ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)

  • 183人登録
  • 3.60評価
    • (11)
    • (18)
    • (26)
    • (1)
    • (2)
  • 23レビュー
  • 文藝春秋 (2008年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606337

ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『「私」探しゲーム』(ちくま学芸文庫)で80年代の消費社会を論じるも、その後の不況と格差の拡大によって立場を修正するに至った上野千鶴子が、元セゾングループの代表として当時の社会を変化をリードした堤清二(辻井喬)にインタビューする形で議論が進められています。

    セゾングループの社史の編纂に携わった上野は、辻井の経営者としての立場と彼の政治的立場の相克に対して鋭い皮肉を交えながら、当時の辻井の思想と実践の絡み合いを解きほぐそうとしています。読んでいるうちに、何だか辻井に同情したくなってきますが、それにしても、自身がオーナー経営者でありながら、「私には、本当のオーナーである父親に反旗を翻して、ここへ来ているという意識しかない」という辻井の発言には唖然としてしまいます。おそらく正直な気持ちなのだろうと思うのですが、こういうことをぬけぬけと語ってしまう彼の態度には、どうしても違和感を覚えずにはいられません。ただ、それが経営者である堤清二への違和なのか、それとも堤清二を外の視点から語ってしまうような辻井喬への違和なのか、自分でもよく分からないところがあります。

    いずれにしても、こうした言葉も含めて、辻井自身による多くの証言を引き出している本書の意義は、けっして小さくないように思います。

  • 個人的にはめちゃめちゃ面白かった。来年は辻井喬(堤清二)の本を集中的に読む時期を作りたい。あと、インタビュアーとしての上野千鶴子に感心。さすがだと思いました。

  • 70~80年代のあたりがとくに、ふむふむ
    無印良品をやりつつ、一方でエルメスを売る
    「自己否定できないと、これからの経営はだめだ」

    セゾングループは、啓蒙的広告によって「自立した消費者たれ」と宣伝しましたが、
    豊かで多様性のある社会になるほど「自立した消費者」であることは余計に難しくなると感じます。(私はマーケットに関してずぶの素人で、実感としてそう感じるだけですが)
    選択肢が多すぎると疲弊してしまい、何かに選択肢を委ねざるをえない。それが百貨店なのか個人経営的なセレクトショップのオーナーなのかはわかりませんが、、

  • 再読です。以前、読んだときも面白かった。今回も面白かった。何故、面白いのでしょう。理由は簡単です。社史を担当していたので、上野さんが、よく知らべているのです。個々の店舗の状況も、よく知っているのです。面白くならないわけがありません。社会学というよりも、経営学の本だとおもいます。もう一度読んでも面白いはずです。

  • 永江朗「セゾン文化は何を夢見たのか?」に導かれて本書にたどり着きました。本人たちが自覚的なように上野千鶴子のツッコミ、辻井喬のボケという役割でセゾングループの50年が語られていきます。印象的なのは、自分でもかなりめでたい人間だったなあ、とか、そこんところは迂闊なんだなあ、というボケ役の徹底した軽さ。そのフワッとしたヒューマニズムとかロマンチシズムみたいなものが当時の日本の社会、経済、文化を重厚長大な地面から浮揚させたのかな、と思いました。もちろん、ツッコミ・ボケ構造だけでなく、辻井喬が語る堤清二という二重性も本書に縦横無尽さを与えています。「マージナル産業論」「生活総合産業」という実業家、堤清二、文学者、辻井喬が求めてきたテーマは今こそ、そこから考えてみたい気になりました。

  • 本名とペンネームの使い分けに関する第四章の前半が興味深い。他は普通の対談

  • タイトルは正確ではなくてセゾンの歴史を通してみる消費社会論だった。堤の人間性含めてめちゃめちゃおもしろい。

  • 自らの功罪について、自覚的で、不思議な距離感で批評できる辻井嵩に対し、ある種の魅力を感じてしまう一冊。辻井(堤清二)とセゾングループの功罪の影響を直接受けた人が、その態度をどう感じるのかは分からないけど……。それとは別に、上野の遠慮のなさと受ける辻井の掛け合いが、とにかく面白い。

  • [ 内容 ]
    セゾングループの歩みを振り返ることは日本の戦後消費社会の歴史を考えること-消費社会論の研究者でもある上野千鶴子氏が元グループ総帥・辻井喬(堤清二)氏へのインタビューを通して、ポスト消費社会をどのように再構築していくか、その手がかりを探る。

    [ 目次 ]
    第1章 1950’s~70’s(前史 激動 ほか)
    第2章 1970’s~80’s(黄金期 第十期 ほか)
    第3章 1990’s~(失敗 解体 ほか)
    第4章 2008(戦後共同体から遠く離れて 産業社会の終焉)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • かたいタイトルなので読みづらいかと思いきや、意外に読みやすい。身近な百貨店の変遷とその裏側がわかります。

全23件中 1 - 10件を表示

辻井喬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)はこんな本です

ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポスト消費社会のゆくえ (文春新書)の作品紹介

セゾングループの歩みを振り返ることは日本の戦後消費社会の歴史を考えること-消費社会論の研究者でもある上野千鶴子氏が元グループ総帥・辻井喬(堤清二)氏へのインタビューを通して、ポスト消費社会をどのように再構築していくか、その手がかりを探る。

ツイートする