裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII

  • 208人登録
  • 3.65評価
    • (9)
    • (36)
    • (29)
    • (2)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2017年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163907192

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • IWGPシリーズ第13作目。20周年。長い時を駆け抜けている池袋ウエストゲートパーク。マコトは相変わらず【モテナイ果物屋】。キングは相変わらずカッコイイ。時代背景はしっかりと変化していて、スマホありネットあり、虐待、ドラッグ、スピリチュアルの物語。マコトもキングもそれなりに年をとっているのだろうけど、いつもマコトもキングも若いイメージ。マコトの語り口調が小気味いい。スラスラと読めるのがこの物語の素晴らしさ。マコトとキングの魅力が満載。
    『滝野川炎上ドライバー』児童虐待とネット炎上。虐待されているのは小学3年生の透。母の恋人が虐待をしている。実の父は借金の保証人になり、離婚。真面目な宅配ドライバーと息子のストーリー。マコトが虐待から救い出す。
    『上池袋ドラッグマザー』 シングルマザーがドラッグに手をだしている。マコトの依頼人は中学生の木崎真唯。ドラッグは安易にハマってしまう世界?恐怖を感じる。女であることを捨てられはしないシングルマザーの恋は、相手を選ばないと恐怖になる。
    『東池袋スピリチュアル』悪夢を見たゼロワンがスピリチュアルにハマるお話。 礼儀正しい女子大生の越川若葉のスピリチュアル能力を借りて解決へと走る。それにしてもスピリチュアルな世界。本当に霊感のある人っているのだろうか……。
    『裏切りのホワイトカード』 Gボーイズのキング・タカシのもとに怪しげな儲け話が舞い込んでくる。日本有数の製薬会社をもつ財団の若き理事の潮見美穏に呼び出され、「ブラックボード」(裏仕事の出会い系掲示板)を運営している弟・晴臣を探してほしいとの依頼を受けたマコトのストーリー。

  • IWGP(池袋ウエストゲートパーク)シリーズの第13弾。

    池袋西口の果物屋の青年マコトのもとへ、今日も行き場のない悩みを抱えて人が訪ねて来る。


    毎年、新刊が出るたびに楽しみにして読んできた。

    だが、一方で思う。読むのが年々つらくなっている。

    毎年、マコトのもとを訪ねて来る人たちの悩みのが、深刻になり、複雑になり、取り返しのつかないレベルまできているからだ。

    読み進めるうちに、やり場のない感情がこみ上げてくるのだ。


    『滝野川炎上ドライバー』
    真面目で地元で愛される宅配ドライバーの河本順治。人がいいばかりに知人の借金の保証人となり、離婚。離婚した妻の交際相手に引き取られた小学三年生の透の腕にある青いあざを、マコトは見つけてしまう。
    児童虐待と、ネットにあふれる正義感からくる炎上。
    「ネットができてから、おれたちは正義の力を行使するのに酔うようになった。誰もが指先ひとつで裁判官になれる時代になったのだから」(マコト)


    『上池袋ドラッグマザー』
    「飛びおりるまえに谷底をのぞきこんでいるような目で」中学三年生の木崎真唯は、マコトと訪ねて来る。
    「ママが別の人になってしまったんです」
    普通の人の前に、当たり前の顔をしてやってくるドラッグの恐怖。


    『東池袋スピリチュアル』
    鰯の頭も信心から。
    分かっていても、人は怪しげな「スピリチュアル」に手を出してしまう。
    礼儀正しい女子大生の越川若葉には、見えるのだという。そこに居ないはずの「人」が。
    そして、その「能力」に、IT企業の代表が目をつける。


    『裏切りのホワイトカード』
    Gボーイズのキング・タカシのもとに怪しげな儲け話が舞い込んで来る。
    マコトは、日本有数の製薬会社をもつ財団の若き理事の潮見美穏に呼び出される。
    「ブラックボード」(裏仕事の出会い系掲示板)を運営している弟・晴臣を探してほしいとの依頼。
    出口、否、入口も見えていない迷宮に、マコトは仲間と乗り込んでいく。


    知恵と、人脈と、胆力で、複雑化するトラブルに挑んでいくマコト。

    そこにあるのは、目の前にいる困っている人をほっとけないという、最も簡単で、最も難しい、大事な人としての生き方だ。

  • 炎上ドライバー、ドラッグマザー、スピリチュアル、ホワイトカード。

  • 2018.01

  • 何個か前は飽きたかな、と思ったけど今回はそうでもなく、さくさくっと楽しめて安定感もあった。
    ひさびさにサルが出てきたのがうれしい。

    炎上問題が一番身近なだけに入り込めたなぁ。

    2018.1.12

  • IWGPシリーズ第13弾。主人公をはじめおなじみのメンバーが、社会的な弱者を救うべく奔走する。

    このシリーズも20年だそうで、それをリアルタイムで追い続けて今もなお飽きないのは、作者が常に新しい社会問題を拾い上げて、マコト同様正義の味方の熱い心を失っていないからだろう。
    作者の恋愛ものは苦手だが、このご長寿シリーズは今後もずっと書き続けてほしい。

  • 池袋ウエストゲートパーク、13作目にあたる。
    池袋の果物屋でフルーツを売りながら町のトラブルシューターとして活躍するマコトもすっかり大人で、虐待される子供や、片親の少女、障害を持った赤ん坊のために汗をかく。
    時事問題をテーマにした短編が並ぶ本作だけに、今回もネタになっているのはネット炎上、ミドルエイジ・クライシスなど。
    どの短編もテンポよくさくさくと物語が進み、歯切れよく終わる。
    いっそ軽すぎるくらいの軽快さも、このシリーズの持ち味なので読んでいて気持ちいい。

  • 街の風景は変わり、アイテムも、犯罪の傾向も変わるけど、マコトはそのまま~女の連れ子に虐待を繰り返す司法書士は連れ子の父に糾弾される前に宅配ドライバーをネット上で糾弾。女子中学生はデパートの経理として働く母親が男に振り回されて覚醒剤を使っているのを止めさせたい。エフワンからの依頼で調査した本物の霊能を持つ女子大学生がサイキックサイトにスカウトされるのを厭がっている。千の単位で出し子を求めている奴からギャングをどう守るか~いつものペース。恋愛モノなんか止めれば良いのに…ついでにテレビ出演も止めたら良いや

  • 社会問題を難しくなく気軽に読めるこのシリーズ、安定感あり。
    マコトの言葉のセンスというか、さらっと書く季節感の描写とか、例えがすごく好き。

  • サルもゼロワンも登場

全37件中 1 - 10件を表示

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIのその他の作品

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIはこんな本です

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIを本棚に登録しているひと

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIを本棚に「積読」で登録しているひと

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIIIの作品紹介

「池袋ウエストゲートパークにはこの20年間のニッポンの問題が、すべて詰め込んである」――石田衣良池袋のトラブルシューター、マコトのもとにはあらゆる難題が持ち込まれる。でたらめの虐待疑惑をネットに書き込まれて炎上した宅配ドライバー。母親が悪い男とドラッグにはまった女子中学生。根拠のない情報が溢れるオカルト・サイト。ATMの不正操作による大規模詐欺。収録の4編はどれも現実の事件を彷彿とさせるものばかり。どんな事件も飄々と解決するのに母親には頭が上がらないマコトと、Gボーイズを率いて池袋の裏側を取り仕切るクールなタカシ。絶妙のコンビが活躍する人気シリーズ第13弾。「今」の空気が体感できる1冊です。

ツイートする