、現代のアメリカで七人もの少年たちが命を絶たれてしまったのではないか。
    兄モウが何者かによって殺害されたことから、彼の家庭は不幸の坂を転げ落ち始める。精神の均衡を崩した母を転地療養させるため、両親はアメリカに旅立った。ユンにとっては幼馴染みのアガンと、その親友で喧嘩が強いジェイとの交わりこそが人生の中心になったのだ。隠れて吸う煙草、万引き、流行り始めたブレイクダンスへの挑戦、そんなことに没頭する日々が過ぎていく。

  • 東山さんによれば『流』が光を『僕が〜』が影を強調したとのことで。台湾を舞台に青春と影を。友情と街の雰囲気、ストーリー展開は良かったかなあ。ですが、私のど真ん中にはきませんでした。好き嫌いの問題かなあ。サックマンは誰か判明したあとは、多少引き込まれました。

  • 予想外の展開で面白かった。けど、少し悲しかった。

  • 【直木賞受賞作『流』と双璧をなす長編小説】一九八四年、台湾で四人の少年たちは友情を育んでいた。三十年後、そのうち一人が全米を震撼させる殺人鬼に。超弩級の青春ミステリ。

全23件中 1 - 23件を表示

僕が殺した人と僕を殺した人を本棚に登録しているひと

僕が殺した人と僕を殺した人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕が殺した人と僕を殺した人を本棚に「積読」で登録しているひと

僕が殺した人と僕を殺した人のKindle版

ツイートする