新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)

  • 1543人登録
  • 3.83評価
    • (109)
    • (262)
    • (158)
    • (19)
    • (3)
  • 190レビュー
著者 : 池上彰 佐藤優
  • 文藝春秋 (2014年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166610006

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)の感想・レビュー・書評

  • 当代きってのインテリジェンス・プロの、池上彰と佐藤優の対談。面白くないわけがないと、本屋で即買い。期待を裏切らない面白さであった。
    特に佐藤優のロシアとイスラエルとキリスト教という特殊な切り口を持った凄い分析力に魅力を感じる。全然違うタイプのこの二人の波長が何故合うのかも不思議の一つ。

    【中国の民族問題】
    ・国内に56もの民族を抱えている中国は、今の共産党政府に従い、宗族のネットワークさえあれば近代化は可能なのか? いわば中国はプレモダンの国が、近代的な民族形成を迂回してポストモダンに辿り着けるのか、という巨大な実験をやっている。

    【中東】
    ・5月の安倍内閣のイスラエルとの共同声明を日本の中東政策の大きな転換点と見る。
    ・イスラム国の特殊なのは、シリアやイラクといった国家を支配することを目標としていない。
    ・結局「アラブの春」で露呈したのは、不安定で脆弱な中東国家の実体だった。
    ・アラブの春によって、中東における共和制型の政権を倒すことに関心を持った国があった。それがサウジアラビア。アラブの春による混乱に乗じて、中東に覇権を確保することを狙っていたのではないか。
    ・金融政策や財政政策といっても、世界の富は国家を迂回して動いている。アメリカは膨大な情報を集めているが、それがテロの防止に役立った事はない。冷戦後20年も経って、政府が情報とマネーを統制できなくなっている。
    ・世の中には旧来型の戦争観を持っている国がある。ロシアであり、中国であり、イランだ。民主主義国は、極力戦争を回避して外交によって回避しようとする。ところが戦利品を獲れるという発想をもつ国は本気で戦争をやろうとする。短期的には、戦争をやる覚悟を持っている国の方が、実力以上の分配を得る。これが困るところだ。
    ・イスラエルが全力を挙げて、シリアのアサド政権を支持している。これはイスラエルにとってアサド政権は予測可能な敵だが、政権が倒れてシリアが混乱したら何が起こるか予測不可能になる。

    【欧州】
    ・カイザーのドイツ帝国は、軍事力によってウクライナを穀倉地帯として支配しようとした。その後、ナチス・ドイツは人種神話によって、同じ事をやろうとした。そして現在のドイツはユーロの力によって、それに成功した。
    ・永世中立国は大失敗だったというのが、二度の大戦からベルギー人が学んだ教訓です。周りの国が約束を守ってくれて初めて、永世中立国はなりたつ。約束を守らないという国が一つでも出てくれば、成立しなくなる。

    【北朝鮮】
    ・北朝鮮は「帰国希望者が2万人いるから受け入れてくれ」などと恐ろしい事を言ってくるかも知れない。

    【韓国】
    ・朝鮮民族が中国のすぐ傍にいながら同化されずにやってこれたのは、決定的な喧嘩をしなかったから。そう考えると中国といかにうまくやるかということが、韓国の生き残りにとっては死活問題になります。朴槿惠はそう気づいているのでしょう。

    【アメリカ】
    ・ミズーリの問題が軟着陸できるかどうかを含めて、アメリカの内政がかなりの混乱に陥るのでは。もはやオバマは外交ではなく、内政問題に縛られてくる。(早くも9月時点で指摘)
    ・オバマは頭が良く教養も高く、いわば「名誉白人」にすぎない。人種差別に関する悪を教えられていない。
    ・アメリカでは、実質的な権力を持っているのは、数としては少数派のウォールストリートであり、WASPであるという構造は変わらない。これに2050年問題(白人の少数派転落)があり、民主主義というツールは実行力を失っていく。

    【新帝国主義】
    ・フランシス・フクヤマの「歴史の終わり」のような考え方は間違っており、「新帝国主義」の時代になった。ここでは外交面では古典的な力学モデルの「力の均衡」の世界になる。
    ・「自... 続きを読む

  • 各国のパワーポリティクスにより国際情勢が変化する。他国が抱える問題を分析し、したたかな外交戦略が必要だ。冷戦後、民族紛争や宗教紛争が表面化し、決して世界から戦争がなくなったわけではない。問題の根本を知る機会となった。

  • 本書は、緊迫する世界情勢について、池上彰と佐藤憂が如何にニュースを読み解いているかを対談形式で語った内容をまとめた一冊。

    世界における「力」というのが、軍事・政治・金融・産業・科学技術・情報といったように分散した形で存在しているのが、今の世界であるという前提に於いて、日本はそのいずれもが弱いというのが両氏の見解。

    特に外務省の矛盾した外交政策を批判している。
    朝鮮半島有事に備えた集団的自衛権を閣議決定する一方、北朝鮮への制裁を一部解除してしまう支離滅裂さ。
    そのなかでも最高裁が朝鮮総連の不服申し立てを受けて売却手続きを止めた、「朝鮮総連本部ビルの競売」については、裁判所の過剰忖度であるとし、三権分立が機能していないとしている。これは政府の拉致問題解決に向けた動きの妨げになるという裁判所お得意の「高度な政治判断」ではないかと。

    こうした支離滅裂さは「集団的自衛権」にも見られ、強行採決までしたこの法案の内実は個別的自衛権と集団的自衛権の重複する事象で従来の政府見解を一歩も踏み越えていないものだとういう。

    冷戦期であれば、アメリカとソ連という大国同士の対立、国家同士の戦いになっていて構図が明快であったが、紛争を利権にした暴力民間企業やテロ組織・破綻国家がプレーヤーになってきているのが今の国際社会を難しくしている原因だという。

    池上氏の見解によれば、北朝鮮のシナリオとしては、経済解除→拉致問題解決→日朝国交正常化交渉だという。
    というのも小泉首相が訪朝した際の平壌宣言で、国交正常化することが決まっており、北朝鮮側からすれば、少しでも多くの金を取ろうという腹づもりらしい。
    1965年に日韓基本条約を結んだ時に日本は官民合わせて11億ドルの金を「独立祝い金」として出している。北朝鮮側からすれば、それと同じくらいの金額を現在の物価水準に合わせて提供されることを期待しているというのだ。

    で、日朝国交正常化における予測に対してここらあたりから暗い影がさしてくる。
    日本側は北朝鮮側に対し1945年前後に北朝鮮で死亡した日本人の遺骨及び墓地・残留日本人・拉致被害者などの調査を開始。
    現在の北朝鮮に在朝日本人が何万人いるかは定かではないものの、2世・3世を含めた日本人を突如北朝鮮が帰還させるとなった場合、どうなるのか?ということ。
    文化も言語も違う、大量の在朝日本人帰還が行われれば経済・地域社会は混乱を起こすことが予想される。

    拉致被害者問題が解決された後に噴出する様々な問題を予測した場合、日朝国交正常化がほんとうに必要かどうかを考えさせられる。

    また、両氏のテーマは尖閣諸島問題にも及ぶ。
    特にこの問題に関する佐藤優のアイディアには非常に心動かされた。

    まず、中国の最大の弱点は台湾省の中に尖閣諸島があると認定していることを踏まえ、当事者である台湾を除外することはできないことを利用するというもの。
    「地方政府同士が交渉するとした場合、台湾省が中国側の当事者となるので、漁船同士の問題に関しては那覇政府と台湾政府の管掌という位置づけにしてローカル政府のレベルで話し合う枠組みをつくってしまえば軟着陸できると思います。我々は台湾と交渉しますと」

    この交渉テクニックが披露できるあたり、さすが外務省のラスプーチン!

    最後は両氏のニュースソースに話が及ぶ。

    スパイの情報源の98%以上が公開情報であるから、複数のニュースソースを閲覧することが大切だという。
    情報源として挙げられたのが、インターナショナルニューヨークタイムス・朝日新聞・東京新聞・沖縄タイムス・イズベスチヤ(ロシア)・赤い星(ロシア)・産経新聞・日経新聞 ・CNNウェブサイト・ウォールストリートジャーナルウェブサイト・北朝鮮のネナ... 続きを読む

  • 欧州、中東、アジア、アメリカとそれぞれの地域の過去と今、そして未来へと孕んでいる問題を
    それぞれが独自の情報網でもって解説。現地からの情報も多くこちらにも響きやすい。
    ・アメリカの民主党は中国重視のため尖閣問題には及び腰。その中国もウイグルの民族、宗教問題から尖閣には力を入れたくない。中国はバチカンとの間に国交が無い。理由は司教の人事権。
    ・スコットランドは独立の気運が高く。独立の場合は北海油田のほとんどがスコットランドのものぬる。
    ・イスラム教に関して。スンニ派は終末蘇り思想。シーア派とアラウィ派は輪廻転生。シリアのアサド大統領はイギリスに留学経験有。そのため、シリア攻撃にイギリスは消極的。
    ・スンニ派のハンバリー法学派のワッハーブ派がゴリゴリの原理主義でアルカイダやイスラム国になる。〈イスラム国は東はインド、西はスペインまで侵略を計画。つまり旧イスラム王朝の領土〉

  •  ものしりのお二人が世界情勢をいろいろ説明してくれていて、それはそれでそれなりに勉強にはなるのだけれど(ISのことがようやく少し理解できた(恥))、スパイ風味で味付けしているとはいえ単なる歴史的な経緯と文化的な背景の説明しかしていない本がこれほど必要とされてしまうほど、日本語のメディアの状況がひどいという方を心配したほうがよいのかもしれない。それにしてもこれほど不自然な「対談」本は読んだことがない。この二人はほんとうに「対談」しているのか? というぐらい、お互いの知識を披露しあっているだけでおおよそ対話的な議論の深まりが欠けている。編集の妙?

  • これ年に1回位出し続けてほしい。世界の見方がすっきりする本。日本の新聞やテレビじゃダメなんだろう。
    最後の田母神さん言及に吹き出した。

  •  いま、最も旬な話題を、最も旬な池上彰と佐藤優が語り合った。サブタイトルが「僕らのインテリジェンスの磨き方」とあるとおり、彼らの情報収集の方法を紹介しながら、最近の国際情勢を読み解く。

     池上彰は今でもテレビのニュース解説番組で、分かりやすい解説をして人気がある。論調も非常に中立的な印象があって好感度が高い。

     逆に佐藤優といえば元外交官だが、鈴木宗男議員の事件に連座する形で逮捕起訴され、その後実刑判決を受け刑に服している。そういう暗いイメージが付きまとうが、その後外交官時代の経験や知識を基に分筆活動に入り、大変面白い驚くような作品を発表している。

     この繋がりのなさそうな二人だが、情報の扱い方を語り合うには意外にも最適だったのかもしれない。今注目されている朝鮮、中国を始め、ウクライナやイスラム国の話題など、どのように情報収集し分析しているのか知ることができた。特に宗教の話題は初めて知ることが多く「眼から鱗が落ちる」とはこのことだろうと思った。まさにインテリジェンスの磨き方である。

  • 将来の日本と他国との関係を考えるという視点で歴史や文化(宗教)を学ぶ必要があることを再認識。

  • 出版されて数年経っているけど、なぜ世界でこういうことが起こっているのか、がとても分かりやすい。現在の世界の動向を理解するのにも役に立つ良書。

  • 池上彰と佐藤優の2人が、現代の世界を揺るがしている多くの政治的問題について語っている本です。

    元外交官で、グローバル資本主義、民族、宗教といった複数の観点から政治の動きを深く分析する佐藤優と、視聴者に分かりやすい言葉でニュースを解説する池上彰の対談本ということで、佐藤の議論を池上がどのように解き明かすのか、ということに興味があったのですが、両者とも主として読者に向けて語りかけるというスタンスを取っており、それぞれが相手に向けて対話を働きかけるような態度は見られません。

    2人の著者がそれぞれ刊行している単著に当たった方が分かりやすく、またそれぞれの考え方を深く理解することができるのではないかと思います。

  • いつもの池上氏の著作とは少しだけレベルが上がり、ロシア、中東の歴史が頭に入っていないためについていけない部分が多数あった。

    韓国との国交の話で、「朝鮮戦争では、多くの韓国人が中国軍によって殺されています。本来なら中国に謝罪要求や責任追及をしてもいいはずですが、中国に対してはそんな感情を抱いていない。これがかんこくの事大主義〔小が大に仕える)」という所が非常に納得した。
    と同時に、韓国人でなくて良かったとも思ってしまった。なんせ隣には歴史的に常に世界一の国家があり、海を越えた島国も世界三位と強国に囲まれ、歴史の狭間により国家が分断されてしまった小国とはなんとも居心地が良いとは思えないからだ。

  • 週刊誌の対談の延長。

  • いかに自分の知っていること、知らされていることが浅いかということに気づかされる。とはいっても彼らほどに情報を集めるのは大変なんですけれどね。

  • 対話形式なので読みやすかったです。内容は、世界の出来事をとらえ、なぜその事象が起こっているのか?誰が得をするのか?を思考して、池上さんと佐藤さんでお話をしているものでした。私は、この二人が情報をどれだけ精査して読み込んで、各情報を紐付する作業を常々実施しておられると痛感しました。

  • 佐藤さんと池上さんという、ある意味異色かと思うも、情報分析に関するプロフェッショナル同士の対談集。
    佐藤さんのロシア・中東関係のヒューミント系の情報に基づいた情勢分析、池上さんのオープンソースに基づく情勢分析など、読み応え抜群でした。

  • ちょっと難しかった

  • 池上彰と佐藤優の対談形式の本

    池上さんの本をいくつか読んでいるが、これはいつもとちょっと感じが違う。
    いつもよりももっとずっと専門的な話し方と内容だった。
    佐藤さんと対談しているのだから当たり前と言えばそうだろう。
    でも決して全然わからないというわけではないし、結構サクサク読めた。

    国際情勢を理解するためには、宗教についての知識は必要不可欠だろうなと思いながら、なかなか手が出せないでいる。
    でも、やっぱり必要だろうなぁ…

  • ニュースも外国のことは飛ばしてしまうことも多く、よくわからない、そんなじゃまずいと思って読んでます。基本的なことを書いてから話を進めてくれているのが助かる。
    まだまだ頭に入りきらないが、少しずつ素地を作っていこうと思う。

  • レベル高くてついていけない!
    池上さんと佐藤さんの対談をまとめた本

    いつもどおりのわかりやすい解説の池上さんを期待していたのですが、ついていけません。
    いかに自分自身の国際的な基礎知識がないかをこれでもかと思い知らされました(笑)
    これ、理解しようとしたら、真剣にぐぐって調べながらじゃないと、きついです。
    とりわけ、中東問題はギブアップ(涙)

    戦争論と煽っていますが、実際には戦争論を語っているわけではなく、国際問題・国際紛争について、お二人が対談しながら解説してくれるものとなっています。
    また、その際の情報収集方法についても書かれており、池上さん曰く、スパイの情報源の98-99%は公開情報とのこと!!

    本書の中で語られていることで、自分の想定(知識)と違っているものもいくつかあり、驚かされました。
    日本の集団的自衛権
     ホルムズ海峡での機雷撤去作業に実は自衛隊出動できないそうです!
    さらにチベットの問題。
     一方的に中国がチベットで一方的に弾圧しているのだと思っていたのですが、中国側にも正当性があるらしいです。

    もちろん勉強になった情報もたくさんあります。
    イスラエルでの顔認識技術は無人機によるターゲット殺害のための技術
    ロシア、中国、イラン、ウクライナは本気で戦争をやろうとする覚悟を持っている
    遠隔地ナショナリズムにより世界各地の紛争はアメリカから生じる
    在米韓国人は慰安婦問題において、日本政府が謝罪している事実を知らない
    2050年には、米国で白人人口が有色人口に抜かれる可能性あり
    領土問題において、日本の場合、竹島は実行支配され、尖閣は実効支配していることから、対応が難しい
    などなど

    かなりおなかいっぱいです。
    ここに、中東系のコメントがないのは理解できていないから(笑)

  • 2014/11出版。

    情報量が多くて国際情勢に詳しい佐藤優と解説上手な池上彰コンビシリーズ。
    ニュース解説系の本は、その時読まないといけないね。ポイントポイントの情報収集に。

    ---

    111
    ヨーロッパ全体で見ても、たとえば、PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)が財政危機になったことに見られる通り、南の国の経済力は弱い。経済力が強いのは、ドイツを始めとする北の国々。

    145,147
    イスラムにおいてはスンニ派が主流。シーア派が主流で権力を握っている国家はイランとアゼルバイジャンだけ。

    210
    オバマは、教養が邪魔しているという感じがします。前任者のブッシュ大統領に比べて、はるかにインテリで、思慮深くて、いろんなことを考えるわけですが、あれこれシミュレーションもするものだから、決断に時間がかかる。

    216
    「2050年問題」とは、アメリカ建国以来、圧倒的に優位だった白人が、人口数として少数派に転ずるのではないか、という問題です

  • 非常に読み易く、内容も深い、国際情勢について理解が深まる

  • 世界を知る最強コンビが、国際問題を解説する1冊!

    テレビなどで多くの信頼を得ている池上彰氏。
    ソ連・ロシアの元外交官である佐藤優氏。
    世界を知るからこそ読み解ける、世界の紛争、国際関係、歴史問題、民族、宗教、イスラム国など様々な国際情勢を学ぶことができる。

    予想をはるかに超える情報量!!
    新聞やニュースなどで知る国際情勢をもう1歩深いところまで知ることができました。

    本書を読んでいると、わからない言葉や、疑問に思うことがあるので、インターネットなどで調べながら読み進めると、より深く理解することができます。

    本書は池上氏と佐藤氏の対談形式。
    内容は「深すぎず浅すぎず広く」書かれているので、とても読みやすかったです。

  • いつもと同じく佐藤優と池上彰の対談形式の本。
    戦争論に始まりウクライナのセックス事情、アメリカの人種問題まで多岐にわたる。
    一見してトンデモ話に見えるものも、調べると実は事実であることがほとんどだが少々事実と異なるというか、解釈の仕方が偏っているようなものもある。

    共和党がラティーノを候補者にする!?
    いやいや池上さん、メキシコとの間にbuild a wallっていったドナルド・トランプが候補者ほぼ確定ですよ。

  • 日本を代表するインテリジェンス2人による、日本の外交論。2014年出版。

    普段見ることのない旧ソ連やイスラム世界など多岐にわたるだけあって、とても勉強になった。

全190件中 1 - 25件を表示

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)に関連するまとめ

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)の作品紹介

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方は池上彰さんと佐藤優さんによって書かれた政治入門の一冊です。池上彰さんと佐藤優さんという最強コンビが語る戦略や情報術。領土問題、資源紛争、金融危機、テロなどこれから確実にやってくるであろうサバイバルの時代を生き抜くためのインテリジェンスを伝授してくれる一冊です。

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)はこんな本です

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)のKindle版

ツイートする