アメリカ政治の現場から (文春新書)

  • 16人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 渡辺将人
  • 文藝春秋 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166601905

アメリカ政治の現場から (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 筆者がヒラリー・クリントンの事務所でアウトリーチ(政治的集団を取り込んでくる作業)にあたった体験記。アメリカが二大政党制といっても、それで政治家を見るのに保守か革新かといった二分法が通用するかというとまったくそうではなく、どんな人種・宗教・教育などのバックグラウンドによるかによってそれぞれまるで違うと数々の実例を挙げている。
    気になったのは、日本生まれの日本人と、アメリカ人でたまたま日系というのに過ぎない人とではつながりもなく、共通するメディアもないので、マイノリティとしての日本人というのはアメリカでは政治的集団としての体をなしていない、という記述。これが政治的発言力の弱さにもつながっているわけで、中国系と比べてみれば影響力の差は歴然。

全1件中 1 - 1件を表示

渡辺将人の作品

アメリカ政治の現場から (文春新書)はこんな本です

アメリカ政治の現場から (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカ政治の現場から (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする