新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

  • 559人登録
  • 3.62評価
    • (43)
    • (59)
    • (74)
    • (13)
    • (6)
  • 66レビュー
著者 : 安倍晋三
  • 文藝春秋 (2013年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166609031

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
佐々木 圭一
J・モーティマー...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)の感想・レビュー・書評

  • 良くも悪くもこの政治家の小児的な国家観がよく表れた「正直」な本であり、まともな神経を持っていたら人前にさらすのはお恥ずかしいと感じてしまうところを、よくぞ明らかにしてくれたという意味で★5つ。とくに特攻隊について、為政者の無能のために若者を「死なせた」という認識ではなく、〈国のために死ぬことを宿命づけられた特攻隊の若者たち〉〈国家のために進んで身を投じた人たち〉と書いてはばからないあたりが、決定的。

  • 増補された最終章を読んだ。経済対策、物価目標「2%」という明確なインフレターゲットを設定したがデフレ脱却ならず。東日本大震災からの東北復興。福島原発について何故かいっさい触れていない。グローバル化の中で「瑞穂の国の」資本主義って意味が不明。書かれている通り「集団的自衛権の解釈」を変えたが、憲法を改正せず。一時的な内閣で解釈だけ変えるというのは「非立憲主義」である。

  • 首相再び。ということで購入しました。
    自分の意見をしっかりこうした「本」という形で公開することは重要なことです。

    マニフェストだとか、メディアの報道などだけでその人が何を考えているかということを断じてしまうのは怖いことです。
    実際、この本の中で「安倍首相が述べていること」と、報道における「安倍首相が述べているようなこと」には食い違いも多いです。

    内容的には、首相の考える自民党のあり方、自身の出自や育ち、そして現状(美しい国を著したときのことの方が多い)に対する自身のスタンスが述べられています。

    なるほど、と考えさせられる点も多いです。本の中での主張には賛否あるでしょうが、首相の考え方に対してダイレクトに賛否できるということは意義あることだと思います。
    安倍首相のやり方、自民党のやり方に賛同or非難する前にこの本を一読してみると良いと思いました。何事も相手のことを知らねば、です。

    政治家は、このようにもっとわかりやすい形で国民に自身の考えを広めれば、メディアのつまらない報道に左右されることも少なくなるのかなーと少し思いました。
    話題がそれてしまいましたが、安倍政権を語る・知るためなら一読を薦めたい一冊です。

  • 安倍さんの日本への思いが綴られ一冊。
    内容については綺麗事にも聞こえますが、自分の考えを持っておられるので、周りの雑音に惑わされることなく、突き進んで欲しいと思います。
    安倍さんを語る上で、本書は欠かすことはできないので、政権を取った今、読んでおきたい一冊です。

  • 安部晋三氏「美しい国へ」の追補完全版。主張がシンプル明快で国民誰にとってもわかりやすいメッセージとなっている。基本理念なくして国家運営なし。

  • 戦後の日本の系譜を父、祖父と総理大臣を務めた家系たる現・内閣総理大臣 安倍晋三が分かりやすく記述している

    本当の問題とはどこにあるのか、

    マスコミがどれだけ「下手な価値観」を作りあげているかというのが

    よくわかる


    安倍総理を批判する人は、これを読んでみて欲しいと思う。

    今の日本が漠然と不安なのなら、何が問題なのか理解するために読んで欲しいと思う。

    今の日本の総理大臣がどんな人間なのか、それを知るために読んで欲しいと思う。

    この本に書いてあることがすべて真実だとは思わない、けれども、事実の一端は確実にあると思う。

    一人でも多くの日本人に読んで欲しい本だと思う。

    感想を一言で述べるなら、
    「覚悟のない人間が覚悟のある人間をの邪魔をするな」

  • ■国

    A.人は何かに帰属してはじめて、自己を確認する。
    一つの選択をすれば、他を捨てることになる。
    なにかに帰属するということは、選択を迫られ、決断をくだすことの繰り返しである。
    帰属するということは、、決断をするさいの基準をもつということである。

    B.外交というのは、まずメッセージが先になければならない。
    交渉はその先の問題である。
    出すべきメッセージを出さなければ、そもそも交渉にならない。
    制裁するかもしれないと思わせることによって、困った相手は、はじめてテーブルにつくのである。

    C.青年の戸惑いは人類の失望をもたらす。
    願わくは、先達が営々賭して築いてきたものが無駄にならないように。:ベンジャミン・ディズレーリ

    D.リベラルという言葉はヨーロッパとアメリカでは、受け取り方が大きく違う。
    ヨーロッパは「個人主義」に近い意味で使われ、アメリカは大きな政府を支持する立場。

    E.外務省の一部の人達は、拉致問題を日朝国交正常化の障害としか、とらえていなかった。
    相手のつくった土俵の上で、相手に気に入られる相撲をとってみせる手法として。

  • 政治家として一度大きな挫折を味わい、奇跡的に首相として復活した安倍晋三氏の考え方が分かります。
    色々な批判はありますが、安倍氏ほど私利私欲なく日本のためを考えている政治家は残念ながら他にはいないと思っています。

  • 海外の友人が増えてからことさら日本を意識するようになった。日本が好きだ。詳細を全て把握しているわけではないが日本の歴史も、風土も、伝統も、文化も、ごはんも。日本人であることが誇りだ。この国がどこへ向かうのか。大きなビジョンと信念を持った首相を擁することの意義は大きい。一緒に世界で輝く日本へと一歩ずつ歩を進めたい。

  • 安倍政権が長期化する中で、安倍首相の背景を勉強しなおすために、初めての著書である本書を読む。基本姿勢がよくわかる。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:310.4||A
    資料ID:95140239

  • 理想は素晴らしいのだが、現実はどうなるなでしょう・・・

  • 本書では、アベノミクスの元となった脱デフレをはじめとする各種の政策構想だけでなく、安部氏の幼少期・少年期の体験なども記述されている。
    とりわけGHQにより戦犯とされた祖父である岸信介元首相や、父である安部晋太郎氏への尊敬の念が読み取れるす。

    そして、そもそも自民党は自主憲法制定のために結党された政党であることを強調しており、1995年頃に策定された「自由民主党新宣言」に党是である「自主憲法制定」が盛り込まれていないことについて、それを盛り込むための党内交渉を実現させたことも記述されている。このように憲法改正への熱意は並々ならぬものがあることがわかる。

  • 「美しい国」は未読だったが、当時から政策の背後にある考えは変わりないのね。自民党としての政策だと総花的になってしまうので、本書の方がわかりやすい。賛成・反対は別だけども。

  • 安倍さんの政治ポリシーが理解できる本。

    国家、日米外交、日中関係、安全保障、年金問題、教育などなど、現在、安倍さんが掲げている政策のベースを理解することができる本です。

    そうだよね。って思うところあり、それや、違うんじゃないのって思うところもありです。

    安倍さんの「熱さ」がひしひしと伝わってきます。批判もたくさん受けることでしょうから、その覚悟も相当たるもの。
    それも含めた日本国のリーダからの熱きメッセージが語られている本です。

    おまけで、日本近代史の勉強にもなります(笑)

    どちらも勉強になりました。

  • 【真の保守とは何か?】総理に返り咲いた著者による経済・外交安保の「政権公約」を附したベストセラーの完全版。保守の姿、この国のあり方を説く必読の書。

  • 「美しい国へ」は読んでないけど、たまたま図書館の「本日返却コーナー」にあったから手に取ってみた。
    選挙は二十歳から欠かさず行っているものの、恥ずかしながら政治を語れるかと聞かれると微妙である。
    頑張って読んでみたけど、興味無いところは飛ばし読み・・・。
    集団的自衛権に関しても、明確な方向性がうかがえなかった。何だかまだ不安だよな。。
    少子高齢化、年金に関しても自分に直結してくる課題なので、もう少し掘り下げた内容が知りたい、と思った。
    ただ、文中に映画等の作品をさらっと例に出しながら進めていく技法等には意外と巧い、と感じた。(上から失礼しました。。)

  • 政策提言ではないという前提なのでこのような文章になるのもわかるが、確かにポエムだな、と。
    あとは、もしかしたらこの人も小沢一郎と同じでどこか人格破壊されてるのかも?とも少し思った。

  • 新しく足された部分で、民主党政権時の外交について非難している。確かに、そのときは外交問題が次から次へと起こった気もする。けれども、国民が民主党政権へと移らせざるを得なくした責任が自民党にはあるのではないでしょうか。民主党に政権が移るまで、日本は一度も政権交代したことがない。過半数がとれず、共同政権になることが多いが、自民党は常に与党にいた。その事実にあぐらをかいていたのではないかと感じる。何十年も先、歴史としてあの3年間を眺め、その3年間は大変な3年間だったという評価であったとしても、私はあの3年間は絶対に必要であったと思うだろう。選挙によって国政も動くのだと、実感できた選挙だった。

  • 美しい国へが発売した頃、かなりの話題作だったが堅苦しい内容だろうという固定観念があり、敬遠をしてきたが完全版が出たので読んでみたら安倍氏が文章をわかりやすく、噛み砕いて書いてあるので非常にスラスラと読める。安倍氏はタカ派と聞いていたが偏った考え方を押しつけがましく書いておらず、誰が読んでも不快にならないような内容である。この本を読んで安倍氏の生き方を知った気がする。安倍晋三が首相で本当に良かったと思う。

  • 改訂版というか完全版。

  • すごくわかりやすく書かれていて、読んで良かった。

全66件中 1 - 25件を表示

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)を本棚に「積読」で登録しているひと

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)の作品紹介

日本を取り巻く環境は日増しに悪化している。長引く景気低迷、押し寄せる外交・安全保障の危機、さらには少子高齢社会の訪れによる社会保障の拡充。この国のリーダーは今なにをすべきなのか?大ベストセラー『美しい国へ』に、新たな政権構想を附した完全版。

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)はこんな本です

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)のKindle版

ツイートする