外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)

  • 67人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (5)
    • (15)
    • (4)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 多賀敏行
  • 文藝春秋 (2008年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166606689

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)の感想・レビュー・書評

  • うな重方式って何?と思ったが要は英語の勉強はバラバラではなくバランスよく勉強しましょうということ。

    単語の語源の話や文法による文章の読み解き方などなるほどという話が多く面白かったです。

    暗記するだけでなく言語の語源までさかのぼって理解することが出来ると英語の勉強はさらに面白く身に着けることが出来そうですね。

  • 文法の重要性と微妙なニュアンスの違いが分かりやすく書かれていて有用。紹介されているテクニックみ使えるところは使っていきたい。

  • 元外交官が、英語の学習法と英文法の解説を行っている本。

    タイトルにもなっている「うな重方式」というのは、例えば単語を覚える際、英単語のみで覚えていくのではなく、文脈の中でとらえていくべきであるということや英単語を調べる際、語源まで追うことによって、同種の単語を同時に覚えていくなど、幅広く英語を学んでいくことをうな重(ウナギ・たれ・ご飯の3つが一体となって美味しくなっていること)に例え、著者が命名したものである。

    内容としては上述の2部構成のうち、英文法解説のボリュームが多い。ただし、単なる英文法解説書ではなく、外交官の経験を織り交ぜ、ネイティブの話すニュアンスの違い、国益のせめぎ合いに使われた英文法のエピソード等を取り上げ、軽視されがちな英文法の有用性を紹介している。

  • [ 内容 ]
    英語修業を続けること四十年のベテラン外交官がこっそり明かす、とっておきの英語上達法「うな重方式」とは?
    これで会話も、文法も、国際貢献も、タフな交渉も、万全だ。

    [ 目次 ]
    1 英語をどう学ぶのか(意味のないことは覚えられない(英単語暗記は「うな重方式」で) 「金粉浮遊説」の誤り 外国人の名前 アスリート(カタカナ言葉のアクセント) ほか)
    2 英文法が好きになる楽しい話(冠詞が分かれば英語は分かる 寺島しのぶ「エブリタイム、キスよ」(every timeとalways) 「よろしかったでしょうか」(過去形にしたい。丁寧に言いたい、傷つきたくないから) 山崎貞著『新々英文解釈研究』と関係形容詞 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 英語学習のヒント集の一つに位置付けしておくと良いだろう。

  • 外交官の視点で英語を読ましてもろた。

  • 勉強法というよりは,英語に関する話がトピックごとに,いくつか書かれている本。書いてあることは,信頼できそうな本です。

  • 英単語ではなく、意味をもった用例の中でこそ「うな重」のうなぎ&ごはん&たれの絶妙な味わいがあり記憶に残しやすい。
    使役動詞のニュアンスの違いや現在分詞と過去分詞の意味合いなど、なるほどと納得した。
    倒置法は、自分で英作文することはできそうもないと英語の奥深さを感じさせてもらった。
    09-52

  • 09/2/27
    文法大事,冠詞は大事,単語は語源で覚えよ

  • 「うな重」に目を奪われた・・・・。あんまり学習法に関しては参考にできる本ではない。

全11件中 1 - 11件を表示

外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)の作品紹介

英語修業を続けること四十年のベテラン外交官がこっそり明かす、とっておきの英語上達法「うな重方式」とは?これで会話も、文法も、国際貢献も、タフな交渉も、万全だ。

外交官の「うな重方式」英語勉強法 (文春新書)はこんな本です

ツイートする