生涯投資家

  • 394人登録
  • 4.29評価
    • (52)
    • (62)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 49レビュー
著者 : 村上世彰
  • 文藝春秋 (2017年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906652

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
國重 惇史
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

生涯投資家の感想・レビュー・書評

  • 評判が良かったので購読。当時のあのフレーズで悪役になってしまったが、本書内の氏の言わんとすることには、自分が現在投資しているからなのかストンと納得できた。
    多少の綺麗事はあるにしろ氏の主張に時代が追いついてきたと思うし、逮捕されたのもある意味、時代の生贄的な面があったと感じた。
    ガバナンスを通じての資金流動化により経済を活性化させることは大事だし、同時に個人の金融リテラシーの有無がこの先大きな差として現れることが改めて確信できた。

  • なんとはなしに悪い奴、とぐらいにしか思ってなかった村上ファンドの村上氏。
    なにを目指してきたか、ということが分かりやすく記されている。
    持って生まれた才能も、熱意も、環境も、全くかなわないということを感じつつも、目指すところには共感できるというのが、感想。
    騙されてるのかもしれないけど。

  • 投資家として当たり前のことをしていたのだなぁと納得。ネットワークが凄い!

  •  村上ファンドで一躍有名になった村上世彰さんが、村上ファンド(M&Aコンサルティング)を通して成し遂げたかったことを語った本。旧通産省の官僚時代のことは詳しく書かれていなかったが、自分のライフワークとして取り組んでいた投資に対して詳しく語っている点で、村上さんの半生記的な側面がある。
     村上さんが逮捕されたときは、インサイダー取引が何かもよく分からないくらいだった。しかし、この本を通して彼がファンドマネージャーとして利益の追求だけでなく、コーポレートガバナンスの浸透にどれだけの熱意をかけていたかが分かった。
     正直、企業統治とかコーポレートガバナンスについてはあまりよく分からないが、日系の大手上場企業にはあまり企業価値向上の努力をしていない企業があり、それを態度を是正するために村上さんが取った行動はかなり理に適っているように感じた。ただ一方で、やり方が先進的過ぎたのと、発言や行動に自信が溢れすぎていたのが世間や裁判官の反感を呼んだとも感じる。
     ひとつ疑問に思うのは、理念追求型である程度資金が集まっていたのであれば、絶対的なリターンにしか興味がない外国人投資家からは資金を預からないという選択肢もあったのではないかという点だった。まぁ、それがなければ反感を買わなかったかは分からないが。

  • 村上ファンドの村上世彰氏。保守的な日本の株式市場に風穴を開けたのは間違いない。一方で歯に衣着せぬモノ言いから、彼が本当にやりたかったことは、センセーショナルに取り上げるメディアに依って霞んでしまったことも否めない。著者の子供の頃のエピソードは「なるほど」と思わせ、「モノ」の真価に対して、それが「高いのか」「安いのか」、例えば、お好み焼き屋で自分が出した金額に対して「お腹いっぱいになれるかどうか」、言うなれば関西風の合理的な考え方を彼が子供の頃より醸成させたんだろうということも感じ取れた面白い本でした。

  • 著者の考え方や性格がよく伝わってくる。時代より先に進みすぎて同調圧力の強い日本では上手く行かなかったが、考え方は素晴らしい。

  • 書店に平積みされていて、気になったので読んでみた。

    村上ファンドのファンドマネージャーである、村上世彰さんが、上場企業に対してどのような考えで接してきたのかが記されている。
    メディアで報じられた内容とは違った村上さんの考えを知ることができてよかった。

    将来自分の勤めている企業が上場したら、本書で知り得たことを活かしたい。

  • 村上ファンドの村上世彰の自著。自身の生い立ちや投資理念、株主とどうあるべきか、有名な起業家などについて書かれている。
    ROEの重要性(上場するとはどういうことか?)
    株は上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ
    失敗したら損きりは早く

  • あの事件の事に興味があり読んでみた。全般に一貫していることは、会社は資金があれば成長のための投資を行うべきで、内部留保を溜め込むのはもってのほか。逆に会社に資金があるのであれば、株主へ還元すべきという主張はもっともだと思う。ただ、リーマンショック等の事例も考えるとリスクを取れない会社の考え方も納得できる。正論を振りかざしても周りがついてこれない、いかに自分の考えを全体で共有してもらえるかが重要。

  • 村上ファンドで有名な村上世彰の著作。
    ここ数年、本人と娘さんが色々なところに出てくるようになりましたが、色々な誹謗中傷を受けることもあったんでしょう。
    コーポレートガバナンスに関する世の中の考え方が昔と大分変って自身が思い描いた方向に進んできたことも踏まえ、著者が自身の行ってきたことの背景にある考え方を書籍にまとめて、世の中に発したということのようです。
    著者の考えたことは立派だと思うし、自分にはマネできない素晴らしい行動力だと思いますが、まぁちょっと美化しすぎだよね。
    というわけで、☆を一つ減らして四つ。でも、とても面白い本です。
    ・上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ
    ・投資家と経営者では、必要な能力や資質が全く違う(と思っている)
    ・投資家として大事なことは、失敗したと気が付いた時いかに素早く思い切った損切りができるか
    ・企業が生む利益のみならずリスクも全部背負う株主が、投資した資産をいかに守るかということがコーポレート・ガバナンスの根源
    ・アメリカでは、5%ほどの株式を取得すればほぼ確実に取締役を送り込むことが可能。日本にも、累積投票制度が必要ではないか

  • 投資の考え方がよく理解できた。

  • 一世を風靡した村上ファンドの代表村上世彰氏の著作。
    一冊を通じて村上氏が一貫して資本の論理に忠実に、合理的に動いていることが分かりますね。
    村上氏がスポイルされてしまったのは、狩猟民族的な欧米型思考方法が農耕民族である日本人に受け入れられなかったということなんでしょう。
    今後の氏の行動と、日本市場の行方について興味深いですね。

  • おもしろくて一気に読める。

    コーポレート・ガバナンスの重要性
    上場の意義とメリット
    逆に無意味、無目的な上場が実在していること
    投資のおもしろさ
    保守層を動かすことの難しさ

    を学べた。

  • 官僚から「もの言う投資家」に転身し、一世風靡したファンド運営者の著者が半生を振り返っている。全盛期の頃の著者の講演を実際に聴いたことがあるが、その頃から主張は一貫している。株式会社の使われていない資金を循環させることが、日本をよくすると信じて行動してきた。その信念の実現のためには、人間関係が壊れることも辞さず摩擦を恐れなかったことには清々しささえ感じる。世の中を変えようとした努力が評価されなかったのは、汗水たらさず投資で莫大な利益を得ることへの嫌悪感が日本人にあることが理由の一つだろう。一方で、その信念は100%なのかと思うこともある。全般を通じては、著者の行動力と豊かな人間関係には改めて驚愕した。

  • 官僚から投資家として世間を賑わせた村上世彰氏の今までの投資家としての道程と日本市場への提言や自身の信念などを書いた一冊。

    東京スタイルのプロキシーファイト、フジテレビとニッポン放送や西武・阪神など鉄道会社との出来事や自身と交流のある方々とのエピソードやコーポレートガバナンスについてなど投資家として株式市場や経営を第一線で見てきた氏の相場観や経営者論は非常に参考になりました。そのなかでも取締役選任の累積投票制度は画期的だと感じました。

    今、コーポレートガバナンスやスチュワードシップコードなど氏が提唱してきた上場企業の株主目線での経営が日本でも盛り上がりの機運が高まってきており、氏の活動に時代が追いついていたということを感じるとともにこの国の未来の経済成長において内部留保するのではなく、資金を循環させ経済を発展させるという目的を持って氏が様々な活動をされていたことも知りました。
    そして2006年の逮捕から約10年間の氏の活動、そして想いも知ることができ、今後氏が行おうとしている投資教育の分野でも活躍を期待したくなる一冊でした。

  • 経営者、投資家、株価そしてコーポレート・ガバナンスへのこだわり。村上ファンドが何を目指してたのかを読めるのはとても興味深かった。

  • 投資家なら知らぬ人は居ない、また「村上ファンド」と言う言葉を知っている人も多いと思いますが、一般的には良いイメージを持っている人が少ないと思います。今回、本人が当時の出来事とその投資家故の考え方を記していますが、そこは本来の氏の姿とイメージの乖離が大きくあり、読む毎に本当の姿が知りえる感じです。

  • 控え目に、控え目に書いているように見えて文章から実はドロドロしてる&きつい性格であることを隠してる感がありありとわかってしまう感じだった。

    だが、面白い。

  • スタートアップ界隈で最近話題な本、らしい。

    理解できたのは4割くらい。日本にはとても残念な企業(特に古い企業とか大企業とか)がたくさんあるんだろうなぁと思った。村上さんの信念に触れられたのは良かった。信念があり、何かをなした・なそうとした人の話を知るのは非常に面白い。

    以下所感。
    読んでいて確かにとは感じるものの、まったくすべてが腑に落ちたわけではなかった。

    腑に落ちなかったポイントは、「株式価値を最大化するのが企業の使命」というところ。

    村上さんの考えの大筋は、
    ・株式価値を最大化するのが企業の使命。
    ・日本の企業は株主を軽視しすぎ。
    ・その状況を正すためにコーポレートガバナンス向上。

    というもので、たしかにそう。だけどなんかしっくりこない。

    株式価値の最大化が企業の使命、なのだろうか。

    もやもやしてまとまらないが、本を読む限り、
    株主へ金をリターンするのが企業の目的、
    金を増やすのが投資家の仕事、
    というような感じを受ける。もやもや。

    企業の存在意義は、第一に事業を通じて社会に貢献することであって、利益はその対価であり証拠であり、次の貢献への原資。

    投資家の役割も、企業の社会貢献の資金面のサポートであり、リターンは、企業が社会に貢献するための資金的サポートをした対価。

    企業も、投資家も、理想は、社会貢献が第一義的使命であり、利益(・株式価値増加)は二次的なものであるはず。なのに、利益や株式価値がなにより大事。いう風な感じを本書から受け取ってしまった。

    いや、確かに、株式価値を最大化することは、基本的に利益をしっかり出すこと(もしくは将来的に出すという期待感があること)であって、利益がでる = 社会に貢献している証、なので、株式価値を最大化することが企業の使命といえばそうなんだけど、このもやもやかんは何なんだろう。

    もう少し色々学んで誰かと話したい!!!

  • インサイダー取引で逮捕された村上世彰氏が何を目指したのかが書いてある本。出る杭は打たれる。当時、時代が村上氏について行けてなかったのだと思う。

生涯投資家のKindle版

ツイートする