藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

  • 47人登録
  • 4.56評価
    • (7)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 水道橋博士
  • 文藝春秋 (2017年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163907109

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 師を持つことの出来る人は幸せだ。
    師と共に人生を歩めること以上の幸福があるだろうか。

    著者で漫才師浅草キッドの水道橋博士。
    岡山の自宅で引き籠っていた高校時代。
    深夜のラジオで、彼が師匠と決める人物に出会ってしまう。

    その人こそ、足立区が生んだ天才漫才師、世界の巨匠、ビートたけしだった。

    大学を4日で中退して入門した弟子は、浅草のストリップ劇場フランス座での住み込み修行を命じられる。

    地獄の修行から這い上がり、一流の芸人となっていくのは、かつて師が歩んだ道でもあった。


    スケールの大きい行動力。
    圧倒的な読書量。
    「藝人」としての矜持。

    笑いのためには出し惜しみをしない。

    境遇がどうあれ常にフルスイング。

    惜しみない努力が、美しい「星座」を作り上げる。

    「よく『たけしさんはなんで役に立たない弟子を置いているの?』って聞かれるけどさー。俺がずっと頂にいるのは、実は役立たずの役のアイツらに支えられているんだよ」


    場所を越え、時間を超え、縦横無尽に語り尽くされる、美しくもくだらない、笑いという素晴らしき世界。

    そして、イラストは幻の漫画家・江口寿史。

    奇跡が幾重にも軌跡を描く渾身の書。

  • 最初はお笑い男の星座のほうが面白いかなと、思いながら読み進めるが、どんどん引き込まれていく。三又又三の章に何故かホッとする。全編に渡ってそこはかと流れる死の影が時々顔をみせる。亡くなってしまった芸能人の思い出話であったり、三浦雄一郎が語る臨死体験という形をとっているのだが、照英や寺門ジモン、武井壮の明るいサバイバル話がより陰を濃くしていく。残りの人生の時間が短いことを意識してなのか、死から生還した師匠の影響なのか。とにかく週刊誌で旬の人を茶化すだけの連載をまとめた本ではない。芸能界の観察者(スパイ)の渾身の遺書。

  • 【芸能界に潜入したスパイ、水道橋博士の極秘レポート!】週刊文春の連載「週刊藝人春秋」に大幅加筆。橋下徹からタモリまで芸能界の怪人奇人を濃厚に描くノンフィクション。抱腹絶倒の上巻。

  • 大物は確かに下巻が多いが、大瀧詠一とのくだりなど、印象に残るのは上巻のほうかも。

  • 別記

  • 感想は下側に書きました。

  • 読み始めたら最後!とまらない!!

全7件中 1 - 7件を表示

水道橋博士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
ピエール ルメー...
吉田 豪
西 加奈子
横山 秀夫
村田 沙耶香
西 加奈子
國重 惇史
塩田 武士
水道橋博士
水道橋博士
柳澤 健
有効な右矢印 無効な右矢印

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめてはこんな本です

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめてを本棚に「積読」で登録しているひと

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめてのKindle版

ツイートする