Eポリティックス (文春新書)

  • 18人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 横江公美
  • 文藝春秋 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166601950

Eポリティックス (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    「Eポリティックス」とは、二〇〇〇年のアメリカ大統領選挙を機に急速に市民権を得た言葉で、選挙運動、草の根ロビー活動、政府サービスなど、インターネットを使った「政治」全般を指す。
    選挙資金集めとボランティア募集から始まったEポリティックスは、いまや電子投票、電子政府にまで広がり、それにともなうビジネスも熾烈を極めているが、主役はあくまでも市民である。
    猛烈な勢いで進化を続ける「電脳市民社会」アメリカの現在を報告する。

    [ 目次 ]
    第1章 インターネットを使った選挙運動(市民権を得たE選挙運動;インターネットで資金集め ほか)
    第2章 有権者の味方のEポリティックス(ロビイストという職業;草の根ロビー活動を行うNPO ほか)
    第3章 電子政府を目指して(Firstgov.gov構想;ブッシュ大統領のE政権 ほか)
    第4章 拡大するEポリティックス・ビジネス(新たに誕生した選挙ビジネス;人気沸騰のE選挙コンサルタント ほか)
    第5章 Eポリティックスの可能性(「チャド」混乱;E投票に挑戦したアリゾナ州 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

横江公美の作品

Eポリティックス (文春新書)はこんな本です

ツイートする