黒枠広告物語 (文春新書)

  • 10人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 舟越健之輔
  • 文藝春秋 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166602926

黒枠広告物語 (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    明治初年、新聞の歴史とともに歩みを始めた死亡広告。
    当初は、友人たちが喪主になり代わって新聞に載せるのが通例だったが、意外にも、そこに「黒い枠」はなかった!
    明治から平成まで激動の世を生きた有名人無名人の黒枠広告は、人生の到達点であると同時に、日本人の生き方・死に方の表現でもあった。
    かつて黒枠広告取りに携わった経験をもつ筆者にして、初めて書くことのできたノンフィクション「黒枠広告のすべて」―。

    [ 目次 ]
    第1章 「黒枠広告」担当が走る
    第2章 平成篇―昭和を生き抜いた人びと
    第3章 明治篇(上)―そのとき、黒い枠はなかった
    第4章 明治篇(下)―御大喪と殉死で終わった明治
    第5章 大正篇―明治と昭和のはざまで
    第6章 昭和篇(上)―自殺・暗殺・新型爆弾
    第7章 昭和篇(下)―戦後史を彩った人びと

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

舟越健之輔の作品

黒枠広告物語 (文春新書)の作品紹介

明治初年、新聞の歴史とともに歩みを始めた死亡広告。当初は、友人たちが喪主になり代わって新聞に載せるのが通例だったが、意外にも、そこに「黒い枠」はなかった!明治から平成まで激動の世を生きた有名人無名人の黒枠広告は、人生の到達点であると同時に、日本人の生き方・死に方の表現でもあった。かつて黒枠広告取りに携わった経験をもつ筆者にして、初めて書くことのできたノンフィクション「黒枠広告のすべて」-。

ツイートする