聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))

  • 8564人登録
  • 3.36評価
    • (296)
    • (980)
    • (1398)
    • (303)
    • (82)
  • 1239レビュー
著者 : 阿川佐和子
  • 文藝春秋 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166608416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
ジョン・キム
高野 和明
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))の感想・レビュー・書評

  • 阿川佐和子のベストセラー。
    なるほど、読みやすい。

    仕事を始めた頃に、一つ一つ失敗しながら気づいていく様子が書かれているので、わかりやすい。
    最初は出来なくてもだんだん進歩していくのだ、と若い人は思えるかも?
    特に強い意志を持って始めたわけでもなく、がぜん猛勉強したわけでもなく、素直に、ほどほどにやっていくという。

    具体例に上がっているインタビュー相手がさすがに選り抜きの有名な人ばかりなので、エピソードも面白く読めます。
    そういう体験を連ねたエッセイ風というか、そんなにきちっとしたハウツー本ではないです。
    明るくて気取りがなく、あっけらかんとしていて、突っ込んでも感じがいい。この人柄が人の心を開くのでしょうね。

    ジュリー・アンドリュースご本人を前にして、何曲も歌ってのけたというエピソードが可笑しい。
    その場にいたスタッフは気の毒だけど~完璧でないところも親しみやすいのかも?
    こういう人だから、あんなに目元が笑っているんだろうなと納得。

    若い頃は自分が明るく機嫌よくしていれば相手も心を開いてくれると思っていたが必ずしもそうではなかったと気づいたというんだけど。
    そう、ケースバイケースではありますね。
    その場で、途中からでも臨機応変に方針や話題を変更できる力、これは経験を積み重ねるしかないんですかね~。
    聞いた内容をどう人に伝えるか、読者が聞きたい話題を突っ込むかどうか、そういったところの悩みなども。

    スポーツ音痴で、直前ににわか勉強で教わってはいても、松井選手や貴乃花関にすっかり見抜かれ、笑われたとか。
    スポーツを知らないのは徹子さんと同じですね。
    言葉のほうに発達する人間には、案外盲点なのかしら?
    私も野球は全然知らないため、ちょっと共感を覚えました。あ、でもエースがピッチャーなのは知ってるよ~野球マンガとかでね♪

  • 先日、職場でコミュニケーション研修なるものがありました。
    話のきき方(聞く・訊く)や話し方について、グループ演習をしながらの研修だったのですが、何とも気を遣いました。
    普段何気なくしている相槌なども、いざ意識してやろうとすると上手くいきません…。
    なんだか一生懸命さばかりが強調されて、不自然なやりとりになってしまいました…

    そこで、復習の意味も込めて手に取ったのが本書。
    売れているのは、中身の「聞く」ポイントもさることながら、アガワさんの人懐こさやかわいらしさが多くの人に愛されているからなのだろうなぁと思いました。

    本書を読んで一番の自己反省。
    アガワさんは「(初対面の人に)愛想良く近づいていけば、誰だって自分に好意的になってくれると思うのは間違った信仰であり、同時に驕りでもあるということを学びました」と書かれていました。
    私もまさにこのタイプ。
    自分の緊張をごまかすためもあり、ついつい必要以上にはしゃいでしまいがちなのです。
    相手のペースを無視して、自分のリズムを押し付けるばかりでは失礼ですものね。

    「私はあなたの話を聞きたいのです」という真摯さが相手に伝わるような、聞く姿勢を習慣として身につけたいものです。

  • 私はどうもおしゃべりでいけない。
    文章ならば、ここは違う言い方の方がいい、別の表現に変えよう、とすることもできるが、会話となると余計な一言を言って失敗することが度々ある。
    また、自分ばかりべらべらとしゃべっている気もする。
    家に帰ってから、自分のことばっかり喋っていなかったかな、と反省することもよくある。
    だからその度に直そうと努力をしている。
    相手の話をきちんと聞くためにはどうしたらよいか、その助けになることを期待して本書を読んでみた。

    「相槌は適当に打ってはならない」
    適当に相槌を打っているのは、思った以上に相手に伝わっているものだ。
    へー、あそう、ふーん
    目を見て言われるならまだしも、明後日の方向を向いていたり、スマホを見ながらやられたらたまったものではない。
    その場で私は激怒して帰るかもしれない。
    ただの返事ではない。
    それも大事なコミュニケーションの一つだ。

    「相手のテンポを大事にする」
    これはなかなか難しい。
    おしゃべりな人というのはよく例えられるように弾丸そのもので、打ってそれだけで満足していることが多い。
    それを途中で止められるとムッとしてしまうのだ。
    ではゆっくりした人ならばどうだろう?
    相手に急かされているように感じたら、やはり不快な気分になってしまうだろう。
    人はそれぞれ持っているテンポが違う。
    波長が合えばこれほど楽しいことはないだろうが、そうでない人と話すことの方が圧倒的に多い。
    そのときどれだけテンポを合わせられるかが会話の要となろう。

    大切なことは何か?
    それは自分と同じくらい相手のことも大事にするということだ。
    もちろん自分自身の意見、主張は大事だ。
    しかしそれのみでは会話は成り立たない。
    もし自分の意見だけを聞きたいのならば、一人でやればいい。

    相手に興味を持って、自分にも興味を持ってもらう、それが「聞く力」だ。
    これができれば、自分一人では見えなかった人生のあり方、世界の広さや見方、そしてなにより自分自身が見えてくるのではないだろうか。

  • 誰かにインタビューすること、話をすることは仕事上だと、つい自分が描いたストーリーに持っていきがち。注意しようと思った。この本に出会って、あらかじめ用意する質問の数を減らした。
    まずは人と人としてのコミュニケーションが大切ね。

  • インタビュアーとして多数の実績がある著者が、今までの自分の経験を通して感じたことや体験談をわかりやすく面白おかしく語った一冊だ。
    35のヒント、とあるわりには、第一番目のコツはなんとかで・・・と箇条書きにされるようなよくある実用書っぽい内容ではなく、エッセイのような気楽なかたちでコミュニケーションの基本について丁寧に書かれている。
    結局人間対人間のことだから正解などなく大切なのは心構え、という極めてまっとうな話だった。

  • 図書館に本を予約してから6ヶ月待って読んだ。
    話題性で時流に乗った本という印象である。標題の通り(インタビュアーにとって)聞くことは重要ですよ、という内容である。面白かった。さらっと読んでしまった。印象に残ったのは、黒柳徹子、三輪明宏、岸田今日子の話かな。中でも、「おしゃべりは、スパイになれない」というのは良かった。
    全体的なイメージとして池上彰の新書本と同じイメージがある。読者に対して、平易に説明を試みている。そして、自分の体験から裏打ちしている。苦労話なのか?と思われるところもある。著者を通して、見たことであり、著者を通して聞いたことではない。また、阿川さんの周りの人々の協力と鋭い洞察力が感じられる。
    インタビュー術の本ではない。
    エチケット?品格?適切な言葉が見つからず。

  • 聞く力について知りたくて読書。

    ビジネス、自己啓発系を思わせるが、著者らしいエッセイ風の文体で非常に読みやすい。著者の人間性を感じることができる。

    文章として魅力があり、書き方も参考になる。

    人の話を聞くのは、準備が重要だと思った。
    そして、知ったかぶりをせず素直に聞いてみる。

    こちらが上手く引き出せなかったと思っても相手は話しやすい、聞き上手と思うこともある。独りよがりな先入観を持たないほうがいいという下りが印象的。

    相手のテンポ、ペースに合わせて、その人ならではの話やちょっとした発見することに面白みを感じるのだと思う。

    最後のあとがきが、本書の要旨を凝縮している。具体的な話を引き出す。これぞ目的かと。

    日本人とエチオピア人との共通点はなかなか興味深い。確かに目線を合わせないことが相手への敬意って感覚は理解できる。中国人と話していて時たま感じる違和感の要因の1つはこれかも。

    読書時間:約45分

  • 「えー苦手なんだよなあ…趣味が合わないかも(本音)」を「実は面白いのかなあ…教えてほしいなあ(興味)」に変える。
    本の中にあった「面白がって聞く」というのが、取り入れたいけど自分にとっての一番の難題かと思う。よく知らない相手の、自分の好きな話題じゃない時は特に。

    ・無理に話を合わせない
    (嫌いな話題なのがバレてもバレなくてもしんどい)
    ・でも相手と相手の価値観に関心をちょっぴり寄せる(甘えるように甘えさせるように)

    うーんー。理想を考えてみたら、好奇心と包容力が融合した銀座のホステスみたいになってきた。聞き上手の道って険しい。天然&才能のある人って本当羨ましい。

  • 正しい聞き方は正しいコミュニケーションにつながるだろうと予測し購入。難しい理論ではなく、1000人との対談から得たちょっとしたコツが散りばめられており、とてもわかりやすく、すぐ実践できるものばかり。自然体、相手の気持ち、キーワードを聞き逃さない、脱線しても良い時もある、など。人間て話したい生き物なんだな。ということは、誠意をもって聞くことが大切なんだと改めて感じた。

  • 去年のアクティベーター養成講座でインタビューの参考図書として紹介されていた一冊。多くのインタビューを経験してきた著者の経験談が書かれていて、読み物としておもしろく読めました。ただ、もっとインタビューのノウハウが詰まっている本かと思ったので少し物足りない印象もありました。まぁ、こういう本が書けるくらいにインタビューの経験を積み重ねて、スキルはやっぱり自分でものにすることが必要なのかなと思います。ただ、一緒に飲んだりするだけでも一緒にいてなんだか楽しい、いい気分で話せる人っているので、自分もそういう人になっていけるといいと思いました。

  • 成功者に見える人でもコンプレックスを抱えている。軸を3つ。質問の答えに質問して話しを広げて行く。わかったふりしない。おっしゃる通りではあるが。相づち。オウム。慰めは2秒後。目を見る。

  • 話題になってから、1年以上経つのでは?
    まだまだ平積で売れている、阿川さんの「聞く力」
    あえて避けていた。
    と言うか、自分に足りないものをズバリとタイトルにされて、直視に耐えられない感じ?だったのですが、これもタイミングなのか、手に取りました。

    未だに売れている理由を、読んで納得した。
    これは、解かりやすいです。阿川さんの自身の言葉であろう、「しゃべり言葉」のような綴り方で書かれています。

    これは売れるわけですね。
    内容も、とても参考になりました。すぐ実践もしました。

    もっと早く読めばよかった。と思わせる、さすがのベストセラーです。

  • まず、阿川佐和子さんという人物が好き。
    ユーモアがあって、素直で、好奇心旺盛で、謙虚。しなやかに強い。
    本の内容も、聞く為のハウツーというより、彼女の魅力の根源に迫ったような、エッセイというべきもの。
    読後に、こうして話を聞こう、というよりもこんな歳の重ね方をしたい、という気持ちになった。
    結局、聞き方に正解があるのではなく、相手に興味を持つ、知ったかぶりをしない、自分の話を押し付けない、ということの大事さを再確認。もちろん私はインタビュアーでもないけれど、身近な人と話す時にこそ意識したいと思った。

  • 最近、とある人に、僕は聞く力が無い。
    それは、相手の事を好きになっていないからだ。
    嫌いだと思って会話をしているから、結局聞くことはできていない。
    さらに、相手がものをいおうとしているのに、話をかぶせて相手の意見を消してしまっている。
    というようなお叱りを受けました。
    聞く力ってなんだろうか?
    どうやったら身に付くのだろうか?
    これは僕自身の長年の疑問というか課題でした。
    課題であるにも関わらず、アラサーになった今でも
    解決できていない問題ではあるのですが。。。

    そこで、ふと本屋で手に取った阿川さんのこの本。
    雑誌で900回以上インタビュー連載を続けている阿川さん。
    人の話を聞く、話を聞き出すにはどうしたらいいものか
    悩み続けて、それでもこれだけの年月回数を続けているからには
    何か聞く事のヒントになるのではないかと思い、購入。
    早速、お風呂で全部読んでみました。

    あくまで、インタビューをする上での阿川さんが苦労して
    今現在に至っている過程が書かれています。
    そこでの失敗や成功が、新書というよりは阿川さんの他の
    エッセーに近い語り口なのですが、だからこそ彼女自身が
    真摯に思っていることを書いてくれているということが伝わり
    非常に好感が持てる文体です。

    人というのは、360度いろんな方向性を持っていて、一方で見ている真反対では全く違う顔があったりする。
    それをどのように引き出して行くのか。
    初対面で、いかに相手に自分は敵意が無い人間なのか
    ということを分からせ、求めているものを引き出させるか
    というのがインタビュアーのお仕事かもしれませんが、
    これは、僕のような営業にも言えることだと思います。

    まだまだ聞く力は、ゼロベースなので身につけていかなければ
    いけないのですが、彼女が900件インタビューをこなしたように
    成功も失敗もしつつ、とにかく数を重ねて、準備、実行、反省
    を繰り返して行かないと何も身に付かないんだよな。
    と、この本を読んでじんわりと思いました。

  • 聞く力をつけるために、あれしなさい、これしなさい・・っていうことは何にも書いてありません。いかに相手に興味を示し、知ろうとするか、なのではないでしょうか?

  • 評判倒れ的なところあり。

  • 相手が語りたいと思わせる聞き手、答えの中にある、相手が知っていると気力を失う、トークは生モノ、人は360度の球体で人によって見せる角度を変える、合いの手入り留守番電話、大事なポイントはほんの小さな言葉の端に隠れている、具体性が大事…ベストセラー。受信するテクニック。

  • 「寝た子を起こすな」だろうか。

    五代目柳家小さん師匠のインタビューに予定より1時間早く来てほしいと師匠から連絡があり、わかりましたと答えて、インタビュー会場に向かった。しかし、道が渋滞していて、会場に到着したのは、ほぼ最初に約束した時刻になってしまった。師匠は怒っていた。師匠の都合で約束を早めたのに、その約束を守れなかったのだから、さほども師匠が怒ることもないのにと思ったけれど、1時間早くと約束を変更したのだから、それを守るのが人として当たり前のこと。

    インタビューが進むにつれ、師匠の怒りの感情もほどけてきたようだ。

    インタビュー後、改めて筆者が遅れたことを詫びると、師匠の怒りが再燃した。
    「寝た子を起こすな」ということのようだ。

  • 聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

    2012年 年間ベストセラー第一位
    (トーハン・日販調べ)
    阿川 佐和子氏の著書。


    全く本の内容や趣旨とは関係ないのだが、
    本書の前書きで、「新書」とはそもそも
    学術的側面において人様に知らしめるべき
    知識や技術や意欲を持っている人が記すもの
    と表現されている。


    新書とか文庫とは「サイズ」でしか判断した事が
    無かった為、へぇーっと感心した。


    それはさておき、本書は阿川氏が多くの著名人との
    対談した経験から、相手様から情報をどう聞き出すか
    という技術や心構えについて200ページ強記されている。


    多くの方がインタビューをするという機会は少ないかもしれないが、
    人との会話、コミュニケーションを円滑にする上での
    知見が鏤められている。


    多くの人視点がずれているかもしれないが、
    日本語の文法の特徴である、語尾に肯定、否定が
    くるメリットであったり、相手の話しを聞く時は「目」を見るという
    当たり前の事が、実はそうではない可能性がある事、
    日本の歴史と照らし合わせてみる、そういった見方が
    あるものかと、感心させられた。


    対話術を学ぶという表層的な面で本書を手に取ろうと
    するのであればやめておいた方が賢明である。


    そういう目的れあれば、心理学や自己啓発の棚に収められている
    本を探すとよいだろう。
    http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

  • 話題の本。出張中の新幹線で読んでみた。なるほどと思わせる会話のコツが35個書かれており、特に印象に残ったのが”質問の柱は三本”。ガチガチに質問を固めて会話に臨んでも話の展開次第ではその質問をしない方が良いケースもある。相手の話の流れを止めないのが前提で、相手に対して聞くべきことを抑えておけば、おのずから話は拡がる。これは身近に実践できそうな内容。

  • ヒトに気持ちよく話してもらうために大切なことを、阿川さんが経験してきたことを中心に書かれている。
    とにかく真剣に聞いて、その人が話したことから、質問をするとか、事前に知っていても話してもらうためにあえて知らないふりをしてみたりとか、相づちも大切とか。
    インタビューにおけるノウハウが結構多いけど、これって結局、普通の会話が盛り上がらないとかで悩む人にも足りないことじゃないかなって思う。
    真剣に聞くのって結構大変だけど、だからこそ人の脳って働くんじゃないかな。
    会話は生物だから、スピード勝負だし。それはまた読書とは違った勉強になると思う。

  • 阿川さんの軽快なトークを聞いている感じで読みやすい一冊!仕事上だけでなく、普段から「ああ、こういう所気をつけなければ…」と考えさせられる事が沢山あり、且つ楽しく読めました(*´ω`*)聞く力第2弾も手にしてみたいなぁ。2015.10.30読了

  •  遅ればせながら…この本の魅力は、まえがきの「読書が改めて考える機会を得て、何か一つでもヒントを見出すことができなたらそれで十分なのではないかい?」という言葉と、あとがきにかえての「人の話はそれぞれです。無口であろうと多弁であろうと語り手が下手でも上手でも、ほんの些細な一言の中に、聞く者の心に響く言葉が必ず潜んでいるものです。」に凝縮されていると思います。阿川佐和子さんのように、著名な方にお会いしてインタビューするわけではなくても、どなたかの話に真摯に耳を傾けることで、心に響く言葉が見つかるのだと思います。

     この本を読んで思ったこと…「聞く力」とは、自分のために鍛える力ではなく、「相手の生きる意欲を取り戻させる力」なのではないかということ、つまり、社会の中で、自分が存在する意味を証明することができる力なのではないかということ、みんなの「生きる意欲」が向上すれば、社会が良くならないはずはない、誰かがやろうとしている全体最適を、自分の利益のために妨げるようなネガティブな発想ではなく、第3の案を模索するようなポジティブな発想がでてくるようになるはずである。これは、私が勝手に感じたですけれども…

     私は、同僚の悩みを聞かされることが少なくないのですけれども、『嫌われる勇気』で岸見先生が仰っているように、人の悩みは、人間関係の悩みなんですよね。そして、私が打ち明けられる悩みのほとんどが「相手に代わって欲しい」という悩みなんです。「人を変えることはできない」と言われることが多いですけれども、私は、「相手を変えたいと主張する人は、相手を理解していない。」と感じます。相手に変わって欲しいなら、まず相手の境遇を理解し、なぜ、変えて欲しいと思うような行動をするのかを知ることが先決だと思うのです。

  • ベストセラーという事を知ってはいたのですが、買うに至らず。
    古本屋で見かけて思い切って買ってみました。
    阿川さんの語りに好感を持てました(^^)

  • 相手の話を真剣に聞く、相手にもそれが分かるような反応をする大切さ。営業にも共通するところがあった。

全1239件中 1 - 25件を表示

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))に関連する談話室の質問

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))に関連するまとめ

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))を本棚に「積読」で登録しているひと

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))の作品紹介

頑固オヤジから普通の小学生まで、つい本音を語ってしまうのはなぜか。インタビューが苦手だったアガワが、1000人ちかい出会い、30回以上のお見合いで掴んだコミュニケーション術を初めて披露する―。

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))のKindle版

ツイートする