空気と戦争 (文春新書)

  • 232人登録
  • 3.63評価
    • (8)
    • (39)
    • (33)
    • (3)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 猪瀬直樹
  • 文藝春秋 (2007年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166605835

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

空気と戦争 (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京工業大学で行われた講義を再現したもの。いまも起きていることと同じような日常性が日米戦を呼び込んだのではないか、という猪瀬氏の主張に頷く。陸軍省燃料課で石油需給を試算した高橋中尉の回想と、総力戦研究所のシミュレーションをめぐるエピソードが秀逸。戦前は軍国主義で、戦後は平和主義という、モノクロ戦争史観をお持ちの方にぜひ読んでいただきたい。

  •  読んだのは2回目。
     「南進、南進と騒いではいても、実際にそれでは石油を取りにいくにはどうするか、という調査なり計画なりは昭和15年まではなにひとつなかった。実際に私たちがそれに取り組み始めたのは買い付け騒ぎが一段落した昭和16年2月か3月だった。」というのは、作中に引用された高橋中尉(当時)の回顧である。
     電力に関して騒いでる今とほとんど同じではないか。歴史は繰り返すと言うがまさにその通りである。

     危機に対する立ち向かい方は、戦争直前の時期と驚くほど共通点がある。こうした性質をもはや変えられないものと考え、どうにか補正するような制度設計ができないものか(制度を作る側がこれだから、かなり難しいことだとは思う)。

     とても読みやすい本である。震災後、特に原発問題に関する雰囲気がなんだかおかしいと思う人にとっては、おそらく腑に落ちる内容だと思う。

  • 山本七平『空気の研究』を援用しながら、太平洋戦争直前に設立された総力戦研究所や、理工系学生の戦争観を記述している。某大学での講義を書籍化したもの。
    「必敗」と分かっていながら、日本は空気に流されて対米戦争に突入した。その過程を丁寧に追っている本書は、「KY」という言葉が流行する今、読んでおくべきであろう。なお、猪瀬氏の著作『昭和十六年夏の敗戦』は総力戦研究所を描いた作品であるので、併せて読むとよい。
    ちなみに、「空気を読む」という言葉自体は戦前期から存在したようで、先日長野の地方名士の日記(昭和初期)を読んでいて「彼ハ空気ノ読メヌ奴・・・」というフレーズを目にした。

  • 古書店での拾い物。

  • 本書はぜひ著者の「昭和16年夏の敗戦」と合わせて読みたい本

    昭和後半生まれの者には知ることができないが、当時の様子をしることができる良書であった。

  • 「昭和16年夏の敗戦」をベースとした講義をまとめたものなので、原書を読んだ方が良いが、日本の組織における「空気」とはどういったもので、それが国家の決断にどうかかわるのか。。
    戦前と戦後をくっきり分けて考えるのは間違いで、基本的には何も変わっていない。
    とても80年前の話とは思えず、現在の事柄に入れ替えてもそのまま通じてしまう。。

  • 国が大きな過ちを犯さないために何ができるか
    太平洋戦争開戦をめぐってなされた、知られざる意思決定過程を追うことで、あの戦争に突き進んでいった、時代の「空気」を探究する

  • 戦前に、戦力総合研究所なるものがあり、模擬内閣をつくり、石油を軸に開戦をシミュレーション。開戦した場合を見事に予想するが、実際、開戦→敗戦にいたる。当時、このような機関があり、先を見通していたと知り驚く。いろいろと学ぶところがあるはず。

  • 太平洋戦争開戦時の状況は、「時代の空気」によって戦争に突入したという分析。国の方針などは、空気に左右されてはならないという主張。
    それぞれに納得がいく。

  • 本書は
    『日本人はなぜ戦争をしたか 昭和16年夏の敗戦』をテキストにした
    東京工業大学での講義をまとめたものです。

    「空気」に流されず,「リアル」に考えること
    (データを重視した論理的思考)の
    大切さが記述されている。

全29件中 1 - 10件を表示

空気と戦争 (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする