聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))

  • 8516人登録
  • 3.36評価
    • (290)
    • (977)
    • (1389)
    • (302)
    • (82)
  • 1231レビュー
著者 : 阿川佐和子
  • 文藝春秋 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166608416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・キム
松下 幸之助
伊集院 静
高野 和明
佐々木 圭一
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))の感想・レビュー・書評

  • 「聞く力不足」に悩んでたところで友人から借りてみた。文体が読み易くすぐに読み終えられる。


    話を聞くだけで誰かの支えになれること。
    鋭い質問をせずとも心に寄り添うだけで十分である。

    反論する時は一度肯定する事が大切であること。

    次の質問は相手の話の中から引き出すこと。


    知っていたつもりでも実践できていなかったなーと反省。

    話の聞き上手な先輩を見てると三段階踏む。
    聞く→肯定→質問
    いつも自分には相手の言っていることを肯定する段階が抜けているな〜と反省。

  • 話を聞いてあげに行く。
    事前準備はほどほどに。
    笑う準備、笑わせる準備。

  • 決まったスキルやノウハウなんかない。相手の気持ちを考え、真摯に会話をすることが大切。

    インタビューだけではなく、普段のコミュニケーションや仕事でのやり取りにも通じて言えること。阿川さんご自身の経験談がふんだんに盛り込まれて読みやすく、すとんと落ちる。

    ミリオンセラーにも納得。

  • 「インタビューは下手だけど、不思議と嫌われないね。」最初のころ、ライターさんに言われたそうです。失敗談や成功した話をユーモアを交えて紹介してくださり、分かりやすい。そして、最後はアガワさんのお人柄だなあと思います。

  • 人の話を聞くことのコツは書かれているけれど、人相手の話だからどうしても一般法則みたいなものを示すことはできない。ただそういう状況であっても自分の経験や他人の指摘・仕草から学ぶことはある。最近人の話をきちんと聞けていない自分に対して戒めの意味をこめて読んでみたけれど、そこまで説教されることはなかったと思う。個人的に阿川さんのへりくだり方はあまり好みではないがこの際そこはあまり深く考えないことにした。

  • 可愛い。文体も内容も阿川さんらしく、可愛い。どんどん読み進められる。

    割と自分に性格が似ているためか、ドキッとする一文も。
    「愛嬌よく近づけば、誰でも自分のことを好きになってくれると思うのは間違った信仰であり、同時に驕りでもあるのだと学びました。」
    真面目に勉強し、甘ったれないこと。肝に銘じなくては。

    本題とはずれるが、この本には阿川さんがインタビューした人のエピソードが盛りだくさん。感動したお話を二つ。

    ・浜口京子がオリンピックの準決勝で負けた時に、三位決定戦前に母が掛けた言葉「私が今まで勝てって言ったことは一度もないでしょ。でも今回は勝ちなさい。銅メダルを取りなさい。」
    ・ヤンキー先生が交通事故にあい朦朧としている時に高校の恩師が掛けた言葉「死なないで。あなたは私の夢なんだから。」

    言葉ってすごい。

  • 阿川さん流のインタビューの極意が、豊富な体験談とともに書かれている。これらの技はそのまま真似すればいいというものではないが、失敗の捉え方については大いに参考になる。自分ではやらかしたと思っていても、色々な人の間の相互作用でなぜかうまくいくことがある。そのときホッとするのではなく、その原因を探究する姿勢が大事だと気付かされた。

  • 対談なんてできませんよ~、対談の前はいつもネガティブ…。な作者のコミュニケーション術。
    自分が体験した失敗や、思わぬ成功など、具体例が盛りだくさんで、半分エッセイのようなもの。
    見出しのことをあえてやった。というよりは、後々振り返ってみるとあのことが成功だったのかなぁ。という書き方。
    万人受けするような術ではないが、数個は実践してみるとうまく話を引き出せるかも?阿川さんの人柄による成功が多そうなのは否めない。

  • 2017.4.15
    数年前に大いに話題になった「聞く力」
    図書館で見つけました。
    読み始めたら止まらない。文章がスルスル入る。知ってる人の深い話満載。それをできるか悩みながら、試行錯誤して連載していたとは。
    文春でタイムリーに読んでいたけど、インタビューをするとって大変だったのですね。

    インタビューにとどまらない、日常の生活に欠かせない聞く力。昨日の職場の歓迎会で、私はころころ話の流れを変えてしまった。そして、キョロキョロして、相手に集中できなかった気がする。

    反省

  • 紹介されているエピソードに、ウルっときたり、クスっと笑ったりしながら、あっという間に読めた。

  • 3/4くらいまで読んでいたのですが、バタバタしていて読めていませんでした。文章に阿川さんの人柄の良さが出ていました。知ったかぶりをしない、などは実践したことがあるので共感できました。プライドが高いので以前までは知ったかぶりをしながらする会話をしていましたが…その会話は本当に面白くないです。ある時から、わからないことは、素直に聞くようになりましたが、会話が弾む弾む…学ぶことも多いです。友人の中でも聞くことが上手い人は話すことも上手い気がします。この本をたまに読み返しながら、私も聞く力を高めていきたいです。

  • 阿川さんのインタビューの失敗・成功談
    取り入れられそうなものもあり。「オウム返し」はやっぱり重要。

    事前の調査はほどほどにし、知ったかブリをしない。素朴な質問とか相手の話の内容にキーワードありだそう。

  • 人と話すのって難しいなと思ったことがある人には参考になる本。
    文体も話し言葉で二時間いらないくらいで読めるのも良い。

    仕事で人に取材する機会ができそうなので読んでみたが、思いの外勉強になった。
    各エピソードに実際の著名人が出てくるのでより身近に感じられ、その経験から得たヒントと言われるとつい試したくなる。

  • 評判倒れ的なところあり。

  • 聞く力とは、引き出す力でもあったのですね。

  • 研修で紹介。マネジメントとかコーチングの基礎って、話を聴くことじゃないかと思って。

  • 阿川さんはとてつもなく親切だし、素敵なひとだな。

  • 2016.12.2読了。図書館で借りた。

    阿川さんが実際に、思ったことを綴った本。
    具体的にたくさんのインタビューを例に出し、その後こう反省しました、という文章がわかりやすい。失敗例もたくさん載せてくれるのが阿川さんらしい。

    私自身がインタビューという仕事をすることはないと思うけど、日常会話の中で役立つかも。
    ちなみにデーモン閣下の話自体がためになった。あくまで(!)閣下の論として。歌手として閣下のファンなので。

  • 積ん読チャレンジ(〜'17/06/11) 25/56
    ’16/11/29 了

    永らくベストセラーの座にあった作品。

    3.11震災の後、被災地に行きたいが何をして良いか分からなかった糸井重里氏。
    Twitterで知り合った女性に避難所を訪ねて欲しいと言われた。
    その理由が、家が壊れ家族を失った話をしても、周囲には同じ目に遭った人たちばかり。それどころか自分より酷い目に遭った人もいる。
    自分の話を真剣に聞いてくれない。
    だからこそ、外部の人間が被災地に行き、話を聞くことで「自分が忘れられていないと気づく」のだという。
    その話から、筆者が「『聞く』だけで、人様の役に立つんだ」と気付くと言う話が印象的。

    外的要因のせいで金メダルの可能性を断たれ、三位決定戦に臨むことになった浜口京子さんのエピソードも印象深い。
    「私は今まで勝てって言ったことはないでしょ?でも、今回は勝ちなさい。銅メダルを取りなさい」(P79)その言葉で、「ただ茫然とするだけで泣くこともできなかった浜口選手が初めて涙を流し、試合場に戻ったときは、「あ、また、試合ができるんだ!嬉しい!」と思うことができという。
    そのエピソードが好きだ。

    日本語で話すアガワさんの質問に対し、一生懸命目を見て耳をかたむけるモーガン・フリーマン。
    「もちろん私は日本語がわからない。でも、あなたが真面目に質問をしてくれているときに、私も真面目な態度を取らなければ、失礼な気がしてね。」(P179〜180)
    僕もモーガン・フリーマンが大好きだが、この逸話を知ってより彼を好きになった。

  • 母親が持っていたので、借りて1時間で読了。

    聞く力のノウハウ本という感じではなくて、阿川佐和子のインタビュー能力がどのように身についたか、いろいろなエピソードが書かれている。

    自伝好きにはいいかも。

  • 人の話を聞ける人になりたいと思って読んだ。でもそれを実行するのは本当に難しい。でも、みんなでそうしましょうと阿川さんに言われているような気になりました。決して上から目線ではなくみんなで目指そうというのが良かったです。

  • うーん、そこまてでも。。

  • 数時間でぱっと読めてしまうほど読みやすい。
    その分、心に残ったキーワードも少ないかというとそうでもない。

    ・質問は1つ。柱は3つ。の部分は半構造化インタビューでの心得のように思えたし
    「会話は生」なのだからと心得る、は計画通りが正解ではないということだし
    話が脱線したときの「おっしゃるとおり!おっしゃるとおりではありますが、、」と、肯定してから話を反らすってテクニックも面白かった

    一番心に残っているのは、河合隼雄さんの言葉
    「ただ聴くこと。それが相手の心を開く鍵なのです」
    聞いてくれている、と感じるだけで 人って嬉しいものなのだ。自分の話を聞いてほしくない人なんかいないのだ。

    聞く力、というとテクニックのように感じるかもしれないけど
    結局は自分がその人と同じ目線で聞こうとしているかどうか?受け入れなくてもいいけど、言葉から発しているエネルギーとか沈黙とか。
    その流れをこちらから変えよう!とおもわず、相手の流れの中で泳げるか?
    そうゆう「あり方」が「聞く力」だと思った

  • 具体性
    目を見る
    2秒後に反応する
    相手のテンポにあわせる
    同調する

    知っていてもできていないことばかり。

全1231件中 1 - 25件を表示

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))に関連する談話室の質問

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))に関連するまとめ

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))を本棚に「積読」で登録しているひと

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))の作品紹介

頑固オヤジから普通の小学生まで、つい本音を語ってしまうのはなぜか。インタビューが苦手だったアガワが、1000人ちかい出会い、30回以上のお見合いで掴んだコミュニケーション術を初めて披露する―。

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))のKindle版

ツイートする