日本の論点 2005 (文春ムック)

  • 37人登録
  • 3.41評価
    • (3)
    • (3)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 文藝春秋 (2004年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (829ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784165030409

日本の論点 2005 (文春ムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【資料ID】50450
    【分類】304/B89/2005

  • 中古105円。
    政治経済外交教育皇室問題からスポーツまで。注目された時事問題について、各界の論者のコラム数ページずつ+基礎知識コラム、巻末の時事数字、時事用語各100で総計約800P。
    テーマによっては複数の立場からの意見が掲載されていて良い。ざっと見て俯瞰するもよし、気になる分野を精読して「筆者が推薦する基本書」や筆者プロフィールの著書を読むもよし。
    新書3冊分の値段と思えば、新品で毎年買っても良いと思った。

  • 本当に30時間くらい書けて読んだ(メモ取ったりしたからだけど)。ニュース解説本ってきっと他にもたくさんあるんだろうけど、これは良質。物足りなさはあるものの、これ以上分量が増えても困る。コストパフォーマンスを考えたら、こんなに素晴らしい本はない。

  • ゼミの春合宿に参加して、もっと色んなこと知らなきゃ…と思い、少しずつ読み進め中。

  • きっと役立つはず。論文、試験対策にも!

  • 現在の日本が抱える問題を、政治・法・スポーツなど幅広い分野から捉えた本です。
    執筆者も、各業界でトップを行く人らですから必読の勝ちあり★

全6件中 1 - 6件を表示

カルロス・ゴーンの作品

日本の論点 2005 (文春ムック)はこんな本です

日本の論点 2005 (文春ムック)を本棚に登録しているひと

日本の論点 2005 (文春ムック)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする