かくて行動経済学は生まれり

  • 156人登録
  • 3.80評価
    • (5)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Michael Lewis  渡会 圭子 
  • 文藝春秋 (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906836

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ウォルター・アイ...
ブラッド・ストー...
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
リチャード・セイ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

かくて行動経済学は生まれりの感想・レビュー・書評

  •  マイケルルイスのこの最新作が、心理学と経済学が融合した行動経済学の成り立ちを描いたものであることが、既刊作のようにその時の話題から切り出したものではないことに驚いた人は多い。
     それでも、そんな驚きは杞憂だった。今まで以上に、対象に興味を抱かせるパワーがあるのだ。それはその対象の魅力によるものだが、それを見出したのは著者の力だろう。といっても、対象者はノーベル賞を受賞しているほどの人だが、それでも業績や内容は一般には知られていない。それを対象者の人物の魅力とともに紹介してくれる。
     本書を読んで、心理学に初めて興味をもった。この本の主題であるプロスペクト理論とか、もう少し勉強してみようと思う。本書で紹介された限り、それは自分にもあてはまっていたからだ。

  • ダニエル・カーネマンやエイモス・トヴァルスキーについて、今まで余り語られて来なかったエピソードが豊富。(第二次大戦の少年時代、中東戦争の青年時代など)

  • マイケル・ルイスの最新作は行動経済学を生んだカーネマンとトヴァルスキーが主人公。
    二人の葛藤、特にカーネマンの嫉妬と思える感情。著名な教授となってからもイスラエルが戦争に巻き込まると当然にように一線に立つ描写など、さすがと思わせる。
    しかし、行動経済学の本はこれまでも読んできただけに、ルイスの前作までのような驚きは感じられなかった。

  • なぜファクタ阿部がいる…というのは置いておいてもちょっとマイケルルイスにしては散漫な印象。直接の取材が限られるからか、あまり内面に踏み込んでこない。章が変わると主人公をごろっと変えるスタイルも上手くハマってこなかった感。うーん…

  • 現代ビジネス(2017.7.15)
    渡会圭子「全米で初版50万部!マイケル・ルイスの新作、主役は二人の心理学者『かくて行動経済学は生まれり』秘話」
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52304

  • 【「合理的な人間像」を破壊し、経済学を覆した二人の天才】なぜ人の直感は間違うか。『マネー・ボール』で著者が見落としたその問題を解いたカーネマンとトヴェルスキー、二人のユダヤ人の足跡

全6件中 1 - 6件を表示

かくて行動経済学は生まれりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

かくて行動経済学は生まれりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かくて行動経済学は生まれりを本棚に「積読」で登録しているひと

かくて行動経済学は生まれりはこんな本です

かくて行動経済学は生まれりのKindle版

ツイートする