生涯投資家

  • 464人登録
  • 4.23評価
    • (58)
    • (77)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 60レビュー
著者 : 村上世彰
  • 文藝春秋 (2017年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906652

生涯投資家の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 今年株式投資を初めたので、投資に勝つ本ばかり読んでました。

    本のタイトルから株式投資のハウツー本ではない気がしましたが、
    あの村上ファンドの村上氏の本なので読むことに。
    内容は、村上氏の人生とコーポレート・ガバナンスの重要性を謳うものでした。

    恥ずかしながら初めてコーポレートガバナンスの言葉と意味を知り、村上氏のイメージも変わりました。

    この本読み終えて投資の考え方が変わり、視野も広がったので、投資初心者から一歩前進した気がします。

  • 図書館で借りた本。村上ファンドで一時期世間を騒がせた村上世彰さんの自伝。投資にまつわる話が中心。本人の信念と情熱、裏付けされたデータ、筋を通す事を信条に投資をやっている。本人も自分は短気なので言葉の行き違いでの誤解や印象が悪くなった部分も否めないと言ってるが、私はマスコミの印象操作も大きなマイナスになったと思う。今ならツイッターやFBや動画や対談で意思表示できる手段が多いのに当時はテレビだけ、インタビューも都合よく編集されただろうし。本の中でこうしたら良いと言ってるのは、企業の内部資金を巡回させるのは日本経済にとって有意義な事。日銀のマイナス金利やアベノミクスで何とか経済回そうとしてるのは分かる。なぜコーポレート・ガバナンスにこだわるのか?は徹底して説明している。後は国の借金問題、高齢化・出生率減、不動産投資、NPOやNGOなどの解決策案。村上さんが投資を通じてやろうとしてたコーポレート・ガバナンスが今頃、15年後に具現化してくるとはなぁ。東日本大震災で炊き出しに来てた村上さん。本の収益も日本の投資の教育・啓蒙活動に使うそうだ。どんどん人材を育てて欲しい。

  • きわめてまっとうな事が書いてある本。読み終わって感じたのは、村上さんって自分の正義(というか価値観)に則って動いている人なんだな、という事。日本の株式市場の考え方は歪んでいるなぁ、というのは改めて感じるし、上場する必要が無い会社はMBOすべきだし、IRRは15%を望むというのも、資金を循環させる事で資本市場を活性化させるという観点からは、なるほどな、と思う。
    村上さんは、慈善活動もやってるし、日本の将来についてもしっかり考えているし、こういう人が逮捕されずにもうちょっと活躍してくれれば、もう少し違った日本が見えていたのかな、と思ったりもした。
    日本の上場企業にコーポレートガバナンスが根付いてくれると、幸せな人が増えて良いな、と個人的にも感じた。まずは、自分が出来ることを着実にやっていきたいな、とそんな事を考えた。この本は本当にオススメ。

  • これは本当に「最初から最後まで」読むべき書籍です。家族愛の深い人に、心根のマズい人はいないと思います。

    「寄付と投資は同じもの」という形で寄付についての考えを述べていましたが、その中で、NPOやNGOの持続可能性について、

    「NPOやNGOは、寄付者に『寄付して良かった』と思ってもらえるようなコミュニケーションを取っていく必要がある」

    という意味合いの考えを述べているのを見て、この村上世彰という人は、いろんな「上場企業のあるべき姿」という社会正義の実現を建前としつつも、投資先の企業から、

    「投資してくれてありがとう」

    と言って欲しくて、

    「投資して良かった」

    と思いたくて、投資家稼業をしていたのだろうな、と感じました。

    しかし、本人も言っている通り、髪も真っ白になり、中尾彬みたいなミドルになりましたね。

    あれから10年超。20代半ばだった私も、もうアラフォーです。(その是非はあれど)著者の仕事の大きさを感じる年齢になりました。

  • 志高く優秀な人が世の中への表現のされ方次第でこうもつらい目にあわなければならなくなるものなのか。読んでて本当に悲しくなった。

    メディアに本当に嫌気がさす。
    村上さんはとっくにいろいろなことについて諦めてしまってはいるだろうけど、その最高峰の能力・志を少しでも多くの人に伝えて、そういう人材を日本に増やすような活動をしていただきたいと、私は願います。

  • 村上世彰氏が自らを振り返る著作とあって、自己弁明の書かと思っていたが、失礼なことに全くの誤解であった。
    本書の個々の事例には異なる立場からの反論もあろうが、主張は極めてまっとうに思える。
    通産官僚として体制側に属しながら、組織を飛び出し、闘いを挑んたことで、国策捜査の罠に落ちてしまったのか。誤解を招くような挑発的な言動や、ファンドの収益に追われるようになってしまったのが残念だ。
    現在進む官主導のコーポレートガバナンス。しかし、何のために上場しているのかという、本書の冒頭の問いかけに、経営者が答えられなければ、結局魂の入らない形だけの改革になってしまいそうだ。

  • すごく面白かった。

  • まさにコーポレートガバナンスの教科書的な内容だった。上場する意味、株主に対する考え方等全てが参考になる。娘さんが流産してしまったことには気の毒でならない。

  • 投資関連の本の中でも、群を抜いて非常に読みやすい。
    何よりも村上世彰氏について、間違った認識、イメージを持っていた。
    日本を良くしたい、ではどうするべきかなど村上氏の思いが詰まった著書。

  • 期待通り、いや、期待以上の内容でした。

    誤解を受けることの多い村上さんですが、ご本人から真意を語っていただくことができたような印象を受ける一冊です。

    付箋は40枚付きました。

村上世彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
伊賀 泰代
國重 惇史
ベン・ホロウィッ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

生涯投資家のKindle版

ツイートする