美しい国へ (文春新書)

  • 1169人登録
  • 3.11評価
    • (34)
    • (118)
    • (369)
    • (64)
    • (28)
  • 177レビュー
著者 : 安倍晋三
  • 文藝春秋 (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166605248

美しい国へ (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前はマスコミを通して安倍さんの考えを聞かされてきたが、今回ご本人の考えを本で読み、いかにマスコミのフィルターで正しく見ていなかったがわかった。
    安倍さんは今の日本の問題点を認識し、改善しようとしっかりご自分の意志を持っておられる。
    ぜひ今回は日本人として誇れる国を築いていけるよう健康に気を付けていただきたい。

  • この本の内容に全面的に同意するわけではないけど、少なくとも安倍さんのように自分の生まれ育った国が好きで、守りたいと思えない人には国家の中枢に居て欲しくないですよね。

  • 今さらながら、読みました。『美しい国へ』というタイトルなので、「美しい国」とは何かという話かと思いきや、全然そんなことはなくて、拉致問題、ナショナリズム、日米同盟、対中国政策、年金・少子化問題・教育再生という、現在の政治課題に対するスタンスが書かれた本でした。

    気になった点4つ。

    ひとつめは「「君が代」は世界でも珍しい非戦闘的な国歌」(p82)だというくだり。「あの荘厳なメロディを聞くと、ある種の力強さを感ずるのは、わたしだけではないはずだ」(p83)と言われても、困るというかなんというか。「わたしだけではない」という言葉は「お前もそうだろう」という強制を当然含んでいるわけだが、そこは感覚の問題だから、ほおっておいてちょうだいという感じだ。

    2点め。「天皇は歴史上ずうっと「象徴」だった」(p101)というけれど、とくに根拠が示されていない。「一つの家系が千年以上の長きにわたって続いてきたのは、奇跡的としかいいようがない」(p103)ということがどうやらその根拠みたいだけれど、長く続くことと、国の象徴(そもそもこの「象徴」もどういう意味で使われているのか、明確でない)であることは全然別のことのような気がするのだが。

    みっつめ。PKOへの参加がこれまで9回あったが、それによって「はたして日本は侵略戦争への道をたどっているだろうか。自衛隊が独自に戦線を拡大していくようなことをしただろうか」(p139)というくだり。当たり前の話だが、今までしなかったからといって、これからしないということの証拠にはならないのではないだろうか。同じような論法は年金問題のところでもあって、「二〇〇六年現在、国民年金の保険料は、月に一万三千八百六十円だ。今後二〇一七年まで、毎年数百円単位で値上がりしていくが、その後は一万六千九百円の水準で固定される」(p179〜180)と書いてある。でも今後法改正による負担額の変更がありえない、ということにはならないのではないだろうか。

    最後。歴史や文化を「守る」と最後に表明しているけれど、歴史学をやってる僕らには全然そういう恩恵があるようには感じられないのはなぜだろうか。歴史のどの部分が、守られているのですかねえ。まあ、「その国を守るということは・・・歴史を守ることにつながる」(p96)と表明してるから、国を守ってりゃそれで歴史も守れてるわけで、アカデミズムにおける歴史研究とかはどうでもいい、っていうことなのかもしれませんが。歴史ってそういう、固定的で今ここにあるもの、っていうイメージには違和感を感じてしまうなあ。

  • 2006年刊。

     無内容(特に少子化とGDP増の対策開示)と建前(特に対中政策は本音隠しているんじゃないでしょうか)に彩られる書。

     色々あるが、ここまで自慢げに叙述する拉致問題はどうなったんでしょうか?と問いかけたくなる。

     そもそも①著者の原体験が、岸内閣における安保反対デモ行進を、それを迎え撃つ側として見ていたこと。この経験談を、恐怖・恐慌という観点で、本書の最初に叙述するあたりで、著者が庶民の側の目線に立って行動することはできないことを語っている。
     ②政策の参考にする人物として登場するのがサッチャーやレーガン、とまあ偏頗。プラグマティスト・ケネディすら出てこないんだから…。
     ③しかも、初等教育のバウチャー制度が格差問題解消に有効な制度と考えているあたり、子育て負担=少子化問題解消手段の見識のないことを露呈。というより、庶民の子育てを実体験・実感として把握したことはないのではないか、そんな印象ばかりが残る。
     何故、子供を産まないか、それは子育てにはエネルギーと費用が掛かるからである。では、何に金が一番掛るのか。大学や専門学校等、高校卒業後の教育費用だ。これを将来にわたり現行の3分の1にするとすれば、劇的な変貌が期待できそうなのだが。

     国家観も疑義もある。が、多様な人物で構成される国家(・歴史像で東京と京都人、北海道人や沖縄人では異質だろう。・自然観で裏日本と瀬戸内、・文化観では大阪・京都とそれ以外では異質ではないか)を一つにまとめ上げられると信じているのは能天気じゃないのか。結局、まとめ上げるために何らかの強制、誤導・誘導を招来するのでは。この疑問だけここで備忘的に残す。

  • 自分を「保守主義」と言う。高校の授業で安保反対を説く先生をうさんくさかったとけなす。日本が本当の意味で独立を取り戻すためには、占領時代に作られた憲法と教育基本法を改正する必要があるとする(実際、愛国心をうたう教育基本法にすでに改定された)。現行の憲法は、日本が二度と列強として台頭することのないよう手足を縛られているのだという。結局は、祖父、岸信介の仇を取りたいのであろう。

  • 現総理・安倍晋三の第一次内閣発足時にあわせて発行された新書。現職の総理大臣がこのような新書を出すのは極めて異例であり、当時はかなりの売れ行きがあった。時の総理が何を思い、現状をどう認識しているのかをしりたくて買った人が多かったと思うのだが…この本で書かれている内容に失望した人は多かっただろう。彼の思考を一言でまとめれば「日本大好き、祖父大好き」。時代はグローバル化が進んでいるのに、今だ「国ありき」という思考回路。経済でも環境でも「一国」だけで解決できない時代を迎えつつあるというのに。それにしても、この本で書かれていることと、国会答弁における対応があまりにも違いすぎる。この本は「俺は世間一般でいうところの『極右』じゃない」とアピールするだけに存在している?だとしたら、ネット上における評価が両極端なのも納得。

  • たまたま手に入ったんで読んでみた一冊。安倍首相が官房長官だったときの本で、正直な印象として内容には物足りなさを感じました。首相の原体験・集団的自衛権についての考え方はよくわかったけれど、全体的に説得力に乏しいというか一般的な話が多く、「周りや時代の変化に合わせて日本ができていないところがあるのでこうします」というスタンスの話ばかりだなという印象でした。それは対応していけばいいと思うけど、もう少し夢の持てる内容を期待していただけにちと肩透かしでした。

  • 前々から気になっていた本。
    安保法案でまさに蛇蝎のごとく嫌われはじめた安倍さん。でも、TVで見ると穏やかだし,ユーモアもある。どんな人なんだろう。

    岸内閣の退陣を迫ったデモ隊、ロシア外交中の父の急逝、初当選の93年は自民党下野時代。政治家の孫だからこそわかる事情。米国の留学から親米すぎるのは気になるが、全共闘時代のマスコミ偏向報道ぶりって、当時も変わらんね。

    家族回帰や、教育改革、デモ隊への嫌悪、安倍晋三の原点がわかる本。第一次内閣時の直前2006年出版。

    もはや語られないけれど、やはり北朝鮮の拉致被害者を帰国させた貢献は大きい。


    改憲は別に安倍さんの持論じゃなくて、占領後の不平等な日米関係解消のために、自民党政権が目指してきたものだった。
    この人が国民に嫌われてでも勧めようとしている集団的自衛権。それが日本を救うことになるのを祈るばかりである。

    ただ少子化対策や年金問題は理想論に傾き過ぎ。
    国民年金70数万ももらえるからお得でしょって、健康保険引いたら実質月4万だったりするんだよね。このあたりの経済感覚はやはり庶民とずれてるな、という印象。

    外交問題に対する見識はやはりさすが。
    いまの野党では絶対に対処できない。それぐらいのキャリアをこの人は積んでいる。やはり首相になるべくしてなった人というべきか。

  • 前回の安倍政権の時に出版された本。2006年当時の青写真が見事なまでに実現しつつある現在、政策の意図を確かめるために読んでみました。

    一番評価されてる安倍政権の外交戦略。これが父御さんで元外務大臣も歴任した安倍晋太郎の秘書時代の経験が大きいのだろう。
    アメリカ・韓国・インド・オーストラリアなど自由と民主主義の理念を共有する国々との連携は非常に重要視されている。
    また、中国との政経分離した繋がりの重要性を指摘。


    こういう点をきちんと読むと、国の利益という視点から見れば中韓に対するヘイトスピーチが如何に愚かしいことかが分かるかもしれない。

    ただし、安全保障の項目はどうも引っ掛かる。論理のすり替えのような気がしてならない。少し引用すると、

    p66「安全保障について考える、つまり日本を守るということは、とりもなおさず、その体制の基盤である自由と民主主義を守ること」
    →この部分は安全保障の在り方を示す。首肯できるだろう。国民の生命を守るのは政府の役割、そのために主権国家は国民の生命を守るための自由と民主主義を維持すべく安全保障をきちんと行う必要がある。

    p.p.106〜107で鷲尾克巳少尉の特攻隊の話を出し、
    p108「たしかにいのちは大切なものである。しかし、ときにはそれをなげうっても守るべき価値が存在するのだ」
    同「この自由や民主主義をわたしたちの手で守らなければならない。」
    →国民はいのちをなげうってでも自由と民主主義を守らなければならない、とある。主権在民の国家にあっては、国民の生命あっての国家である。国民の生命が第一義に守られる必要があるのでは?
    →あと安全保障の方法は多岐にわたり、軍備以外にも国際協力により他国の信頼を得ることなども国際政治学的には安全保障の範疇に入るらしい(かじった程度に勉強したぐらいなので、本当はもっと沢山事例がある)。
    なので安倍さんにはこんな極端なやり方を書くのではなく、得意の外交戦略を通じた安全保障についても言及して頂きたかった。

    現在日本で暮らしてる人々には、政府がどの方向に向かっているのかを知る上でも、是非とも改めて読んでもらいたい一冊であった。

    外交戦略の部分は本当に魅力的である。この部分は現在の安倍政権でも特に重視しているところなので、一読して頂きたい。こういう本を読む際には、批判的な精神を以て読まないとただ単に流されるだけになってしまうので要注意。

  • 第一次安倍政権発足前に執筆されているが、この本と現在の言動にブレが無いのが嬉しい。
    特に年金問題については分かりやすく書かれていて、思わず応援したくなった。

全177件中 1 - 10件を表示

美しい国へ (文春新書)のその他の作品

美しい国へ (文春新書) Kindle版 美しい国へ (文春新書) 安倍晋三

安倍晋三の作品

美しい国へ (文春新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美しい国へ (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美しい国へ (文春新書)の作品紹介

自信と誇りのもてる日本へ。「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方…その指針を明示する必読の書。

ツイートする