ブクログ大賞

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)

  • 721人登録
  • 3.77評価
    • (41)
    • (104)
    • (58)
    • (12)
    • (3)
  • 71レビュー
著者 : 橘玲
  • 文藝春秋 (2014年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166609703

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)の感想・レビュー・書評

  • 内容にタイトルほどのインパクトはなかったが、わかりやすく、なるほどと思う内容が多かった。
    ・社会保険料
    会社が半分負担する→本来であれば人件費(自分の給料になっていたもの)という点が目からウロコだった。半分は会社が負担してくれててお得、くらいに思っていた。年々社会保険料率が上がっているのは感じているが、社会保険料率は国会の議決が不要というのも知らなかった。消費税よりよっぽど負担が重いのに、注目度が低い。
    ・投資不動産
    利益を追求する企業は不動産を買わずに賃貸している→賃貸の方がお得ということ。この点が個人になるとマイホーム神話でマイホームの方が賃貸よりお得、となってしまう。マイホーム購入がお得とは言えない。
    ・悠々自適な老後より、どれだけ長く社会に貢献するか
    社会貢献(仕事だったり、自分で生活費を生み出す)している限りは年金問題は起きない

  • ★期待資産額=年齢×年収/10 あなたの純資産が期待資産額を上回っていれば金持ち、逆に下回っていれば、どんなに年収が高くても貧乏人。
    ★資産を守るには「金融機関が熱心に勧誘するウマそうな話は全て無視する」事
    ★金持ちになるには①収入を増やす②支出を減らす③資産を上手に運用する
    ★資産運用に成功するには金融商品のコストに敏感でなければならない。
    ★長く働けば人的資本は大きくなる
    ★どんなに財政破綻に陥っても社会保障制度は全廃されない。
    ★宝クジは愚か者に課せられた税金
    ★医療保険の原則①年金受給者になったら医療保険は必要ない②医療保険は出来るだけ受け取りにくくする
    ★世界株投資ETF→上場インデックスファンド世界株式 除く日本(1554)主要ETF→(1680)(1681)(1306)(1321)(1547)(1322)
    ★複利とは利益をもう一度剰余金として利益に戻す事
    ★失われた10年で最大の資産運用の勝者は全財産を普通預金で持っている人だった
    ★個人投資家にとって最も合理的な投資法「株式市場の暴落時に株を買い始め、株価が回復するまでドルコスト平均法で分散投資する事」
    ★損は得より3倍苦痛。①ちょっとでも損をすると慌てて売ってしまう②損失が大きくなると逆に売れなくなります塩漬けにする③更に損が膨らむと、一発逆転を狙ってハイリスクな取引を好む様になる。
    ★長期的には外貨預金に為替リスクはない
    ★マイホームと賃貸リスクは誰が負っているか?マイホームは不動産投資。企業の多くは賃貸でビジネスをしている事実。
    ★資産運用のゴール金融資産を半分ずつ外貨預金と円預金にする。1億を5千万ずつ分けると日本が国家破産しようと米ドルが暴落しようと何が起きようとも実質的な資産価値は5千万円を下回る事がない。
    ★金融リテラシーとは相手の立場になってみる事。高い人は一見得な様な話があると、コストはどうなっているのかまず考える。低い人は特別な私だから幸運に恵まれたと考える。

  • タイトルと内容のギャップが凄まじい。結局は大事な金融用語をただ噛み砕いて説明しながら、「分散投資」とか「ドルコスト平均法」等、いわゆる長期投資で重要と言われている手法を改めて言及しているだけ。ちょっと残念。

  • ■臆病者の億万長者入門

    ■序章
    読みたくなるような書き方するわ。

    ■第1章
    •日本のサラリーマンの生涯収入が平均3億から4億はちょいと高くないか。
    •総資産=収入−支出+(資産×運用利回り)
    └収入を増やすための確実な方法は勤労
    └支出を減らすには倹約
    これはシンプルだけどそういうことだな。
    •総資産=人的資本+金融資本
    •金融資本=金融資産+不動産+年金資産+相続財産など
    •人的資本を労働市場で運用しておおきな効用を得る。ここでの効用は金銭含む幸福のこと。
    ※二十代と六十代のポートフォリオはなるほどな、と。
    •人的資本は長く働くことでも運用期間が長くなる
    なるとぼなあ、冷静に淡々と語るけどうなずかされるなあ。

    ■第2章
    └金融の常識にだまされないために。
    •いろんな極端な例をあげて注意を促している。
    要するにうまい儲け話などなく、自己責任のもとやることが大事ということだ。

    ■第3章
    •株価についてわかりやすく書いてあるわ。
    EPRとPERの関係。PERは低いほど良いというか実態ということかな。
    •日本とアメリカの比較しつつ、ROEが社長の成績表というのはわかりやすい例えだった。会社は株主からお金を集めて、それを事業において投資運用して返すというね。
    それが、日本はアメリカと比較し低い、と。
    なぜか、アメリカは整理解雇できるが、日本は出来ず、泥沼の争いになる。商品を安くしあうような。
    だけど、整理解雇ができるとなると、もしかしたら自殺者も増えたりして、それはそれでどちらが良いと一概にはいえない。ここでも、どちらにもうまい話はないということを著者は言っている。
    •ETF=上場投資信託
    •複利とレバレッジの説明分かりやすい
    •海外市場をホームバイアスで拒否するのではなく、冷静に目を向けることが利益をもたらすかも。それが結果どうなるかはもちろんわからいんだけど。
    ちなみに日本の株式市場はアメリカ、中国につぐ3位(つぐといっても中国には抜かれたわけだが)でしかも全体の6%である。
    •損は得した時の振り幅の3倍の苦痛だそうだ。50万の損は150万の得と同じ。俺の場合はなおさらかな笑。
    ■第4章、為替の不思議を理解する
    •実質金利と名目金利について。インフレとデフレについて。それが何を意味するか。
    実質金利=名目金利÷インフレ率
    →ベトナムの例。ここで為替について
    •ソブリンリスク=国家の信用リスク。そういうものがあるんだねえ。
    インフレ率を為替レートが調整する
    →市場の調整を果たすことを裁定という。
    •相手の立場に立つというのは、たしかにな。取引系では自己中になりやすい。
    自分も相手も合理的であれば、長期的には高金利の通貨は安くなる、と。金利平衡説。これは結構腑に落ちた。
    ■第5章 マイホームという不動産投資
    •この人不動産投資好きよな
    •なるほど。マイホームは不動産に投資することなんだ。そういうつもりじゃない、というのは人によるかもしれないが、そういうつもりじゃなくてもそういうことなんだ。
    だって、借金して他に投資したら、同じ風に住めるかもしれないでしょ?
    あ、でもリスクが高い場合はどうなるんだろ。それも一緒なのか?
    •不動産価格=毎年の賃料÷金利
    •そうか。どうしたって一般人にまわってくるのは最後になるわけだ。そりゃそうだ。徳なら買うもの不動産業者が。あるいは情報筋の投資家が。
    そこは踏まえたうえでということなんだろうな。
    ■第6章 アベノミクスと日本の未来
    •少子高齢化、労働人口減少、保険料収入減少、but年金支給額増える
    •年金は金融商品という説明がわかりやすい。そして厚生年金の罠というか裏側の解説がヤバイ。
    •資産運用について。なるほどねーと思わせるような説明。
    分散投資は株式、債権、不動産。けど不動産買ったらそれが大半を占めるぞ、と... 続きを読む

  • 金融業界の不都合な真実,「それを言ったらおしまいだよ」を披露。「保険は正しく買う」「(特に金融機関が勧める)うまい話は無視する」「パッシブ(インデックス)ファンドは常にアクティブファンドを上回る」…。一番大きな学びは「問題は高齢化ではなく平均寿命に比べ定年退職という強制解雇が早すぎること。長く働くことが人生の新しい価値,そして,これからの資産運用は儲けることではなく働けなくなった問の保険と考える」ということ。

  • 金融商品や不動産、FXなどについて基本的なことも含め詳しく説明されており、わかりやすかった。
    億万長者というタイトルから、資産運用をたくさんして、お金を莫大増やす方法が書かれているようなイメージを持っていたが、株などは一銘柄買いではなく、日経平均とかに連動しているものを買った方がいいというのが、面白く感じた。
    株価が下がった時が買い時だということで、アベノミクスの前にこの本を読んでおり、投資に興味を持っていたらよかったと少し思った。将来に向けた知識として、忘れないようにしたい。

  • 投資初心者向けの解説や、資産のリスク管理について。

    こういう系の本は、人によって違う部分と共通する部分があってなかなか興味深い。

  • 色んな数式

    eps=純利益/発行株式数
    利益率=益回り=eps/株価 高いほど良い
    per=株価収益率=株価/eps 低いほど良い
    実質金利=名目金利-インフレ率
    不動産価格=毎年の賃料/金利

  • 特に第1~3章、5章がためになりました。

  • 「億万長者入門」というタイトルは大げさだが、庶民の資産防衛のためには、おおいに役立つ内容。
    株価=EPS(一株当たりの純利益)÷金利
    PER=EPS÷株価→5%ならPER20倍
    S&P500は18倍、東証1部は29倍。日本株は割高。
    日本証券市場の主要ETFは、1554、1680、1681,1306,1321,1547,1322。
    暴落を待って、株価が回復するまでドルコスト平均法で分散投資。
    「資産フライト」も大衆化。郵送で口座開設も可能。
    ①楽観シナリオ②悲観シナリオ③破滅シナリオ共に第一ステージでは、普通預金は最強の金融商品。

  • ・株価=EPS÷金利
    ・株価1万、EPS千円、益回り10%,PER10倍
    ・株式の適正なリスクプレミアム=5%=PER20倍
    ・益回り=インフレ率+リスクプレミアム
    ・ROE=欧米20~25%,日本10~15%
    ・ROA=欧米6~9%,日本3~5%
    ・暴落を待って、ETFをドルコスト平均法で購入する
    ・為替、実質金利=名目金利ーインフレ率
    ・インフレ率の低い通貨は上昇する(デフレ)
    ・市場の裁定により、為替レートがモノの値段を同じにする
    ・長期的には高金利の通貨は安くなる
    ・FXを1倍で利用する

  • 軽妙でわかりやすく、切れ味鋭い文章。

    年金、生命保険、投資、為替、マイホームetc.など、資産運用にまつわる「ホントのところ」がよくわかる。人間(や人間が作る組織)がいかに利己的であるか、改めて気づかされる。
    本書をよく読めば、「ウマい話」に騙されることなく、安心感を持って資産運用を行うことが可能になるだろう。

  • 投資初心者だが、投資のことを少し勉強しようと思って購入。初心者の自分には難しい部分もあった(株や為替のところなど)。
    ・宝くじの当選確率の話や、生命保険はそんな宝くじよりも割が悪いギャンブルだという話が面白かった。
    ・初心者の自分が、FXや不動産投資に手を出すのは危険だということがよく分かった。
    ・うまい話はすべて無視するのが大事であり、自分の資産を守るためには知識を身に着けることが大事ということが分かったが、具体的にどうすればいいのかわからなくなってしまい、混乱中(>_<)

  • 橘さんの本は分かりやすく納得してしやすい。
    不動産の箇所は他のレビューでも批判が多いので再読して考えたい。
    ただ、マイナンバーの影響も知りたかったが、著者の今後の本に期待したい。

    以下は自分用メモ。
    ・老後を短く。→出来るだけ長く働く。生き甲斐も。
    ・誘導しようとするメンタリズム(メンタリスト)に注意。
    ・確実に儲かる話は来ない。うまい話は無視する。
    ・【第3章 株式投資法】計算式を書きながら再読
    ・上場インデックスファンド世界株式(1554)、上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)、上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(1547)
    ・インフレなら通貨は下落、デフレなら通貨は上昇。
     金利の高い通貨は下落、金利の低い通貨は上昇。
    ・マイホームは損。(マイホームを資産ではなく消耗品と考えたら?)
    ・不動産、美術品などのインサイダーマーケットには手を出すな。
    ・家賃保証は空手形。
    ・「金融資産の全てを外貨建て」がお勧めだが誰もやらない。→金融資産の半分を円預金、残り半分を外貨預金。必勝のポートフォリオ
    ・『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(橘玲 著)
    ・『ファスト&スロー』(ダニエル・カーネマン著者)…ゆっくり考える!
    ・FXでリバレッジ1倍なら外貨預金。銀行よりも利息(スワップポイント)が高い。

  • 金融リテラシーの初歩をわかりやすい例で教えてくれている本書。
    山崎元の「超簡単お金の運用術」と重複するところが多いのは、原理原則が同じだろうから、復習と思って読んで損はなかった。

  • お金の運用に関する注意を喚起させてくれた。
    世の中は食い物にされる人と食い物にする人で成り立っている、うまい話には絶対裏がある、というのを改めて意識させられた。

  • ★★★★☆
    億万長者にはなれなそうだけど、ウィットに富んでいて面白い
    【内容】
    お金に関するる間違いと正しさを示す。

    【感想】
    非常に面白いです。非常にハッキリした物言いが気持ち良いです。金融機関をディスりまくりですww

    住宅とか保険と言った身近なところから、投資まで幅広く扱っており参考になります。

    特に大局的に、円安になる理由とかが参考になりました。(あまい他書には書いてないので)

    【引用】
    「老後問題」の本質は老後が長過ぎることにある。だったら、それを解決するには老後を短くすればいい。

    生命保険は「不幸の宝くじ」なのだ。宝くじより割の悪ギャンブルなのだ。

    収益率を上げるもっとも確実な方法は、不採算部門から撤退し、収益部門の高い部門にリソースを投入することだ。
    ところが、日本では正社員の解雇が事実上不可能なため、不採算部門を閉じるとと従業員の行き場がなくなってしまう。
    結果、撤退っ出来ず各社がひしめき合って価格の叩き合いになる。
    →問題の本質は、効力的で流動性の低い労働市場にある。

    トレンドとボラティリティがわかれば株式市場の将来は確率的に予測できる。
    →方向性がはっきりしていて、波が高い時が勝負

    世界株ETFがオススメ→上場インデックスファンド世界株式(1554)

    暴落こそが投資の最大のチャンス
    →暴落してから、株価が回復するまでドルコスト平均法で分散投資をすべし!

    人の脳は「損すること」をものすごく嫌うようにできている。

    インフレ率の低い(デフレの)通貨は必ず上昇する。
    →購買力平価説

    長期的には高金利の通過は安くなる
    →金利平価説

    デフレで低金利の円は上昇するしかなかった。

    資産を守るための第一のルールは「金融機関が熱心に勧誘するウマそうな話はすべて無視する」ことだ。

  • Eテレでやっている、「オイコノミア」という経済番組で、少し前に不動産の特集をやっていた。
    翌週にはローンがテーマになっていたので、その関係かと思うが、かなり強引に「家は買ったほうがトク!」みたいな話になっていて、見終わってもやっとした。
    この人口減少時代に、今でさえ空き家が問題になっているのに、新築着工数は増え続けている。
    そういう政府の方針に迎合したんじゃないかとさえ思った。
    そのもやもやを中和するために読んだのが本書。

    不動産マーケットは、インサイダーマーケットであり、市場は効率的にできていない。
    レバレッジをかけて投資しても(ローンを組んで物件を購入しても)シロートは損をするようにできている、というのが面白い指摘だった。

    子どもはどうしても土の上で育てたいとか、そういう特別なニーズがあれば別だけど、一概に不動産を持つことがいいとは言えないと自分としては思っている。
    少しもやもやが晴れた。

  • 不動産市場は超インサーダ市場。一般投資家によい投資が回ってこない。株が為替の方がまだオープン。
    株もギャンブル。インデックス・ファンドに投資すべし。
    という、昔からの橘氏の主張と同じような気がする。

  • この本は買いたいです。

  • 簡単な論理展開で甘い話がそこらに転がっていない事を示している。どれも何度も読んできたような話だが、株取引をしていくうちにのめり込んでしまうのを防ぐ良書であった。

  • マーケットの魔術師
    ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法
    株で富を築くバフェットの法則
    ピーター・リンチの株で勝つ
    賢明なる投資家
    ウォール街のランダム・ウォーカー
    証券投資の思想革命
    リスク、神々への反逆

    を参考文献に挙げる

    84 デイトレードで年利2割をあげられるプロはトップの10%
    94 投資家の仕事は損をすること
    ファンダメンタルVSテクニカル
    効率的市場仮説
    金融版バカの壁、平成電電の話
    毎月分配型ファンドの税金

  • なるほど、不動産投資は情報の非対称性が大きい取引か、と思った。
    有価証券と比較して解説してるのは面白かった


    確かに得の方が多ければ、テナントを借りる業者・店は無いはずだ。
    また家賃保証というのは、空約束というのは怖いなぁと思った。不動産屋が借りて払ってくれるにしても、金額変えられたり、修繕を要求されるのは負担大きいだろな。



    また普通預金が汎用性の高い資産運用だとは意外だった。
    確かに日本がやばくなるなら1000万円まで保障される普通預金は良いかも。また、名目利率が低くても、物価が下がるなら実質利率は高くなるというのも忘れていた視点。

  • 株式投資、保険、為替、不動産投資など資産運用の良質の入門書。要は、金融リテラシーを身につけ、金融機関や証券会社等のカモにならないようにということを主張している。宝くじを「愚か者に課せられた税金」、生命保険を「不幸の宝くじ」と表現しているのは言い得て妙だと思った。

  • うーん。ユリにはあまり参考にならなかった。具体例がいまいちピンとこない。

全71件中 1 - 25件を表示

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)に関連する談話室の質問

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)の作品紹介

株を始めるなら、この1冊という信用を得てロングセラーとなった『臆病者のための株入門』から8年。ついに『臆病者のための裁判入門』に続くシリーズ第3弾が出ました! 今回は株だけではありません。宝くじ、年金、生命保険、株、投資信託、為替、不動産からアベノミクスまで、年金崩壊から国家破産と不安が尽きない時代に「虎の子」をどうすれば守り、増やせるのかでお悩みのあなたの疑問にすべて答えます。臆病者の資産運用を指南する決定版です。億万長者になるのは簡単だ!年金問題は個人的に解決できる宝くじを買う人は資産運用に成功できない金融商品は「理不尽な買い物」株価はどのように決まるのか?株式市場はまるごと買える暴落こそが投資の最大のチャンス長期的には高金利の通貨は安くなるマイホームと賃貸、どちらが得か?不動産の適正価格の割り出し方国家破産は怖くない あなたの常識は大丈夫? 銀行、証券会社にダマされない資産運用の常識を伝授します。

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)のKindle版

ツイートする