ふたご

  • 328人登録
  • 3.76評価
    • (12)
    • (26)
    • (16)
    • (5)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 藤崎彩織
  • 文藝春秋 (2017年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163907147

ふたごの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは「小説」だと思って読んでいてもどうしても目の前で苦しみ血を吐くようにあえいでいるのは紛れもなく画面の中で笑顔でピアノを弾いている金髪の彼女だ。
    テレビの中の彼らはとても楽しそうだ。独特の世界観を持った彼らの音楽とその映像はファンタジックでドリーミーでキュートだ。
    だけど、そんな彼らの中心で歌を歌う彼の眼はいつもガラスのように冷たく底が見えない。歌いながら時々見開くその目の向こうには何があるのだろうか、といつも思っていた。
    その目に映っていたものはなにか。その答えがここにあった。彼の世界は、十代の少女が背負うにはあまりにも大きくあまりにも深くあまりにも複雑だ。
    けれどなぜ、夏子はそんなにも月島に惹かれるのか。なぜそこまで傷つきながらも月島から離れないのか。2人はふたごのようだ、という。本当だろうか。私には夏子は月島の母であり、妻であるように見える。子どもを丸ごと引き受け飲み込むグレーとマザーであり、自分勝手な理論で振り回しながらも泣いてすがる夫を常に許す妻に見える。あぁ、違うな。彼女と彼は、同志であり戦友なんだろうな。この先何があっても共に闘い続ける仲間なのだろう。あの苦しい時間を共に過ごしたからこそ、いろんな思いを飲み込んで新しい関係へと一歩を踏み出せたんだろう。
    いやぁ、それにしても彩織さん、よくここまで書ききったよねぇ。この小説を書き続けた時間は自分を生きなおすのに必要な時間だったのだろうね。

  • 割と夢中で読んだけど、読んでて苦しいことが多かった。
    第1部と第2部で、月島がまったくの別人のようにも思えるけど、いつも危うく感じるのは一緒かな。
    月島と夏子の関係がとっても微妙で、仲がいいしお互いを大事に思っているのに言い合いになったりケンカになっちゃうのも、なんだかとっても共感というか、あるなぁ、って思った。

    第1部は、夏子の思いを表す素敵な文章が多くて、ついメモを取りながら読み進めた。
    第2部は、途中から頭の中でBGMが流れっぱなし。「僕らはもう1人じゃない♪」
    こんな風に結成されたんだと知って、応援したくなりました。

  • 第158回直木賞候補作

  • 2018年1月14日に紹介されました!

  • これって、ほぼほぼ自叙伝ですね、きっと。セカオワのいまに至る歴史、結成秘話が描かれています。エピソードの多くも実話なんだろうなあ、と思わせる感じでした。主人公=著者、という構図での苦労物語という意味では又吉さんの「火花」と似たようなものかも。
    それにしても深瀬クン(月島)って厳しい状況からよく立ち上がってきたものだと素直に感心しました。

  • 直木賞ノミネート作品というので手に取りました。
    セカイノオワリのファンでもないので、
    特にこのバンドの事などは知らないですが、
    独特な世界感があるというのは何となく知っていたので
    この作品にも少しそのテイストが出ているなと思いました。

    前半は夏美の少女としての恋愛や多感な思春期で好きな人を
    苦しみもがきながら常に想っていたというのが
    よく伝わり、読んでいてもとても苦しかったです。

    後半からは恋愛というよりもセカイノオワリの結成から
    デビューまでの道のりが書かれていたという印象で、
    特に前半からの孤独な少年はボーカルの深瀬さんを
    想像できる部分が多く、
    他のメンバーも想像できる部分が多かったです。

    好きな男性をふたごのように想うのは良いかもしれないですが、
    やはり違う人間なのだから双子のようにぴったりと想いが
    出来ないということが、ラストになってやっと分かってきたことが
    良かったような切ないような思いになりました。

    文章が割と短絡的で日記のようなので読みやすいです。
    恋愛小説というよりも自叙伝ような気もしました。

    この作品で初めて小説を書いたということなので、
    次の作品を書く場合はどのようになるのかというのが
    気になるところです。

    セカイノオワリを知らない方はこの本を読むと良いかもしれないです。

  • 私には必要のない作品でしたが、本作を必要とする人がいるのは分かるような気がします。
    具体的には、行動して傷付くくらいなら受け身になりたい人、信じていれば必ず救われると思いたい人、大切な人は丸ごと受け止めなければならないと考える人etc.にとっては共感できる作品なのではないかと。
    セカオワはほとんど聴かないのですが、彼らの音楽もこんな感じのナイーブな世界観なんですよね?であれば、ファンの方々には十分に楽しめると思います。セカオワの結成秘話みたいなところも描かれていますし。
    どこまでが事実でどこまでが創作なのかを想像しながら読むのもいいんじゃないでしょうか。

    で、小説にそういうものを求めない私のような人間にとっては、読み進めるのがしんどかったわけです。
    それでも月島が渡米して心身に変調をきたしていくあたりまでは、サスペンス的な要素もあって少し面白かったですよ。
    ただその後はあんまり・・・。
    病院から逃走して、派手にやらかしてくれるような展開にでもなればまた印象も違ったと思いますが、普通にリハビリして、そのまま青春小説の枠組みの中に戻っちゃったのはいたく残念でした。そういう意味では、実際の出来事に引っ張られすぎて、フィクションとしての話の広がり方が中途半端になってしまっているような気がします。

    他にも気になるところはいっぱいあって、例えば自分にカッターナイフを突きつけたような男にいつまでも引き寄せられる主人公の心理って、どうなんでしょう?
    一応伏線として中学時代のエピソードが書かれてはいるけれど、動機としては弱すぎるんじゃないですか。
    これに限らず、2人の言動にあまり説得力を感じないのは、肝心な場面の描き込みが不十分だからだと思います。
    それに2人以外の登場人物がおまけ程度にしか描かれていないのも不満です。月島の父親とか。
    あと、いろいろな書評で「文章が上手い」っていうのを見かけるのですが、そうですかねえ? 地の文が自身の内省ばっかりで、主人公に共感できない身にとってはもういいよっていう感じでつらかったです。

    藤崎さん、ファンの皆さん、ごめんなさい。でも、これが偽らざる感想です。

  • 今年の直木賞候補作品。話題になっているのもあって読んでみた。中学生の時期からバンド結成に至るまでの2人の関係と、バンドメンバーと過ごした日々などが綴られていて、私小説というか自叙伝のような感じが伝わった。小説に書かれている内容から今のセカオワがあるのだと感じるだろう。会話文が多めで心情の部分が少ないのは、本を頻繁に読む人やセカオワファンだけでなく普段本を読まない人などにも手に取りやすいのかなと思う。2人の関係あるからもふたごのように見えない何かで繋がり、共通項があり、繊細な思考があり、切なさも感じる。

  • 直木賞候補作、気になってしまい思わず購入。

    夏子と月島の二人の出会い。
    二人はふたごのようでふたごではない。
    時には友達、恋人、家族のような存在である。

    月島は日常において全てにおいて頑張る方法が分からないといい、高校中退、し留学もするが、二週間で挫折してしまう。

    夏子にとって月島の存在は大きかったが次第に重荷になってしまう。

    一章が月島との出会い、二章がバンドの結成について書かれている。

    月島の中途半端な性格な所に共感出来なかったが、バンド結成からおっ!と一転。

    頑張れるものを見つけられてからの月島の成長っぷりに見ていて関心させられた。

    音楽を一から始める大変さが身に染みて伝わってくる作品。

    でもやっぱりセカオワを想像して読んでしまった。

  • SEKAI NO OWARIのことがよくわかった。赤裸々に書いてある。

全28件中 1 - 10件を表示

藤崎彩織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ふたごを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふたごの作品紹介

大切な人を大切にすることが、こんなに苦しいなんて--。彼は私の人生の破壊者であり想造者だった。異彩の少年に導かれた少女。その苦悩の先に見つけた確かな光。執筆に5年の月日を費やした、SEKAI NO OWARI Saoriによる初小説、ついに刊行!【著者紹介】藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)
SEKAI NO OWARIでピアノ演奏とライブ演出を担当。研ぎ澄まされた感性を最大限に生かした演奏はデビュー以来絶大な支持を得ている。雑誌「文學界」でエッセイ「読書間奏文」を連載しており、その文筆活動にも注目が集まっている。— ふたごのようだと思っている。 彼は私のことをそんな風に言うけれど、私は全然そんな風には思わない。 確かに、私は人生の大半を彼のそばで過ごしてきた。晴れた日も雨の日も、健やかな日も病める日も、富めるときも貧しきときも、確かに、私は彼のそばにいた。 けれどもその大半は、メチャクチャに振り回された記憶ばかりだ。(本文より)

ふたごのKindle版

ツイートする