昭和の名将と愚将 (文春新書 618)

  • 205人登録
  • 3.40評価
    • (8)
    • (22)
    • (37)
    • (8)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 半藤一利
  • 文藝春秋 (2008年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606184

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多少覚悟はしていたものの、やはり「特攻」の内実は暗澹たる気持ちにさせられる。あまりにも悲惨で、この上なく酷い。「国を護るための尊い自己犠牲」などと美談に仕上げて、思考停止してはならないと強く思った。戦前のごとく世論がどんどん右傾化している昨今、「特攻」や戦争そのものに対し、徹底的に考察されなければ、またこの愚が繰り返されないという保証はどこにも無いぞ……

  • 太平洋戦争にかかわった軍人22名の評価。

  • 対談形式なので短い時間で読了できた。半藤さんの名将の評価基準は分かりやすかった。14頁

  • 以前から気になっていた本だが軍人を名将と愚将に分けて語るというのは如何なものかという気持ちがあり、なかなか読む踏ん切りがつかず。だが、昭和陸海軍の失敗を読み、この二人の思想や話が好きで読んでみたくなったので読んでみた。名将に対しては良いエピソードにくわえ、悪いエピソードも交えて話しているので読んでいて面白い。米内光政や石原莞爾に対するエピソードは失礼な話になるがクスッとなる部分もあった。愚将に関しては自己顕示欲の塊のような部下を人を人と思わない人ばかりで読んでいて気が滅入る。

  • 対談形式なので読みやすく、内容は薄い。
    二人の会話の中で出てくる大戦時の指揮官の多くに実際会ってインタビューしている所が凄い。
    半藤一利だからこそ言える内容が多く、以降の本人と逢えなかった者には表現できないような仕草や言動の描写が有る。
    しかし、半藤氏がこの分野での大家過ぎて後進が育たず、本人にインタビューしたからといってその文章が絶対視されるようになりはしないかと不安になるぐらいいろんな人間と会っている。

  • 人によって異なる将兵の評価を下す。
    永田鉄山の評価高いな。

  • 半藤さんの、日本人には本来、玉砕や特攻という考えはなく、どこかで日本人は変調をきたしたのではないか、という考えは、重要。

  • これ、面白いね。当時の日本陸軍、海軍両方から優れた指揮官とダメな人両方上げてその功罪を分析してるんだけど、基本的に優れた人ってどこか組織から剥離して(つまり本流ではなく)己の価値観を持ちながら現実と折り合っていける人なんだよね。(名将には当然硫黄島の栗林中将、今村さんやらが入ってます)。一方ダメ将軍は官僚的な人、己がない人、茶坊主やらなんだけど、これって今の日本人にもそっくり当てはまるんだよね。保安院、東電、郵政、日本の組織がジェネラリスト指向故必然的にダメな人を選んじゃう所って昔も今も変わらない。

  • 愚将に共通している点は責任を取らなかったことという点が印象的だった。

  • 新書だからと言ってしまえばそれまでだけど、せっかくの内容なのに、この二人がこんなネタで話しているのに、ひとりの分量が薄いのは残念。
    陸大の席次や派閥よりも、「なぜこの人はこういう判断をしたのか」について、もうちょっと突っ込んで欲しかったです。

全24件中 1 - 10件を表示

半藤一利の作品

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする