一流の人は本気で怒る (文春新書)

  • 79人登録
  • 3.08評価
    • (5)
    • (6)
    • (5)
    • (4)
    • (5)
  • 8レビュー
著者 : 小宮一慶
  • 文藝春秋 (2015年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784166610167

一流の人は本気で怒る (文春新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3.5
    成功している経営者は感情豊か。松下幸之助も嬉し泣きや怒りを爆発。正しい怒りと正しくない怒りがある。怒りをうまく使う。怒り方やリーダー像、正しい考え方など。なかなか面白い。

  • 久米書店

  • あるべき姿と現状に対するギャップが発生したかに対してどう考えるか、ということ。
    つきつめて自分が改善できることであれば兎も角改善していくしかないが、
    他者の惰性や悪意等について人道に反していなければ怒りの感情を持つのは当然で、封じ込める必要はない。
    ただし、それ以降も関係を続けるのだとしたら、おだてではなく褒めが必要だし前提として信頼関係があって然るべき。


    という感じです。


    特に気に入ったのは、
    「一人前は二流にすぎない。グッドに甘んじていれば、変化のある時勢でグッドでなくなる脅威もある。怒りとは理想と現実の差があるとき、自分自身や境遇に怒りを感じる。向上心のない人は(正当な、利己的でない)『正しい怒り』を感じることはできない」
    「『正しくない怒り』から脱するにはやはり論語でも聖書でも何千年もの前からの古典を読むべし」

  • リーダーは古典を読むべし。
    自分を笑える人は怒りをコントロールできる。
    うまく行ったときは外を診て、失敗した時は鏡を見る。
    うまく行ったときはうんがよかったと思え、うまくいかなかったときは自分のどこが足りないかを反省しろ。
    つまらないことに怒らないようにするためには、どうして起こってしまったのか、怒りが他人に与えてしまうマイナス面を知っておく。

  • 紹介されている中から、読んでみたい気になる本を発見した。

  • 怒りをぶちまけることがあって、それが正しかったのか悩んだときに手にとった本書。怒りについてだけでなく、生き方そのものの指針を示してくれる。
    本当に成功している人は感情豊か、怒らなければならない場面では本気で怒る。
    怒りは諸刃の剣で、正しい怒りと正しくなち怒りがある。正しい怒りを持つには正しい考え方が必要でそのために修養に関する古典を読んで自己を磨く。本気で怒ったら本気で褒めるフォローも必要。

  • 上司が読んでた本
    むりやりかりた!⚫︎理解は偶然、誤解は当然

    ⚫︎変えられないものを変えようとしない
    いま、ここ、自分 で、やれるだけのことをやり
    人事を尽くして天命を待つ気分になれば
    ストレス少なくなる

    ⚫︎厳しく叱咤しても、信頼が崩れないような
    関係を築く。

    ⚫︎おこらなくてもいい仕組みを
    リーダーが考える。

    ふむふむ。仕組み作りは重要だ。

    著者は、1日寝てから考えて
    正しい怒りだと思ったら怒る、
    という。
    私は怒りには、正しいも、間違いもないと
    思う。
    怒りからは、何も生まれないし
    なんの気づきもないから。
    怒らないことに限る。
    怒りの感情は二次感情で、
    一次感情が根底にあるという。
    がっかり、寂しい、悔しい、悲しい、
    などの感情があって、それを
    表現できず、怒る。

    怒りで、人を動かしている人は
    自分が、他人や親の怒りによって
    行動してきた人なのかな。

    相手が怒るとこちらは
    逆に冷めて、引いてしまう。
    自分は怒らないようにしたい、と思う。
    これが、なかなかできないけど。

    そう考え、自分を振り返る。
    父親に怒られたのは、いつだっけ?
    一度、イライラして母親にやつ当たりして
    ひどいことに言ったときだ。
    「なんてこというんだ、お母さんに
    謝りなさい」
    だったな。

    自分のことだけしか考えない人の怒りは
    相手の心にも、響かない。

    また、最後のほうに
    自分が研修をした時眠っていた若者に
    怒った、という話があるが
    受講生が寝るということは
    なぜなのか、考えないのかな?
    と感じた。それは正しい怒りなのかな。

    「怒る」ことに関係する本
    たくさん読んだけど
    ちょっと違うんじゃないかな、
    と思うことが多かったな。
    エピソードにあったかさが
    感じられないからなのかも。

    また、数年後
    感想かわるかもしれんけど。

    良くも悪くも
    怒りについて、考えさせられた一冊。

    やっぱり「怒り」はいやだ。
    穏やか生きたい。

    うーん。
    でも、一番怒ってるのは自分かも。

  • 20150426 正しい考え方に基づく正しい怒り方。怒りとはその時の感情の高ぶりだと思うので怒る前の心の持ち方で気持ちを整理するのは中々難しいと思う。凡人は怒らないように感情をセーブするしかないのかも。

全8件中 1 - 8件を表示

小宮一慶の作品

一流の人は本気で怒る (文春新書)はこんな本です

一流の人は本気で怒る (文春新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一流の人は本気で怒る (文春新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一流の人は本気で怒る (文春新書)の作品紹介

人気経営コンサルタントによる「怒り方」の極意!正しく怒れる者が成功する! 松下幸之助からジョブズまで古今東西「怒り上手」のリーダーたちに学ぶ成功の法則。

ツイートする