明治乙女物語

  • 129人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (9)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 滝沢志郎
  • 文藝春秋 (2017年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163906928

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

明治乙女物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治中期の高等師範学校女子部で学ぶ咲と夏。
    女性が学問をすることに対して圧力がある中、のびのび自由に学問を楽しむ咲と常識にとらわれてしまう夏。
    学校の講堂での舞踏会の日の爆弾騒ぎから一気に物語は緊張感が増し、ミステリ色が強くなっていきます。
    犯人は、目的は、咲や夏は大丈夫なのか。
    明治の著名人が多数登場し、リアリティにあふれた物語は鹿鳴館で終結を見ます。最後は緊張の連続です。
    巻末の参考資料を見れば、作者が念入りな下調べをした歴史の中に物語を描いていることがわかると思います。
    明治の雰囲気を味わうとともに、ミステリを味わえるお勧めの一作です。

  • 2017.09.24
    東京女子高等師範学校の生徒と初代文部大臣森有礼、鹿鳴館を巡る物語。私の大好きな時代のお話。女子教育を強く進める森大臣の真意は。現在憲法改正で賑わっているご時世だからこそ、考えさせられる一冊でした。

  • 文明開化も進み、西欧化から国粋主義へと少しずつ空気感が変わり始めた明治時代、高等師範学校女子部の学生である少女たちを描いた物語だ。
    といっても、きらきらしく瑞々しいだけの青春小説ではなく、女性に教育を受けさせることを良しとしない世風や、貧しく教育を受けられない者が多くいる現実、西欧人と関係した女性を悪し様に罵る世間、女性が道具でしかなかった旧弊な時代と向き合っていかざるを得ない「新しい時代の女性」たちの姿が描かれている。
    実在の人物たちが多数登場し、(主人公である少女ふたりも、実在の人物をモデルにしたようだ)どこまでが史実でどこまでがフィクションかと読んでいてわくわくする。
    描かれているのは決して楽しく明るい世界ではなく、どちらかというと、これから軍国主義へ傾倒していこうとする風潮すら感じる、不穏さの残る日本であるにも関わらず。
    誇張して描かれているにしても、自分より数世代前の女性たちには似たような体験をしたり、心をくじかれたり、志を新たにしたりしたのだろう、と思うと、読み終えたとき気持ちが熱くなった。

  • これは青春キャピキャピの明治時代の乙女たちの物語ではない。
    作者の主観があるとは言え実在の歴史上の人物が
    小説の中でその時代を彼らなりに生き抜いていく。
    明治という時代の空気感がよく伝わってくる。

  • 女子師範学校の生徒たちが巻き込まれたテロ。

    少女たちの個性が際立っていて好感。瑞々しい。

  • 面白く読めた。当時も今も男尊女卑の思想が変わらない点が多々ある。

  • 明治初期の女子教育と井上馨の暗殺に唐人お吉の悲哀を軸に,高等師範学校と鹿鳴館の爆弾事件を絡めて料理している,咲と夏の友情も微笑ましく.この事件を通じて二人が使命感に燃えて自立する姿が,いかにも明治初期の先頭を行く女性という感じだ.

  • 女に教養は必要ない。今の時代では考えられない事です。でも、この時代は日本だけでなく欧米諸国も同じようなもの。今の時代に生きている私は当たり前過ぎて、勉強なんてやっても意味がないとか言ったこともあるけど、教育を受けられる事は幸せな事なのだと感じた。

  • 大河ドラマ「八重の桜」に出てきた八重ちゃんの
    親戚筋がいる!そんなミーハーな興味から読み進めると
    いやはや、とんでもない事であった。
    あの鹿鳴館を舞台に切ない思いを抱えた青年や女学生が
    それぞれの立場で任務を全うしようとしている。
    誰かに進めたくなる一冊。

  • 彼女たちの時代を切り拓いていこうとしている感じや学ぶことが好きって気持ちきらきら眩しかったです。こういう先駆者がいたから私たちは不自由なく勉強ができていたんだなと思いました。大学時代もっと勉強すれば良かった…明治時代の女性の口調が丁寧で好きですが、それも今自由に好きな言葉を使えているからこそなのかもしれないです。

全15件中 1 - 10件を表示

明治乙女物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明治乙女物語を本棚に「積読」で登録しているひと

明治乙女物語の作品紹介

ときは明治21年。東京・御茶ノ水の高等師範学校女子部(女高師)に通う夏と咲、2人の女学生が主人公です。いまだ男尊女卑の風潮がはびこり、「女が学問なんて」と一部からは白い目で見られつつも、彼女たちは、時に挫折を経験しながらも、溌剌と教育者への道を歩んでいました。そんな彼女たちは、鹿鳴館の舞踏会で踊り手が不足したため、招かれることになります。そこには伊藤博文枢密院議長、森有礼初代文部大臣、各国の大使など、要人が集っており、それは暴徒たちの格好の標的でもありました。彼女たちも生命の危機に晒され、そして――。 世の荒波にもまれながら、新時代に逞しく羽ばたこうとする、女学生の青春を描く傑作。選考会で圧倒的支持を受けた第24回松本清張賞受賞作です。

明治乙女物語のKindle版

ツイートする