詐欺の帝王 (文春新書)

  • 252人登録
  • 3.32評価
    • (11)
    • (28)
    • (31)
    • (12)
    • (5)
  • 41レビュー
著者 : 溝口敦
  • 文藝春秋 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166609611

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

詐欺の帝王 (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 想像以上に動いている金額が大きい。そしてその闇は深い。

    悪い奴ほど合理的とも言われているが、本書に登場する主人公はその典型例と言える。戦略的思考に長けているので、表社会でも十分に成功したであろう。
    しかし、学生時代に楽してお金儲けをする術を身につけてしまったので、表社会には魅力的なポジションを見つけられなかったのだろう。

    それにしてもシステム詐欺は怖い。人間の欲が詐欺に遭う原因だと思うが、そこを巧みに突いてくる詐欺師たちは、後を絶たないだろう。

    家庭教育、学校教育をしっかりと立て直して、その様な犯罪に手を染める若者が安易に育たない社会にしていかなければ、安心して歳を取れない。

  • 興味があったので。
    よく勤務先に不動産投資とかで電話かけてくる輩もまぁ同じだよなと思ったり。断ってるのにしつこく食い下がり、時には逆ギレして何とかして会おうとする。会ったら軟禁で契約。
    新入社員研修とかアンケートを装って個人情報(名刺)を求めてくるのも同じ。本人の同意なく第三者に個人情報を提供する名簿業者も一翼を担ってる(…と、本書とは関係ないけど)。
    サクッと読めた。内容も興味深い。ただ、途中に(前置きとして書かれてはいるものの)脱線気味でまとまっていないように感じられる箇所も。飛び飛びで、登場人物(仮名やアルファベットなど)にややこしさを覚えたり。構成がなーという印象でした。

  • 2017/07/08読了。

    090金融や、オレオレ詐欺等を手掛けた本藤氏との対話をまとめた本である。

    全体を通して、本藤という人間は大変に頭が良く、人の扱いやチームビルディングのスキルがある。言葉の端々にいかに人を使うか、いかに強固なチームを作るか、何を許容し、何を許さないかの記述をしている。

    ただ、そういった手段で手に入れたお金は使い道が限られる点は問題としてある。やはり、まともな仕事でそのスキルを発揮すべきではないか。

  • 2017/04/13
    移動中
    仕組みができれば隙間が生まれる。埋めるのも埋まるのもいち早く気づいた人間の欲だなと痛感。

  • かなり面白かった。
    興味を持った人は読んでおいた方が良い。
    闇金を発端としたオレオレ詐欺、その歴史やシステムがどのようになっていたかがわかる。
    とてつもない巨額なマネーが動いていた。

    詐欺を行うものの心理やテクニック、手口を知っておく事で詐欺にかかりにくくなるだろう。

    表社会でも裏社会でも大きな成功や巨額なマネーを得るには後ろ盾は重要なのだな。

  • 闇金から振り込め詐欺への流れが詳細に紹介されてる。
    人間の欲望がある限り、詐欺は無くならないという締めくくりが印象的だった。

  • システム詐欺
    年寄りの金を若者に、社会に循環

  • 著者の取材力は相変わらずだが、今回は読んでいて胸糞悪くなる内容。
    著者には申し訳ないが、内容のせいではなく個人的な感情面で評価を低くした。

  • おれおれ詐欺など組織的な特殊詐欺犯罪組織の頂点に君臨していた男「本藤」の半生を描いたもの。裏世界の当事者へのインタビューを取ってくることで有名なノンフィクションライターの著者が、「本藤」本人の話を中心に構成したもの。

    おれおれ詐欺の起源が、イベントサークルやヤミ金にあったとは驚きだ。しばらく前に世間を騒がせたスーフリ事件も、それが原因で本藤が会社を辞めるきっかけ(犯罪に手を染めるきっかけ)になっているというのも不思議な話だ。まあ、中身を読んでいただきたいが、とにかく驚くのはその金まわりの桁違いのよさだ。それだけの人がだまされていたということなのだが。

    本藤は、自分のところに官憲の手が回る前に足を洗う。リスクマネジメントにも優れた人物なのだろう。今は堅気だという。著者は本藤を断罪もしないし、許すこともしない。しかし、被害に会い身を持ち崩した多くの人がいる以上、やりきれなさは残る。たとえば自分の親がだまされるような目に合っていたとしたら、どんな気分でこの本を読んでいただろうか。

    もう少しシステム詐欺の具体的な手口があれば、こちらの好奇心を満たしてくれたのかもしれないなと思いながら、よく聞きこまれたストーリー性が読み手を惹きつける。溝口さん、その辺りは安心できる。でも、どこまで本当なんだろうね。

  • 本藤がオレオレ詐欺の黒幕ということなのだが、彼は六大学出身でイベントサークルを仕切っていた人。そのあたりの事情をしるにつけ、彼の企画したイベントにはスポンサーにつく大企業がいたりして、暴力団にも通じていたと言う裏の事情も考えると、ちょっとしたカオスになっていたなと思った。学生時分からこうやって金もうけの世界に足を突っ込んで自分たちのメリットを活かして金を引き出す方法を血肉化させていった人びとを企業は将来、自分たちの会社などの利益を第一とするという意味での健全な金もうけの道を進むことを嘱望していたのだろうけれど、実際の本藤はもっと姑息な人だったのが正体ということなのだろう。これはなにも本藤にかぎらず、イベントサークルを仕切っていたような人は多かれ少なかれそういう気質だったのかもしれない。まあ、姑息というか、倫理観が薄れていて、さらに個人主義(利己主義)で、という。そういう土壌から出てきた人としてみると、ホリエモンさんなんかの見方もなるほどなと思える部分もありそうな気さえする。というか、そういう人とホリエモンを比較するなという感じもしますが…。

全41件中 1 - 10件を表示

詐欺の帝王 (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

詐欺の帝王 (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

詐欺の帝王 (文春新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

詐欺の帝王 (文春新書)の作品紹介

溝口敦氏といえば、泣く子も黙る極道取材の第一人者。その溝口氏が、裏社会について取材を進めるうち、つい四年前まで詐欺業界の周辺で「オレオレ詐欺の帝王」といわれていた本藤彰(仮名)なる人物と出会いました。 本藤は、名門私大に在学中からイベントサークルがらみのビジネスで金儲けのコツをつかみ、集団レイプ事件を起こした早大スーパー・フリーの主宰者・和田真一郎のケツモチ的存在でもありました。卒業後、一度は大手広告会社につとめますが、退社して闇金融を開業したのを契機に、詐欺の世界で名を轟かせはじめます。 オレオレ詐欺の草創期に荒稼ぎしただけではなく、ワンクリック詐欺、未公開株詐欺、社債詐欺、そしてイラク・ディナール詐欺と、彼が率いるグループの業務は、〝詐欺のデパート〟といっていいほど多岐にわたっていました。 そんな「帝王」が「罪滅ぼしの気持ち」もあって、溝口氏に〝シノギ〟の実態を赤裸々に語ったのです。 詐欺師たちはいかなる手口を使い、どんな人間を嵌めるのか? なぜ被害者が後を絶たないのか?――現代日本の〝闇〟を暴く力作です。

詐欺の帝王 (文春新書)のKindle版

ツイートする