新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

  • 544人登録
  • 3.63評価
    • (43)
    • (59)
    • (73)
    • (13)
    • (5)
  • 65レビュー
著者 : 安倍晋三
  • 文藝春秋 (2013年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166609031

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)の感想・レビュー・書評

  • 良くも悪くもこの政治家の小児的な国家観がよく表れた「正直」な本であり、まともな神経を持っていたら人前にさらすのはお恥ずかしいと感じてしまうところを、よくぞ明らかにしてくれたという意味で★5つ。とくに特攻隊について、為政者の無能のために若者を「死なせた」という認識ではなく、〈国のために死ぬことを宿命づけられた特攻隊の若者たち〉〈国家のために進んで身を投じた人たち〉と書いてはばからないあたりが、決定的。

  • 海外の友人が増えてからことさら日本を意識するようになった。日本が好きだ。詳細を全て把握しているわけではないが日本の歴史も、風土も、伝統も、文化も、ごはんも。日本人であることが誇りだ。この国がどこへ向かうのか。大きなビジョンと信念を持った首相を擁することの意義は大きい。一緒に世界で輝く日本へと一歩ずつ歩を進めたい。

  • 増補された最終章を読んだ。経済対策、物価目標「2%」という明確なインフレターゲットを設定したがデフレ脱却ならず。東日本大震災からの東北復興。福島原発について何故かいっさい触れていない。グローバル化の中で「瑞穂の国の」資本主義って意味が不明。書かれている通り「集団的自衛権の解釈」を変えたが、憲法を改正せず。一時的な内閣で解釈だけ変えるというのは「非立憲主義」である。

  • 安倍政権が長期化する中で、安倍首相の背景を勉強しなおすために、初めての著書である本書を読む。基本姿勢がよくわかる。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:310.4||A
    資料ID:95140239

  • 理想は素晴らしいのだが、現実はどうなるなでしょう・・・

  • 本書では、アベノミクスの元となった脱デフレをはじめとする各種の政策構想だけでなく、安部氏の幼少期・少年期の体験なども記述されている。
    とりわけGHQにより戦犯とされた祖父である岸信介元首相や、父である安部晋太郎氏への尊敬の念が読み取れるす。

    そして、そもそも自民党は自主憲法制定のために結党された政党であることを強調しており、1995年頃に策定された「自由民主党新宣言」に党是である「自主憲法制定」が盛り込まれていないことについて、それを盛り込むための党内交渉を実現させたことも記述されている。このように憲法改正への熱意は並々ならぬものがあることがわかる。

  • 「美しい国」は未読だったが、当時から政策の背後にある考えは変わりないのね。自民党としての政策だと総花的になってしまうので、本書の方がわかりやすい。賛成・反対は別だけども。

  • 安倍さんの政治ポリシーが理解できる本。

    国家、日米外交、日中関係、安全保障、年金問題、教育などなど、現在、安倍さんが掲げている政策のベースを理解することができる本です。

    そうだよね。って思うところあり、それや、違うんじゃないのって思うところもありです。

    安倍さんの「熱さ」がひしひしと伝わってきます。批判もたくさん受けることでしょうから、その覚悟も相当たるもの。
    それも含めた日本国のリーダからの熱きメッセージが語られている本です。

    おまけで、日本近代史の勉強にもなります(笑)

    どちらも勉強になりました。

  • 【真の保守とは何か?】総理に返り咲いた著者による経済・外交安保の「政権公約」を附したベストセラーの完全版。保守の姿、この国のあり方を説く必読の書。

  • 「美しい国へ」は読んでないけど、たまたま図書館の「本日返却コーナー」にあったから手に取ってみた。
    選挙は二十歳から欠かさず行っているものの、恥ずかしながら政治を語れるかと聞かれると微妙である。
    頑張って読んでみたけど、興味無いところは飛ばし読み・・・。
    集団的自衛権に関しても、明確な方向性がうかがえなかった。何だかまだ不安だよな。。
    少子高齢化、年金に関しても自分に直結してくる課題なので、もう少し掘り下げた内容が知りたい、と思った。
    ただ、文中に映画等の作品をさらっと例に出しながら進めていく技法等には意外と巧い、と感じた。(上から失礼しました。。)

  • 政策提言ではないという前提なのでこのような文章になるのもわかるが、確かにポエムだな、と。
    あとは、もしかしたらこの人も小沢一郎と同じでどこか人格破壊されてるのかも?とも少し思った。

  • 安倍晋三首相の歴史観、政治思想、政治背景を垣間見る事が出来ればと思い読んでみた

    政治家として、どう行動すべきなのかを正直に綴り、根っこにある思いを伝えたいとある

    チャーチルのように、安全保障と社会保障が政治家としての私のテーマp45

    靖国参拝や「偏狭なナショナリズム」批判については、論点のスリカエだ

    レーガンのSDI(戦略防衛構想)、それに対抗しようとしたソ連は巨額の軍事費に耐えられず、その崩壊に繋がったp121

    「戦力なき軍隊」吉田茂の答弁p128
    保安隊はもともと警察であって、憲法でいう「軍隊」にはあたらない

    反日デモの背景の一つである日本の国連安全保障理事国入りの問題p133

    ”行使できない権利”集団的自衛権
    双務性を高めることは、信頼の絆を強め、より対等な関係を作りあげることにつながる。そして、それは日本をより安全にし、結果として、自衛力も、また集団的自衛権も行使しなくてすむことにつながるのではないだろうかp133

    権利を有していれば行使できると考える国際社会の通念のなかで通用するかp136

    2章 自立する国家

    靖国参拝
    靖国参拝が講話条約違反なら、遺族年金の支給も条約違反になってしまう。p77
    アーリントン墓地には奴隷制を擁護した南軍将兵も埋葬されている...

    偏狭なナショナリズム
    拉致された日本人を取り戻すために、北朝鮮に対する強い態度に出ると「偏狭なナショナリズム」と批判される...

    新しい国へ

    戦後レジュームからの脱却
    日本国民の生命と財産および日本の領土は、日本国政府が自からの手で守るとい明確な意識のないまま、経済的豊かさを享受してきた

    日本を取り戻す
    戦後の歴史から、日本という国を日本国民の手に取り戻す戦い

    集団的自衛権の行使とは、
    米国に従属することなく、対等となることです。それにより、日米同盟をより強固なものとし、結果として抑止力が強化され、...これが日本の安全保障の根幹をなすp234

  • 新しく足された部分で、民主党政権時の外交について非難している。確かに、そのときは外交問題が次から次へと起こった気もする。けれども、国民が民主党政権へと移らせざるを得なくした責任が自民党にはあるのではないでしょうか。民主党に政権が移るまで、日本は一度も政権交代したことがない。過半数がとれず、共同政権になることが多いが、自民党は常に与党にいた。その事実にあぐらをかいていたのではないかと感じる。何十年も先、歴史としてあの3年間を眺め、その3年間は大変な3年間だったという評価であったとしても、私はあの3年間は絶対に必要であったと思うだろう。選挙によって国政も動くのだと、実感できた選挙だった。

  • 改訂版というか完全版。

  • すごくわかりやすく書かれていて、読んで良かった。

  • 安倍晋三総理が何を求めて政治を行っているのかが分かる一冊。

  • 現総理大臣の安倍さんの本。前回の総理時代に書いた本に加筆したもの。この本を読むと、総理が受け狙いの右翼パフォーマンスをしているわけではないことが解ると思います。201312

  • 外交というのはまずメッセージが先になければならない。交渉はその先の問題。出すべきメッセージをダサ名けえr場、そもそも交渉にならない。
    今日のアメリカと日本は自由と民主主義、人権、法の支配、自由な競争という基本的な価値観を共有している。世界の自由主義国の共通認識を持っている。
    戦後日本の民主主義の歴史を欧米、世界に向けてきちんと説明をしてきてなかった。

  • 【なんでも芋(ドーデモ芋じゃダメ!)】
    私たちの日本の状況、課題、あるべき姿、進む道について、総理自身が丁寧にわかりやすく高い志で語っている。アンチにも読んでほしい。

    大分大学 ニックネーム:s-take

  • ついていきたい・いきたくないに関係なく、トップの考えを知ることは大切だろうと思い、読んでみました。

    日本の戦後史の勉強にはなると思います。
    また、政治家の立場のとり方についても、参考になると思います。

    が、具体的な政策の話となると、漠とした話が多くて、ピンときませんでした。
    今と未来をちゃんとつなぐ道筋は、まだ見えてないんですかね。

  • 51/100
    安倍ちゃん日本愛してるなあ。良かった。
    そういう人が総理大臣で。
    って思えた。

全65件中 1 - 25件を表示

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)を本棚に「積読」で登録しているひと

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)のKindle版

ツイートする