「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)

  • 17人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 林香里
  • 文藝春秋 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166604821

「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    ヨン様なのか…純愛なのか…?
    約1300人のファンの声を集めた分析から、「冬のソナタ」を通して癒された、日本の中高年女性たちの胸のうちとその日常が明かされる。

    [ 目次 ]
    第1章 ドラマ「冬のソナタ」(「冬ソナ」ブーム;「冬のソナタ」というものがたり ほか)
    第2章 「冬ソナ」ファンってどんな人?(冬ソナ視聴者のプロフィール;「冬ソナ」ファンたちの近景;「冬ソナ」ファンたちの遠景;まとめ―近景と遠景のギャップ)
    第3章 なぜ「冬ソナ」が好きですか?(好きになるのに理由なんて…;癒しと感激;ヨン様と純潔教育;モダン・コリア/ノスタルジック・コリア;「見たいものがない!」―日本のマスメディアに対する不信と不満)
    第4章 「冬ソナ」パワーは日本を変えたか?(「冬のソナタ」のインパクト;すれちがいの韓国と日本;日本でのすれちがい)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ヨン様フィーバーを、おばさん達の異常な行動と一蹴するなかれ!冬ソナから日韓関係が、そして日本の現在の構造が見てとれる!
    この行動に関心を持ち、見過ごされてきた今の日本を見よ!

  • 「冬ソナ」にはまった日本の中高年女性は「オバファン」などとののしられ、マスコミからたたかれているが、彼女たちがなぜ「冬ソナ」やぺ・ヨンジュンにうはまったのか。それは彼女たちのロマン、恋心と言った女性性を「良妻賢母」の美名のもとで葬り去ろうとした日本の社会や男たちに対する反抗であったのだ。逆にいえば、日本の男たちもそういう心のときめきを失ってセックスの対象としての女だけを追っているのである。冬ソナにはまった女性達の声を通して、日韓の新しい関係をもさぐった本。

全3件中 1 - 3件を表示

林香里の作品

「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)はこんな本です

「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)を本棚に登録しているひと

「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国 (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする