発酵食品礼讃 (文春新書 (076))

  • 141人登録
  • 3.57評価
    • (8)
    • (16)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 小泉武夫
  • 文藝春秋 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166600762

発酵食品礼讃 (文春新書 (076))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色々な発酵食品が紹介されています。読んでいるとどんな味なのか食べてみたくなります。さすがに臭い事で有名なシュール・ストレミングやホンオ・フェは食指が動きませんが、その他ネットで買えるものは、幾つか試してみました。

  • 日本の発酵食品から世界の発酵食品の成り立ち。
    東南アジアを中心にした発酵食品の製法は西欧と比較にならない。
    最近、お味噌なんかは海外でも需要があるらしいし・・
    文化や思想に根差した食品が今日まで愛されるのは「食」に境界線がないってことだろう。

    しかし作者さんは本当はもっと言いたいことがあるんじゃないか・・。

  • 発酵食品と酒について、非常に詳しく網羅された本。本当に信じられないような一品も記載されているだけでなく、著者はそれを食べて、その感想を載せており、凄まじい。

  • 肉のナレ寿司(鮒寿司みたいの)とか白酒の固体発酵とか面白い発酵食品の紹介や、甘酒は飲む点滴!とかの発酵食品の効能についてがまとまった本。いろいろ効能挙げてる割には参考資料の紹介がいっさい無かったのが残念。。

  • 発酵の奥深さを改めて実感。
    あらゆる発酵産業の中で、食品など我々がよく知るところのモノが占める割合は、たった20%だというのには驚いた。
    その他8割を占める産業については、同著者の「発酵」を参照とのこと(未読)。

    私はまだ、熟鮓なるものを食べたことがないが、これを読むと無性に食べて見たくなる。

  • 発酵食品の素晴らしさをあらためて知った。
    5年前、港区図書館にて。
    我が家の蔵書にしようっと。

  • 発酵してるのと、腐ってるのとは違う。

    どちらも微生物や酵素が作用した結果ではあるけど、前者は人体にとって有用な効能や機能をもたらすのに対し、後者は有害である。

    つまり、基準は「ヒト」にとって好ましいかどうかということ。微生物のもたらす副産物を、時にはお腹を壊したり、時には命を落としたりして、太古より人は切り分けてきた。発酵食品は膨大な経験と試行の凝縮である。

    本書では、納豆やぬか漬け、みそといった日本人にとっておなじみの食品にはじまり、世界各国の風土・文化に育まれた発酵食品が紹介されている。いかにして人は微生物を活かしてきたか。発酵の奥深さを満喫できる一冊。

  • 私も臭い系チーズやらは好きなたちですが、この人には叶わない。
    発酵食品への愛が詰まった一冊。
    シュールストレミングやらをたべて、たまらない、と言っているんだからすごい。(それでも、ホンオフェはきつかったようですが)

    総論と各論におおまかに分かれていますが、どれもが興味深いです。
    人類学的、科学的、そしてもちろん食として、いろんな角度から発酵食品を見るよい機会になると思います。
    もやしもんが好きな人は読むといいかもしれませんw

  • [ 内容 ]
    バター、チーズ、納豆、鰹節から火腿、野鳥の塩辛、珍酒まで。
    世界各地で伝承されてきた食生活にひそむ「発酵」というステキな智慧。


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  発酵というのは僕らの身の回りに欠かせない。
     時に発酵食で僕らは助けられてきたりもした。そうした食文化に不可分なほど定着した世界の発酵食・珍酒について紹介してくれるこの本。

     この本には知的好奇心と食欲をそそられてしまうので、空腹時には読んではいけない本だが
     大変充実して、発酵について考えたくなる本でもある。

全14件中 1 - 10件を表示

小泉武夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ジェイムズ・P・...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

発酵食品礼讃 (文春新書 (076))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発酵食品礼讃 (文春新書 (076))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする